fc2ブログ

2015.9.26 GIROさんのTRY360に参加しました




'80年代の名作漫画に「ケンタウロスの伝説」というのがあります。



51N-KRvFf7L copy     
バイクチーム"横浜ケンタウロス"のメンバー(大体が不良オヤジ)達は
一杯のコーヒーを飲むために神戸まで走ります。
主人公のケンは驚き呆れながらも、彼らに惹かれてゆきます。








201504150204524e3_20150928161746c55.jpg

サイクルハウス"GIRO"のメンバーさん達は、餃子を食べるために
毎年 直江津 まで走ります。
330kmくらいあります。25年続けているそうです。

2輪は2輪でもこっちは人力です。




   ココノ人達オカシイ・・・



ウチから541m(ルートラボ調べ)。
たまたま一番近くにある自転車屋さんがそういう濃い店だったというのは
祝福なのか罰なのか・・・w



DSCN2046 copy
ロングの準備。
・シートポストキャリア。ダサいがこれしか持ってません。
・予備チューブ ×2
・ライト×2 テールライト×2
・電池、モバイルバッテリー
・一泊なので着替えと輪行袋。

あと残念ですが天気がダメっぽいです。
・レインウェアにシューズカバー。グローブも。




DSCN2053 copy
息子のショルダーバッグを借りて通学仕様 w
防水バッグ買わないとなぁ・・・




DSCN2049 copy
USB充電地獄の図。
"あるある"でしょう? w
AM2:00出発なので仮眠をとります。






DSCN2057 copy

天気予報では「0時に雨から曇り」になってたのですが、ハズれました。
雨の中チームごとに出発です。
全部で5チーム。ルートは3つ(草津ルート・苗場ルート・軽井沢ルート)。
私は軽井沢ルート・Aチーム(7名)です。



DSCN2059 copy
5:46 上尾市内 65km地点
私は薄手の防水ウインドブレーカーを着用してましたが
雨水が沁みてるのか汗なのか、効果は怪しいです。




DSCN2065 copy
7:20 熊谷駅前 90km地点
防水シューズカバーもどこからか水が侵入してきます。
いつの間にか靴下までびっしょり。



DSCN2069 copy
9:47 高崎市内 下豊岡 130km地点
ここらまではやはり街走りです。
やっと雨具を脱げました。
山の向こうに明るさが !!




DSCN2072 copy
10:40 安中あたり 山が始まりましたよ〜





DSCN2074 copy
10:47 155km地点 碓氷峠に入る前に補給。





DSCN2075 copy
雨は止みましたが、まだ山はこんな感じ。





碓氷峠。
3.jpg
標高差800m余り。
千葉→直江津・軽井沢ルートのメインディッシュですね。
一応予習はして来ました。
それほどの急勾配ではないのですが、4〜7%の坂が延々15kmほど続きます。

DSCN2082 copy
景色は雄大 !
しかしやはり、雨の中150km走った後の坂はしんどいっス。




DSCN2086 copy
ああ、これが有名なアレか!
碓氷峠の鉄道遺構(めがね橋)。




DSCN2090 copy
チームはバラけてましたが、ちょうど一緒に走ってたメンバーさんと撮り合いっこ。




DSCN2093 copy
で結局、峠では待っていただきました。
12:50 碓氷峠 175km地点



DSCN2095 copy
軽井沢。
やはり涼しいですね。
でも雲は厚く、浅間山は見えません。




DSCN2096 copy
昼食はコンビニ飯で。
再スタート。




DSCN2106 copy
ここらがロマンチック街道でしょうか?
やっと晴れ間が出てきました。




この辺りの標高は度々1000mを超えますから、自分の標高記録では
900mの六甲を超えて更新です。
DSCN2114 copy
もうコスモスが咲いています。
中山道を歌ったコスモス街道って曲を思い出します。
この後、上田・千曲を経由して長野市を目指します。



DSCN2116 copy
5:39 長野市大塚 250km地点。
日が暮れてきました。 




DSCN2119 copy
7:42 飯山市。
斑尾高原のちょい東あたりですね。
最後の峠越えに備えてコンビニ休憩してたらBチームと合流。



飯山→妙高 R292 この峠を越えれば新潟県です。
登りの標高差は280m。
下りの標高差は590m。
安中・碓氷で稼いだ標高を一気に吐き出す感じです。
f1.jpg
ここも一応予習はしました。
最後の峠とはいえ、怖気づく程の山ではなかったはずです。
しかし何が辛いって、皆さんのペースの速いコト!!
このくらいの山なら獲物だと思って食いついてるんでしょうねw




県境から直江津までは30kmほど。下りと平地です。





到着!!

