fc2ブログ

2016.12.28 デダチャイくだちゃい。




Dedacciai STRADA  NERISSIMO
デダチャイ ストラーダ  ネリッシモ



IMG_2323 copy

こいつが私の新しい愛人、いや、相棒ですw




デダチャイ社はフレームのマテリアルメーカー。
自転車の各種チューブ屋さんです。
世界でも最高水準のフレーム素材を各国の有名メーカーに供給している会社です。

acopy.jpg
今まで私が乗ってたInterMax S.PELLEGRINOもデダのチューブを使っています。
テクニカルサポートも請け負っていますね。




そんな経験と実績を持つデダチャイ社が、自ら立ち上げたフレームブランドが
デダチャイ ストラーダ。日本での取り扱いは InterMax。


(InterMaxのHPより)
NERISSIMO
目指したのは剛性と快適性のベストバランス

ベーシックながら、際立つルックス。そして信頼の性能と安全性。目指したのは、妥協のないスタンダードバイクです。エントリーグレードながら素材にハイモジュラスカーボンT700を使用。フォークもフルカーボンコラム、カーボンドロップアウトで軽さに貢献し、優れたハンドリングも実現しました。極太のダウンチューブは高剛性で、シェイプされたリアバックが振動吸収性を向上。マッシブなBB周辺がパワー伝達をサポートし、スムーズな加速を体感できるでしょう。


IMG_2332 copy
弱めのスローピング、案外ホリゾンタル。
こりゃまたシートポスト出ないな・・・




IMG_2331 copy
イタリア語でneroは黒。
nero (形容詞・黒い)+issimo (接尾語・形容詞の最上級)
nerissimoは最上級の黒。真っ黒・漆黒の意。




IMG_2326 copy
上下異径ヘッドチューブ。
さりげなくデザインとして活かしてるあたりに巧みさを感じます。




IMG_2327 copy
クロモリやアルミとは違うガッチリしたBB周り。
圧入じゃなくJISネジ切りなのもポイント高いです。




IMG_2328 copy
トップチューブもダウンチューブもよく見ると実に複雑な形状をしています。
チューブメーカーとして膨大なデータの蓄積があるのでしょう。
シートステイは案外太め。
今中大介氏がイチ押ししてるんで、まあやっぱり硬い方なんだろうな・・・

それとDedacciaiのフレームはコスパ良いです!
こういう特殊分野は裏方が参入してくると強いよな〜。




IMG_2335 copy
新しいフレームの方が少し大きめ。



IMG_2397 copy
移植手術開始です。
バラし始めると早い・・・



IMG_2395 copy
これだけあれば何とかなるかな。



IMG_2400 copy
初めてのカーボンフレームなのでトルクレンチを購入。
超廉価版のコレかよ!って思われる方も多いでしょうが
結果はこれにして正解だったと思います。
強さの感覚を手応えで覚えられますから。



IMG_2401 copy
半日もあれば組めるはずですが、外したパーツを掃除するのに時間を食います。
でもいい機会です。
リアディレイラー、スプロケ、インナーのリング、前後ブレーキ。
徹底的に綺麗にしてやりましょう。



IMG_2406 copy
バーテープもDeda。



IMG_2407 copy
しかし正直ワイヤリングは苦手です。
結局二日かかっちゃいました。
しかし他の人とカブる確率は低そうです。
走ってるの見たことないもんなあw

  そこがいい!




z copy
とりあえず2016年の走り納めに行ってきました!
気分は上々ですが、まだコイツの性格は掴みきれません。
奥が深そうです。




y_20170104023646b48.jpg
GIROさんの忘年会でもらったソックスです。
来年もこの精神で参りましょう。
良いお年を!!










2016.12.18 酒々井周回



新しいフレームはこのInterMaxの代替わりとなります。
パーツを剥ぎ取った後は当分休んでもらう予定です。


DSCN5855_20161226010821515.jpg
なので今のうちに出来るだけ乗ってあげましょう。



DSCN5864_20161226010823962.jpg
またまた酒々井方面へ。



DSCN5869_20161226010824b93.jpg
いい天気、いい景色。



DSCN5878_20161226010825dcb.jpg
ヤギ飼える環境っていいなあ。



DSCN5880_201612260108279f3.jpg
寒いので出るのが遅くなりました。もうお昼です。
ここに来るのも最近の楽しみの一つ。




DSCN5881.jpg
普通サイズでカラアゲ6個。
大盛りだと10個になります。でかいし。
私はこの世で一番うまい食べ物は鳥のカラ揚げだと信じています。
二番目が餃子で三番目がカレーかな。



満腹ですが走るしかありません。

DSCN5883.jpg
急坂を登り東関道を渡ります。



DSCN5884.jpg
猫ちゃんが避けてくれません。人懐こく寄ってきます。
飼われてるのかな? 隻眼でしたが。




DSCN5887.jpg
先月も走った貸切のダウンヒル。
気持ちエエ〜!!




