fc2ブログ

2015.2.15 九十九里〜季美の森



パナモリ号でまだ行ってない方向へ・・・
東ですね。


DSCN0190 copy
京葉線通りを東へ。
ここは自転車レーンがありがたいのです。
それにしても14号、いつまで工事やってんだろ・・・




DSCN0193 copy
アリオ蘇我から357へ戻ります。




DSCN0197 copy
これは県道67号。未開通道路ですね。
完成したら外房有料と繋がるのでしょう。
なので交通量の少ない、大変お得な道なのです。

グーグルマップ→ 県道67号




DSCN0201 copy
外房有料。30円30円・・・




DSCN0217 copy
突き当たりの本納を今日は右へ進んで、腰当という交差点を左折。
東を目指します。
いかにも、海はもうすぐという景色。




DSCN0221 copy
白子のあたり。
いずこも同じ九十九里。嗚呼・・・




DSCN0228 copy
海は結構荒れています。




DSCN0230 copy
真冬のサーファー発見!
でも寒さはそれほどでもないです。
2月なのに。




DSCN0233 copy
波をバックにパチリ。
カッコイイなあ。ニヤニヤ。



DSCN0239 copy
しかし潮風はクロモリに良くない!
早々に引き上げましょう。




DSCN0247 copy
最近はここによく来ます。

食べログ→ みつはし家




FullSizeRender copy
いわし天丼。ワンコイン500円也。
子猫の夜食みたいなサイズの鰯が5枚乗っています。
でもこれがウマイ! 最高! これで十分。
至福です。




DSCN0248 copy
看板のデカさが良くわかります。
良く見ると結構豪快で色使いがファンキー。




DSCN0250 copy
東金九十九里有料を戻ります。
降りた後、東金ジャンクションまで進み、気分で左折。
わざと道に迷います。


DSCN0257 copy
適当に走っていると季美の森のニュータウンに出ました。
ここはゴルフ場と一緒に開発された町です。
バブリーな匂いがしますが、会員権相場がいやあのそのモゴモゴモゴ・・・

83号という道を通って下界に降りてきました。
でもここがいい道でした。

本日の収穫→ 83号線



DSCN0267 copy
ここから外房有料に戻ります。
例によって一本南に外れた激坂をガツンと登ります。





DSCN0269 copy
外房有料。





25_201504282049463c8.jpg
走行距離 120.3km







2015.2.11 鹿野山・さんぽ道



16号からさんぽ道へ。



DSCN0142 copy
しかし道に迷う・・・
前はあっさり行けたんですが、そのせいで油断しました。




しかしクロモリのヒルクライムは、やはり妙にしんどいです。
こりゃ気のせいではないだろう。
DSCN0144 copy
さんぽ道の展望台へ。
内房を望む絶景ポイントです。
グーグルマッブでは→ ここ




こちらは九十九谷展望台。
DSCN0152 copy
青白カラーは高いところがよく似合う。




DSCN0155 copy
ここは高さ342m。
東京タワーくらい、スカイツリーの半分くらいでこの景色。
考えてみると、高さというのは大変なものです。
水平だと10km鼻歌で走れるのに、300m登るのにヒィヒィ言わねばなりません。
3km登れば日本一で、8km登れば酸素がない。
まさに奇跡の環境なんですよ。
大切にしなければ!






DSCN0160 copy
かずさアカデミア。
鹿野山まで行かなくても、この辺りにも良いコースがたくさんありそうです。
路面は断然こっちのがいいし。




41.jpg
走行距離 133.8km
獲得標高 879m






ところでクロモリのもう一つの特徴「脚に優しい」
これは本当です。というよりスゴイです!
DSCN0163 copy
以前アルミフレームに乗ってた頃は、100km走って山でも登ろうものなら
・脚はガクガク・ヒザ大笑い
・帰って寝れば2回脚が攣る
・復活するまで最低2日、といった有様でした。
それがクロモリだと
・帰りにまだ踏む元気がある
・家に帰って普通に行動してる
・明日も走れそうな気がする、くらいに違うのです!

これらはよく言えば「脚に優しい」ですが、言い換えれば
「エネルギーの出力効率が悪い」となるわけです。
ここらがクロモリの秘密のような気がします。
レース用のガッチガチのアルミフレームでも疲れを残さない豪脚の強者には、
クロモリフレームは効率の悪い素材なのかも知れません。


総じてこれらを私へのメッセージとして読み解けば
「しんどくてもガタガタ言わずにもっと踏め! 大丈夫だから!!」
ってことですね?