直江津駅前(餃子) → ひろ坊餃子

DSCN2120 copy



お疲れさまでした!
ビールとギョーザが美味い!!
1日走れば何食っても美味いでしょうが、ここの餃子は
通常で満腹の時に食っても美味いと思います!

DSCN2124 copy


この歳になっても、こんな新鮮で魅惑的な未知の世界に
脚を踏み入れるコトができました。
皆様、感謝いたします!






e2.jpg
(GARMIN調べ)
距離   329.51 km
移動時間 14:29:34
経過時間 20:38:40
高度上昇 2,079 m
最高高度 1,028 m












翌朝。
DSCN2127 copy
ホテルから上越の町を臨みます。
天気が冴えません・・・



DSCN2133 copy
さすがに自走で帰る気はしませんw あちこち痛いし。
輪行準備。

DSCN2132 copy
直江津から普通電車で上越妙高へ。
そこから上越新幹線で東京。
千葉まで3時間半で帰れるのな〜w




DSCN2150 copy
雨天走行の汚れはひどいものです。
徹底的に綺麗にしてやりましょう。










2015.9.22 大多喜・いすみ・九十九里




9月なので海を見に行きます。(謎)




DSCN1980 copy
外房有料。






DSCN1982 copy
9月いっぱいまで無料です。






DSCN1985 copy
外房有料からR128を南下。
茂原市役所。






DSCN1900 copy
まっすぐ進むとR27。
しばらく行くと茂原ツインサーキットがあります。
ちょっと覗いてみます。






DSCN1993 copy
こちらは1周1170mロングコース。





DSCN1996 copy
こっちはショートコース。
カートが走ってます。
面白そうなのは断然カートですね。





DSCN2003 copy
大多喜を抜けてそのまま進みます。
R27は快適です。





DSCN2008 copy
堀之内という交差点に出くわします。
先週も通ったルートです。今日のひとつ目の目的地。






DSCN2011 copy
ここを左折するとこんな景色が待っています。
この先の登りの道がすごく魅力的に見えて、前々から気になっていたのです。

この頃から → 2014.12.6 勝浦〜清澄養老ライン〜鴨川有料







DSCN2013 copy
7〜8%の登りをちょこっと登ればこんな景色が!







DSCN2016 copy
振り返るとこんな感じ。
いい道です!!






DSCN2018 copy
斜度は徐々に上がり、たまには10%越えも。
しかしこんな見事な風景が迎えてくれました。






DSCN2022 copy
峠を越えていすみへ向かいます。
下りは結構な荒れ道でした。
慎重に走ったのですが・・・





DSCN2025 copy
久々にやっちまいました。パンク!
1年ぶり以上かな。





しかもさらにトラブルが重なります。
つぎはぎのスペアチューブからもエア漏れが!
パンクは仕方ないとしても、こういうのはいけません。
同行者がいたらとんでもない迷惑ヤローです。


DSCN2027 copy
スペアこそ常に新品をキープすべきですね。
修理キットでパッチ当て。20分以上ロスしたかも。





DSCN2030 copy
太東から九十九里へアプローチ。
シルバーウィークですから何となく賑わっています。






DSCN2037 copy
夏の終わりの九十九里。








DSCN2039 copy
帰りは東金九十九里有料。
こちらも9月いっぱい無料サービス中。







DSCN2042 copy
今年もまたひとつ、夏が終わったなあ。






E32.jpg
走行距離 148.1km
獲得標高 667m

景色を堪能した良い1日でした。











n copy
しかしまだ陽射しは強い。
太ももが三色に!
レーパンもメーカーによって微妙に長さが違うようです。
2センチ幅だけヒリヒリします。






2015.9.13 麻綿原高原



今年の夏は全然走れていません。
熱射病対策で抑えたこと、仕事が異常に重なったこと、
それを乗り越えたと思ったら二週間もの秋雨前線。
順調に減ってた体重がぶり返すほどの体たらくです。




DSCN1926 copy
古市場町のバイパス。
大雨で稲が倒れています。




DSCN1928 copy
瓦窯通り。



DSCN1931 copy
うぐいすライン。
まだ浅い秋の匂いがします。




DSCN1932 copy
雲がものすごい勢いで北へ流れていきます。
北にはまだ低気圧が居座っているのでしょう。
進まねえ〜!!