DSCN5892.jpg
草野球。いい環境です。
ヒットが出るまで見物しちゃいました。




DSCN5895.jpg
直線路。最高速アタック!?
いえ、胃が「やめろー!!」と叫んでいます。




DSCN5904.jpg
この辺りではにんじん畑を多く見かけます。
正直私はにんじんが少々苦手ですw
オトナなので残すようなことはしませんが。





30km周回路を昼飯挟んで2周しました。
そろそろ帰途につきます。
DSCN5906.jpg
南酒々井駅。
周辺には自販機以外何も無し・・・




DSCN5908.jpg
オフロードになってしまいました。
チューブレスだとクリンチャーよりは若干心強いです。





なんだか面白そうなとこに出くわしましたよ〜。

DSCN5919.jpg
小篠塚城趾。

Google viewだとこの辺り → 小篠塚城趾




DSCN5920.jpg
ごくショートですが 激坂です!



DSCN5921.jpg
笠森観音といい般若寺といい、参道ってのは何でこんな無茶すんだよ〜? w




DSCN5915 copy
登り切ると正慧寺というお寺があります。



DSCN5913 copy
咲耶姫神社。




DSCN5922.jpg
ほんの小さな丘ですが、下りはコワイ・・・




DSCN5927.jpg
再び平たい景色に戻ります。



DSCN5929.jpg
帰ってきました。
日が短いなあ・・・




e17.jpg
走行距離 98.3km
獲得標高 887m
小さい坂ばっかりですが、結構な激坂も含んでいます。


さて、ぼちぼち新フレーム組みますかー。
でもこの InterMaxは好きなので手放しません。
自分で塗ったから売れないだろうしね〜 w



 → 今日のrelive






2016.12.10 そろそろカーボンフレーム





私だって人並みにカーボンに乗りたい。






とりあえず遍歴。


cannondale CAAD8   2007  Made in USA
RIMG0090 copy
アルミ。最初に買った中古ロードバイク。
何しろ初めてだったので、乗り味がどうだったのかわかりません。
今にして思えば、アルミにしてはしなやかな方だったのかな。
適正よりちょっとデカかったのが残念。売却済み。




Panasonic FRC18   2015
RIMG0082 copy
クロモリ。ロングライドでは絶対の信頼を置いています。
極上な乗り心地と豪快な加速で本妻の座をキープしています。
栄光のロゴとカラーリングだと説明するも家族には不評 w
"乾電池"呼ばわりされる始末です。
坂はしんどい・・・




InterMax S.PELLEGRINO  年式不明 たぶん2000くらい
DSCN5425 copy
アルミ。自分で再塗装して蘇らせたガチガチレーサー。
乗り心地は悪いし、下りではリアが跳ねます。
2時間エンデューロで一生懸命踏んだら、私の脚は簡単に攣ります。
デザインとカラーリングは最高に気に入ってるんですが・・・



こうしてみるとやはりロードにハマっている現代人として、
カーボンフレームを知らないというのはいかにも不自然です。
別にこだわりがあって避けてるワケではないので。








では今までに私が気になったカーボンフレーム。



BOMA REFALE [リファール]
BOMA REFALE CT-RE copy
カッコイイ!
国産というのもポイント高いです。
BOMAはブルベ会場でよく見かけるんですよね。
しかしCYCLE MODEで聞いたところ、ロングセラーだったリファールも
今年で終わりだそうです。残念!




BMC SLR02
BMC SLR02 105
BMCも前から気になってました。
いかにもカーボンなぶっといダウンチューブ、個性あるデザイン。
そして色! 私はこの青にやられました。つや消しのメタリック。
私の中で"色"は大変大きな比重を占めます。
ところがこの色は105完成車限定、しかも17年ラインアップからは消えてました。
不人気だったのかな?