2015.2.7 花見川ロード〜利根川



さすがに寒さにうんざりです。
早く春が来ないかな。
その前に花粉地獄が・・・


RIMG0196 copy
平地は極楽です。
CR程度の荒れなら余裕でいなします。
巡航も楽な気がします。



今日は酒直水門を渡って新路開拓。
陸橋を越えて長豊橋方面へ。短いですがいい道でした。
RIMG0201 copy
利根川CR



RIMG0207 copy
佐倉風車まで戻ってきました。 




フィジーク・アリオネは固いですが不快ではないです。
柔らかいのが心地いいかというとそうとは限りません。
100km以内ならこれ最高じゃないかな。
座面が長いのでどこでも座れます。
シートの良し悪しって1日乗ったくらいじゃ答えは出ませんね。
RIMG0209 copy
フレームとシートの斜め青ラインまで一致してるのは驚きです。
乗ったらわからないけど。
自己満なのでコレでいいですw



50.jpg
走行距離 110km



2015.2.5 fi'zi:k ARIONE R3を買ってみた



届きました!



R1152872 copy
しかしこんな化粧箱必要ですか? やたらデカイしw
この箱にふさわしい高級品ということでしょうか。




確かにフィジークは高級品です。
バージョンにもよりますが高いモデルは3万円くらいします。
ですが多くのプロも使う世界的大ヒット商品。
R1152875 copy
現在このカラーは欠品のようで、ネットで探し回ってようやく新古品を
見つけました。いちきゅっぱ也。
おまけにバーテープが付いています。




R1152880 copy
そしてちょっと前に衝動買いした軽量カーボンシートポスト。
長すぎる部分はカットします。というかカットする部分が長いのが悲しい。



R1152884 copy
右が今まで使っていたセライタリア MAX フライト。
これも良いシートらしいのですがやたら厚くて重い。
硬くて軽いアリオネと、かなり両極端な図です。
シート探しは泥沼にはまってしまうとよく聞きます。
ここからじゃ先は長いな・・・




ですが今回はシートの性能は無視です。
色とデザインだけで選びました! いいのかな〜
R1152890 copy

でも見た目は狙い通り。
ドンピシャ!
満足です。


少々硬くても我慢する!






2015.1.31 野見金山・秋元 初パナ




フクダ電子アリーナ前。
R1152861 copy
乗り心地、良いです!
段差や路面の荒れに対する挙動はアルミとは比べ物になりません。
スタタン、スタタンと軽くいなして進んで行きます。
気持ちエエわ〜!!



 

車重は前の車体に比べてほぼ同じです。
やけに重いシートとシートポストを交換する予定なので、多分前より軽くなります。
鉄がアルミより軽いということはありませんが、サイズダウンしてますからね。
R1152857 copy
しかし坂はしんどいです。
クロモリは坂が苦手と聞きますが、あれは単純に重量のことではないらしい。
素材特性でしょうか。ひと踏みひと踏みが重たく、粘っこく感じます。
坂を踏んでいる、というダイレクト感が希薄で、泥をねっとり踏んでるような感じ。
まあ、平地があれだけ滑らかなんだから、その反作用はどこかに来ますよね。




とは言え、同じ質量を同じ高さへ移動させるエナジーの総量は同じはず。
気分の問題だと言い聞かせ野見金山へ。
R1152851 copy

新車で望む景色は格別です。







42.jpg
走行距離 103.3km
獲得標高 839m




R1152870 copy
最近買ったスグレもの。
腕につけるバックミラー「REARVIZ」
バックミラーはいろいろ苦労しましたが、今まで試した中では
これがダントツに良いです。
使わないときは閉じられます。





2015.1.29 パナモリ入庫



外出から戻ると嫁が「二郎さんから電話があったわよ」
はて? ラーメン屋に知り合いはいませんが。
「自転車、出来たって」
ああ、GIROさんね。
お約束的会話w


RIMG0082 copy

この歳になって久々に欲しいモノを手にいれました!



RIMG0085 copy

自転車には大きく分けて3つの楽しみがあると思います。
・鍛錬、健康、フィジカル全般、達成感・・・内面的な快感。
・道、景色、自然、四季、旅情・・・外部からの刺激。



RIMG0084 copy

・そして機材・物欲。
人間単体では到底実現できないスピードや距離を人力で可能にする。
ここの比率が他のスポーツとは大きく違います。
こだわりや趣味が前面に出てくる場面でもありますね。

機材は主張します。オーナーの嗜好をw




RIMG0094 copy
正直に、というかぶっちゃけ言うとPanasonicというロゴがカッコイイかどうかは
ビミョーなとこでしょう。電池から冷蔵庫、家まで扱う総合巨大メーカーですから。




でも自転車の世界では、ツールを走った栄光のロゴです。
しかし目立ちそうだな、これw
RIMG0095 copy
細身とかホリゾンタルとか特に興味のない私ですが、カッコいいなと思います。



名称未設定 copy
ラミネートされたA4サイズの設計図が、説明書・保証書と同封されていました。
地味にニクいサービスです。
壁に貼るか?