DSCN1934 copy
大多喜街道。
ここの一瞬の景色が好きです。




DSCN1947 copy
大多喜街道を外れR465へ。この道は初めてです。
いすみ鉄道 総元駅。
くっついてる建物は公民館。




DSCN1951 copy
いすみ鉄道 西畑駅 きつねはら踏切。





DSCN1952 copy
いい佇まいですね。






DSCN1955 copy
今日の目的地は麻綿原高原です。
どんなところか知りません。
地図で見て名前が素敵だったので決めてしまいました。





DSCN1957 copy
いきなり結構激しいお出迎え。





DSCN1958 copy
あじさいの高原?
ちょっとイメージが湧きません。
広々とした草っ原じゃないのかな・・・






DSCN1959 copy
ウシ発見!
やはり高原にはウシがいてほしいですからね。
マザー牧場とか六甲山牧場みたいな感じ?




DSCN1962 copy
しかし相当に厳しい山岳コースです。この辺は清澄山のちょい東。
あとで調べたんですがGooglemapのEarthで見ると
房総半島で一番緑の濃いあたりです。





DSCN1966 copy
これは山です。高原ではない w





DSCN1967 copy
しかも激しい。
鬱蒼としています。
ヤマビル注意の看板があちこちに出てます。





DSCN1972 copy
下界に降りてきました。
高原は何処に〜!?











DSCN1974 copy
養老渓谷を抜け高滝へ。
ぴのきおさんが閉まってる!
臨時休業なら良いのですが・・・





DSCN1977 copy
福田アリーナまで帰ってきたところで雨。
まあ久しぶりにまとめて走れたので小満足です。




41_20150920184549743.jpg
走行距離 146.9km
獲得標高 1726m

結構な山岳コースでした。
まだ天気が回復しませんね。








2015.9.5 六甲山 逆瀬川ルート




西宮の実家に帰ってきました。
ベランダから北西方向を望むと六甲山が見えます。



DSCN1884 copy
朝早く家を出て輪行。
マイカー・空港バス・飛行機・モノレール・電車・タクシー。
いろんな乗り物を乗り継ぎ、昼前に到着。
輪行というのはそれなりに疲れますね。
家〜空港間を自走すると効率よさそう。






DSCN1832 copy

昼飯食ってくつろいで天気予報を見ると・・・明日も明後日も雨!!
明日走る予定でしたが、急遽組み立てて出かけることにします。
今日ぐっすり眠れるように昨日あんまり寝てないんだよな〜・・・





DSCN1835 copy
武庫川サイクリングロード。
子供の頃からの馴染みの場所です。
良い環境ですが家族連れ・犬連れも多く、結構砂も浮いています。
カッ飛ばすような場所ではありません。





DSCN1843 copy
阪急逆瀬川駅からスタート。
ここまで家からわずか20分! まだウォームアップも済んでません!!
まずは逆瀬川沿いを上ります。
正面に見える山は甲山(かぶとやま)といいます。




DSCN1847 copy
名門・宝塚ゴルフ倶楽部の横を通ります。
徐々に坂が急になってきます。
しかしここらはまだ生活圏。



DSCN1852 copy
甲寿橋交差点。
ここですでに標高250mくらい。
目指す一軒茶屋は880mくらいあります。
六甲山は標高931m。



DSCN1855 copy
しばらく行くと車道と分岐してハイカー&サイクリスト専用道が現れます。
ゆったり走れますが再合流直前に急坂が待っています。
どっちが楽かはビミョー。





この辺りから10%オーバーの坂が延々と続きます。
写真は・・・・ありません。
カメラを構える余裕がありません。
ずーっと登りです!!




六甲は昔 (30年くらい前) モーターサイクルで走り回ったものです。
7841.jpg

青/白のRZ350でした。(当時すでに旧車でしたが)
いま青/白のPanasonicで同じ坂を登ります。
成長してるんだか してないんだか・・・

あの頃は楽しかったなあ、若かったなあ・・・
当時を思い出して感慨に耽る・・・





・・・などという余裕は一切ありません!



コーナーを曲がり、次の視界が開けるたびに絶望が襲ってきます。
左ヘアピンでは急激に斜度が上がります。
これが何度も出てきます。


前後に誰もいないことを確かめ、チョコチョコとセコい蛇行を織り交ぜます。
安全確認は当然ですが、見られたらカッコ悪いし・・・
"休むダンシング"も駆使しますが続きません。
汗がボタボタ落ちます。



ヒトケタ時速で ひたすら耐えます。






うんざりした頃、芦屋と有馬をつなぐ芦有ドライブウェイの宝殿ICが現れました。
そこを過ぎると斜度が少し楽になります。



DSCN1859 copy
鉢巻山トンネル。
これを抜けたらあと少しのはず!