KUOTA KOUGAR
KUOTA kougar
これは幕張CYCLE MODEで試乗して、一番ガツンときたモデルです。
深夜にポチりそうになりましたが、踏みとどまりました。
ブレーキが特殊で・・・フロントはフォーク後ろに付くエアロV、
リヤはチェーンステー裏に付くダイレクトマウント。
エアロフレームに、全てのケーブルは中通し。
最先端のロードバイクですが、維持・整備に高レベルが要求されそうです。
出先でのトラブル等を考えるとちょっと躊躇します。




KUOTA KIRAL
KUOTA kiral
KOUGARがレーサーならこちらはエンデュランス・ロングライド寄りでしょうか。
ブレーキは前後ともに標準タイプ。
試乗はしてないのですが、KOUGARの兄弟モデルなので安心でしょう。
これは最終候補に残りそう。




PINARELLO GAN
P16_GAN_251_H3 copy
これもCYCLE MODEで試乗しました。
実力以上のスピードを引き出してくれます。これはドラッグですw
なので半日も走ればおそらくカラダはボロボロになると思います。
ともあれ現代のカーボン技術はここまで来ているのか、と感服させられました。
「いつかはピナレロ」が刷り込まれてしまいました!




Emonda SL
1464000_2017_A_1_EMONDA_SL_7 copy
正直私の用途でフレームに迷ってるなら、これ乗っとけば間違いないはずです。
大手、最先端、最軽量、生涯保証。
GIROさんの店内に展示してあるので何度も注文しそうになりましたが・・・
ただねえ、フレームセットだと黒一色しかないんですよ。
色が選べたらとっくに購入していたと思います。




CINELLI SAETTA RADICAL
CINELLI SAETTA RADICAL 105 copy
GIROさんの店内に展示してあるといえばこれもそう。
ルックスは最高です。イタ車はやっぱエロいよな〜 w
色もいい。メタリックな深い赤です。
ただこのフレームは現行モデルではなく、この色は現在のラインアップにはもう
ありません。ラストチャンス!
かなり心がグラグラしましたが、サイズが適正よりちょっと大きかった。
残念!





DEDACCIAI STRADA  NERISSIMO

Dedacciai STRADA nerissimo copy
これもCYCLE MODEで試乗しました。
Inter MaxのブースでKUOTAやARGONの陰でひっそり待機、順番待ちなしの
地味な試乗車でしたが、乗った瞬間素性の良さがにじみ出ていました。
DEDAのラインアップではエントリーグレードという位置付けなのですが、
いろんな人のインプレ記事を読むと異常に高評価!!
しかもどれも私が感じたのとほぼ同じインプレッションです。
なんだかとても気を良くしました w
海外での評価も高く、今中大介氏もイチ押しです。



私はこういう隠れた良品に極めて弱いのです。




色は赤がいいな。赤系は今まで乗ってないので。
自然の中で写真を撮ると、赤系フレームがダントツで映えますね。
全面赤ではなくシートチューブだけ黒なのもオシャレです。
私にはsizeSが適正となります。






まあ、そんなこんなで絞り込んでいるとまさにその現物が!!


GIROさんの在庫にあるじゃないですか!


DSCN5733 copy


うーん、この出会いはやはり運命ですか・・・?
もうこれは私に買われるためで待っていたとしか思えませんw




しばらく考えましたが結局、購入に至りました。

IMG_2332 copy

丸裸のままお持ち帰り〜♫








2016.12.4 紅葉グルメポタ




今年ももうすぐ終わりよのぉ〜。

今日はコイチさん招集、恒例紅葉ポタです。



1_20161209105118720.jpg
5:50 稲毛駅。
意外と寒くない。



2_20161209105120ead.jpg
7:30 上総湊駅。
おぱようございます!
本日は5人です。




3_20161209105120ff2.jpg
朝日の中を走り始めます。



すぐにもみじロード。
5_20161209105123fe6.jpg


7_2016120911013866b.jpg
今年の紅葉は鮮やか!!
強力な寒波ニョーロがすでに2回到来しましたからね。




4_20161209105122398.jpg


6_2016120911013526a.jpg
このポタは和みます。







8_20161209110140ec1.jpg
さらなる景色を求めて脚を回します。







山中区公民館 裏手の絶景。

10_20161209110142b66.jpg


9_201612091101413e3.jpg





もみじロード終わりの突き当たり、私は左折ルートしか知りません。
今日は右折して佐久間ダムへ。
11_20161210012634814.jpg
初めて来ました佐久間ダム。
湖畔の休処でゆっくり休憩します。
11時より早く着いてもビンゴバーガー開店してないので。




12_2016121001263678f.jpg
佐久間ダムから88号へ戻る山越えがなかなかエグくて面白いです。
10%超えのつづら折りが長々と続きます。




途中、猿に遭遇。湖畔には犬と鴨もいました。
お供に従えてビンゴバーガー退治へ。

13_20161210012637ce5.jpg
道の駅 三芳村 到着〜♫



14_2016121001263800d.jpg
出たな!
もう何回も食べていますが、やはりデカい。
そして美味い!!