2015.1.26 パナモリを選ぶまでのいきさつ



これほどまでにハマるとは思ってなかったロードバイク。
こうなると最初に雑なサイズ選択をしたことが悔やまれます。
Cannondale caad8は良い車体ですが、私の適正より3cm大きかった。
特に支障はないのですが、基本を基礎から正しく学びたいと考えた時に
やはり疑問符が点灯します。

RIMG0003 copy



では次に欲しいフレームは?
私の乗り方から考えるとスプリントではなくロングライド主体なわけですが
ある程度は坂も登りたい。基礎脚力も心肺も鍛えたい。
そもそもロードに乗り始めてまだ1年足らずです。
今後何がしたくなるかわかりません。
できるだけオールマイティーなフレームが欲しいわけです。


ロードバイクの素材はほぼアルミ、クロモリ(鉄)、カーボン、チタンの四種です。
caad8はアルミです。どうせなら違う素材に乗りたい。
チタンは高級素材であり車種も少なく、まあ一般的ではありません。
クロモリは過去の遺物。
一部の通な人たちが好む、昔ながらの蚊トンボみたいな細いロードバイク
(・・・という認識でした)。
現代のサイクリストがアルミフレームからのグレードアップを考えるなら、
普通カーボン一択でしょう。



11.jpg
アンカーRL80
まさにオールマイティーなカーボンフレームです。





そういうわけで機会のある度にショップやサイクルショーで、
いろんなカーボンバイクに試乗させてもらいました。
正直どうもよくわかりません。

みんな高くてみんな良い。

サイクルショーでいろいろ乗ってるとだんだんごっちゃになってきます。
レース用のフレームとロングライド向きのフレームを乗り比べても、
どっちも素晴らしい乗り心地です。
白状すると、私にはカーボンフレームの硬軟がわからなかったのです。
(丸一日走ったら疲れ具合でわかるかもしれませんが)



そんな中、バイクフォーラム青山さんでRL80を
試乗させてもらったあとに乗ったRNC7
店員さんが「是非これを試してみて」と言ってくれたのです。

opy.jpg



なんだこの上品な乗り心地は!!





これは驚きでした。今まで試乗したどのバイクとも違う。
アンカーネオコットシリーズ。
踏み込むたびにヌルリと進み、路面の荒れが感じられません。
出だしのひと漕ぎが確かに重いというか、踏みごたえがあるのですが
そのあとグングングンと力強く加速して行きます。

気持ちエエ!

ははあ、これがクロモリか。



そういえばウチのOTAKE-SLもクロモリだったよなあ。
もっと高かったアルミのMTBは売っ払ってしまったのに、
これは手放す気がしないのです。
私の遺伝子にはクロモリ志向が埋め込まれているのでしょうか?

RIMG0085_convert.jpg



そもそもクロモリとは?

鉄。重い。頑丈。アルミより伸縮・しなり特性・振動吸収に優れる。
柔らかいため脚に優しい。疲れを残しにくいのでロングライド向き。
現在、レース機材としての座はすでにアルミ・カーボンに明け渡しています。
私もいずれカーボンに乗ります。
ですがこれだけドハマりの趣味に出会ったのですから、フルコースを味わいたい。
今カーボンに乗ってしまうと、クロモリに乗る機会を失いそうな気がします。
そもそも現在のロードバイクの姿は、鉄フレームが100年かけて行き着いた
究極の形ですしね。




ところで今すぐ容易に入手できるクロモリフレームとなると案外限られてきます。
国産でメジャーなのはブリヂストンAnchorパナソニック
それ以外だとほぼ個人ビルダーの世界。受注生産・オーダー順番待ちとなります。

海外だとGIOS、DE ROSA NEOPRIMATO、CINELLI SUPER CORSA、
COLNAGO MASTER X-LIGHTといったところでしょうか。
外国クロモリはどうも高額趣味の匂いがします。
偏見あるいはヒガミかもしれませんが・・・w
とりあえず現在の私の嗜好ではありません。


こだわりがないのなら国産で決まりでしょう。


17_20150425190618283.jpg

パナソニックは老舗のスポーツサイクルメーカーです。
ツールを走った希少な日本ブランドでもあります。
ロードに疎い私でもこのカラーリングは知っていました。
ただし私が欲しいのはレプリカではなく現代のフレームなので
フロントカーボン・アヘッドステムと決めていました。



ネオコットは乗り心地は最高なんですが、極端にFUN RIDEに振った設計が
少々気になります。コラム径はノーマルか・・・うーん。
でもレースに出るわけでもないしなあ・・・
それと、ネオコットは印旛沼でも佐倉でもよく見かけるんですよね。
パナは見たことがありません(少なくともレーシングカラーは)。
私はレアなモノに乗りたい方ですが、よく見かけるのは世間の評価が
高いという裏付けでもあります。さて・・・