DSCN1865 copy
到着。
一軒茶屋。いやー、キツかった!!
この高さまで自転車で登ったのは初めてです。




DSCN1861 copy
サイクリストとハイカーで賑わっています。
さすが関西のメッカですね。
写真を撮っていただきました。





DSCN1867 copy
一軒茶屋の展望スペースから西宮市を望みます。
この高さだと結構涼しい。




DSCN1873 copy
帰りがまたコワイ!
ブレーキ引きっぱなし!
坂が緩む場所がありません。





DSCN1876.jpg
帰りは近道で夙川方面へ下ります。
気温が一気に上がります。
それにしても懐かしい街並み。




IMG_1415.jpg
翌日は一日中雨。
実家のわんこ・ダンディー君も散歩に出られません。
ハードスケジュールでしたが、初日に走って正解でした。





DSCN1893 copy
翌々日、帰途につきます。
JR甲子園口駅。






DSCN1908 copy
ポートライナーから望む六甲と東灘。
背後に山が迫っている町は海が深いですから、天然の良港になります。
ですからこの通り、阪神間というのは平地が極めて狭いのです。
ここで自転車乗るならどうしてもクライマー気味になってしまいますね。




DSCN1917 copy
雲の上はいつも晴れ。
しかし今年の天気はどうなってるんでしょう?
もう二週間降りっぱなし・・・





06_2015091415111472f.jpg
走行距離 37.4km
獲得標高 905m

2時間半でこの行程です。
なんという恵まれた環境でしょう!
山に取り付くまでに疲れてしまう房総とは対照的すぎる環境です。

しかし逆に阪神間で平地を走るには東西の道しかないわけで、
山幹・2号・43号なんて信号だらけの万年渋滞です。
房総のように平地を縦横無尽に走ることは出来ないのです。

極端すぎますね。
ほどよい町に住みたいものです。






2015.9.4 はじめての輪行♬



GIROさんにて購入。
オーストリッチの輪行袋とエンド金具。


DSCN1801 copy





DSCN1802 copy
ついでに1年半使ったチェーンと、錆が浮いてたブレーキワイヤも交換します。




DSCN1803 copy
久々にチェーン切り。




DSCN1804 copy
やはり伸びてます。
伸びたチェーンを使っていれば、チェーンリングやスプロケの減りが
早くなるわけですね。





DSCN1811 copy
フロント金具。あるに越したことはないでしょう。




DSCN1812 copy
リアエンド金具。こちらは必須ですよね。
分解した自転車の一番の弱点はリアディレイラーでしょうから。




DSCN1814 copy
パナモリにはチェーンフックが付いてます。
地味だけどとてもありがたいサービス。




DSCN1816 copy
こんな形に収まるのですね。
でも正直、ディレイラーぶっつけられないかな、ホイール振れないかなと
いろいろ心配です。
高額で繊細なカーボンフレームだともっと心配でしょう・・・






翌朝。
DSCN1822 copy
9時過ぎ発のスカイマークに乗ります。
羽田までは空港バス。
預け荷物の手続きを済ませます。
スカイマークでは20kgまでは無料です(よそも大体そのようですが)。
自転車の対応も親切丁寧で、大変好感もてました。





DSCN1823 copy
あっという間に到着。
今回は大学生の娘と二人旅。
娘はトランク担当です。





で、着いたのはこちら。
DSCN1825 copy
ポートライナー神戸空港駅。
これから実家の西宮へ向かいます。




2015.8.22 千葉ポートパーク周辺ポタ



夕方ご近所ポタ。



DSCN1771 copy
県立美術館。





今日はポートタワーを見にきました。
DSCN1773 copy
ポートタワーはビルのように見えますが、実は塔と展望台だけで
壁の中身は空っぽです。






DSCN1775 copy
ポートパークには屋外ステージもあります。






DSCN1780 copy
うん、なかなかいいロケーション。
遠くからトランペットの練習の音色が聞こえてきます。





DSCN1781 copy
向こう岸は丸紅エネックス千葉ターミナルだそうです。




DSCN1788 copy
ぐるりと走って新港、アクアリンク前。
この直線路のドンつきの辺りが、さっき見た丸紅エネックスですね。




DSCN1794 copy
ちょこっと西へ向かって幕張海浜公園MTB広場。





DSCN1798 copy
ようやく朝夕は、少し涼しくなってきました。





今まで知らなかった地元の景色を見るのも楽しいものです。
17_2015090822503661d.png
32km、1時間半のポタリングでした。




全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>