15_201612100126407d1.jpg
みながためらう中、満面の笑みでWバーガーにかぶりつく異星人がひとり・・・w




16_201612100213488cf.jpg
安房グリーンラインをさらに南下。




17_20161210021350227.jpg
峠越え。
少し頑張ろうとしたところ、胃が
「やめろ!やめてくれー!!」と叫びました・・・




19_20161210021352a3a.jpg
小松寺に到着。


18_20161210021351e41.jpg







20_20161210021354284.jpg
小松寺には財宝が埋まってるそうです。
私も遺言にはこのくらいのこと書いてみようっと。



21_201612110059409ca.jpg
小松寺で時間を潰しすぎたので野島崎は諦めUターン。




22_201612110059423af.jpg
大福寺・崖観音。
やっと補修工事が終わったんですね。
プロジェクトXが取り上げそうな難工事だったのではないでしょうか。





23_201612110059432a5.jpg
いつも曲がる道を直進してみたら海に出ました。
あれは日本丸かな? 海王丸かな?
美しい・・・




24_20161211005944ad1.jpg

♪ 広がる海の彼方から あああ〜
  何が呼ぶと言うのだろう〜 





25_201612110059465d4.jpg
富士山がほんのり見えました。
わかるかな?




26_2016121101194642b.jpg
道の駅とみうら 枇杷倶楽部でびわソフト。
今年もお疲れ様でした!

wakiさんはこの後、白浜で一泊して翌日千葉イチやって帰宅したそうです。
信じられませんw

 → wakiさんブログ 行きたいとこが遠いだけ・・・




27_201612110119487b7.jpg
輪行で帰ります。



29_201612110119498c1.jpg
乗り換えが面倒なので千葉駅から帰って来ました。
夕飯前に何とか帰宅。ただいま〜。



30_20161211011950548.jpg
走行距離 65.7km
獲得標高 915m

皆さま今年もお疲れ様でした。
いや、まだちと早いか。


 → 今日のRelive





2016.11.29 IRCチューブレスを履かせてみた



ここのところ今履いてるMAVICイクシオンでパンク頻発。
もう限界だと気付きました。



仮面ライダーアマゾンに助けを呼びます。
DSCN5735 copy
翌日届けますって書いてたくせに翌々日に来やがんの。
困ったもんだぜアマゾンライダー。




次はコレだと決めてました!
DSCN5736 copy
IRC チューブレス RBCC

 → IRC products formula


初チューブレスです!
Shimano Dura-Ace WH-7850が2wayだったので
そのうち試そうと思っていました。




ネットで情報を漁ると「きつくてハメるのに苦労した」談ばかり満載です。
覚悟を決めて丁寧に始めます。
DSCN5737 copy
説明書通りにリム内側をキレイにして石鹸水を塗ります。
私は洗剤を薄めました。





ビードをリムのくぼみに落とし込み、フツーに手順を進めます。
DSCN5739 copy
さすがにクリンチャーよりは固いですが、専用タイヤレバーで
それほど苦しむこともなくハマりました。
IRCも常に改良・進化を続けているし、SHIMANOとは相性もいいのでしょう。




ウンウン、イイ感じ。
高めにエアを入れて一晩放置します。
DSCN5741 copy


翌日、前輪のエアが抜けています。ガッカリ・・・
ゴミでも噛んだかな・・・?
気を取り直して洗面所に水を張り、エア漏れ箇所を探査。







ここでした!
使わず放置していたチューブレスバルブ用のゴムパッキン。
経年変化でカチカチになっています。
IMG_23112 copy
替えのゴムパッキンはホームセンターで売ってました。内径4.8mm。
多分シーラントや水道用漏れ防止テープでもいけるんじゃないかな。
このまま不安を抱えていたくないので、後輪も取り替えます。



DSCN5742 copy
ついでにスプロケ掃除も。





テスト走行。
あまり乗り心地が良くありませんw
これは高圧にしてるからだな・・・8.5bar以上入れています。
リム打ちパンクがないのでクリンチャーより低圧で使えるのもチューブレスの強み。
エアを抜いていくと・・・ しんなり優しい上品な乗り心地に!

IMG_2293 copy

確かに接地面のパーツが一つ減って、ダイレクト感が増しました。
ラテックスもいいけど、エア抜け・補充の手間がかかりますからね。
メンテフリーならチューブレスに軍配!





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
123位
アクセスランキングを見る>>