10255351_738012252954882_5082987227287466229_n copy copy

大体の方向性が固まったのでGIROさんに飛び込みました。
GIROさんでは現在Anchorの取り扱いがないとのこと。
あ。これは運命だ。
出会いは一期一会。




新フレームが届いたのでパーツは全載せ替えとなります。
GIROさんに入院・・・
フレームのみ手元に残しても良いのですが、サイズがでかい以上
再び組み直すことは考えにくい・・・


RIMG0054 copy



別れの時です。



2015.1.25 酒々井・八街ポタ NEWフレーム納入!



さすがに寒いです。
晴天無風で9時過ぎないと出かける気がしません。


RIMG0169 copy
稲毛海岸。
花見川ロードを起点から。




RIMG0173 copy
すずきさんでラーメン食ったあと、双子公園から東へ進んでみました。
この辺りはすべて干拓地です。




RIMG0176 copy
まっすぐな道が縦横に地平まで伸びています。
自転車天国!




RIMG0177 copy
京成酒々井駅です。
こぢんまりしたいい町ですね。
いままでアウトレットモールしか知りませんでした。


と・・・ここでスマホが鳴りました。
GIROさんから、ご注文のフレームが入荷しましたとの連絡!


ワクワクしながら帰路につきます。





15.jpg
走行距離87.4km
北東方面はもっと探索しないともったいないですね。
















で・・・私が注文したのはコレ!






RIMG0185 copy

パナソニックのクロモリ

通称パナモリ です






RIMG0188 copy


パナソニック → カスタムオーダー → ORC18/FRC18

フレームのみ注文したのでFRC18。
計測したのでサイズはバッチリのはず。






パーツはすべて移植するので実質CAAD8とはオサラバです。
RIMG0189 copy

私にロードを教えてくれたフレームに感謝!





2015.1.11 野見金山・高滝




いきなりですが野見金山の展望公園です。
ここは北西側から登るのが一番楽です。



RIMG0153 copy
ちなみに野見金山は「のみがねやま」と読みます。
ずっと「のみきんざん」だと思ってました。
たった今知りましたw




RIMG0156 copy
高滝へ向かおうとR171のちょっとした坂を登り、ふと後ろを見ると絶妙な景色が!
何気ないどこにでもありそうな道ですが、出来の良いワインディングロードってのは
セクシーだと思います。
誘惑されてしまった私は一瞬のダウンヒルを楽しみ、また登ってきたのでした。


グーグルマップだと → このあたり





RIMG0157 copy
高滝のカレーぴのきおさんでお昼をいただき、帰路のうぐいすのお出迎え。
いい空です。




26_20150421001032db1.jpg
今日の収穫はR171ですね。良い道でした。
大多喜街道と清澄養老ラインの間の道。
いつかまた来ます。

走行距離 104.1km
獲得標高 929m




RIMG0151 copy
2007 cannondale caad8・・・
初ロードバイクなので比べようがありませんが、良い相棒です。

しかし別れの時が・・・近づいて・・・いる?






2015.1.3 走り初め


明けましておめでとうございます。



R1152846 copy
検見川神社です。
ウチからは浅間神社の方が近いのですが
近すぎてウォーキングにもならないので。





10891948_751290901627017_7780930145002118728_n copy
1月に自ら好んで自転車に乗るようになるとは思いませんでした。
しかしこんな奴がウロウロしてたらご近所の方はどう思うのだろう?
私はイヤですw




RIMG0135 copy
冬は空気がパリッと澄んでいて気が引き締まります。
いままでは夏の方が好きでしたが、ひと冬経験すると変わるかも。
夏は夏で日焼けとUVカットクリームと汗でベトベトだもんなあ。
水分補給も地味にカネかかりますしね。





RIMG0136 copy
うぐいすは春の季語です。
夏になっても鳴いてるうぐいすは老鶯といって夏の季語になります。
房総ではいつでも鳴いてるような気もしますけど。





RIMG0138 copy
原田イレブンを東に向かます。




RIMG0139 copy
秋元牧場前の坂、ながら長生庵斜め向かいの貯水池です。
牧場の敷地内かな? お邪魔しました。
景色は最高です。




RIMG0143 copy
反対側はこんな感じ。
やはり牧場っぽいですね。





RIMG0147 copy
牧場の裏手、「千葉市少年自然の家」前を通って突き当たりの景色です。




38_20150420163727334.jpg
そのあとキングフィールズGC前を通り、イオンモール自転車館に
寄ってから帰りました。


走行距離 100.6km
獲得標高 670m





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>