fc2ブログ

2017.3.25 大仏・国際 新シューズ!



右足ウラに少々不調があります。



私はSLではなくSPD愛好者です。
今使ってるのはこれ。SHIMANO SH-XC31
出来の良いSPDシューズで普段は何の不満もないのですが、ロングを走ると
足の裏のクリート位置にワンポイントで痛みが出ます。
SHIMANO SH-XC31 copy
右だけです。やはり踏んでいるんですね。
回さなければいけないとわかっているんですが・・・
その痛みが慢性化していて今はシビレが残っています。このままではマズイ。



シマノのシューズはソール剛性が表記されています。
SH-XC31のソール剛性は5。
手っ取り早い改善としては底の硬い靴を履くこと。

xc9-1-373x249.jpg

上位モデルのxc9はソール剛性11、xc7はソール剛性9です。
"オフロードコンペティションの頂点を極めたフットウェア" とあります。
クロカン・シクロ用のレーシングシューズということですね。
お値段も跳ね上がりますが・・・



 Bontrager Foray copy2

BontragerだとCambionかForay あたりかな。




giro-code copy
GIROだとVR90かCODE、GAUGE。



SLに変えれば踏面も広がるし、選択肢もぐっと増えるのですが
ライフスタイルそのものを根本から変えることになりそうで
躊躇しています w











それにしても暖かくなりませんね。
これ書いてる現在3/27ですが、今朝は雹が降ったし成田は雪だってさ・・・

CIMG0003.jpg
9:30 千葉県警前の公園。
小用を足します。冷えすぎw


CIMG0006_20170327095238937.jpg
千葉城→仁戸名→川戸の小川沿いを下って外房有料。


CIMG0012_20170327095239bb8.jpg
体動かさないと寒いのでちょっと頑張ります!


IMG_2783.jpg
久々の周回練コース。
今日はやたらたくさんロードが走っています。
明日は雨らしいんで。


CIMG0018_20170327095241623.jpg
相変わらずのドン亀ですがタイムレコード出ました。
同じ条件下ならカーボンがクロモリより速いのは間違いなさそうです。
あとは走り方だよな〜。


CIMG0024_201703271040155a8.jpg
瀬又へ抜けます。
来週のブルベの折り返し地点です。
あれ? 瀬又といえばサンクスじゃなかったけ?
いつのまにかファミマになってます。厳しい世界ですね・・・


CIMG0027_201703271040178aa.jpg
瀬又から誉田へ。
誉田駅お初です。


IMG_2784.jpg
誉田CoCo壱。唐揚げカレーの2カラ。
最近3カラは少しキツイ・・・でも2カラじゃちょっと物足りない。
今度2.5カラって頼んでみようかな?
これはシートポストやシューズサイズ並みに微妙な問題なのですw





CIMG0029_201703271040170af.jpg
信号待ちしてたら凄いの見た!

CIMG0030.jpg
あわててシャッターを切ります。二台通過しました。

うまく撮れなくて残念!
多分これだと思います。
volvo-a40g → 画像検索
カッコイイなあ!! どこでどんな仕事するんだろ?




z_20170327105200d97.jpg
走行距離 91.7km
獲得標高 1,029m

 → 今日のrelive




IMG_2786.jpg
家族が誕生日ケーキを用意してくれました。
でももうこれ以上ローソク要らない・・・w


嫁にプレゼント何がいいかと聞かれたので、即答で「靴!」








IMG_2796.jpg
そんなこんなで感謝しつつ深夜にポチり、翌々日には届きました。



IMG_2797.jpg
GIRO GAUGE HV SPDシューズ カーボン

日本正規品(保証書付き) 在庫処分50%OFF 

去年モデルかな。いい買い物しました。
靴は巡り合わせですね〜



IMG_2798.jpg
カーボンソール!



IMG_2799.jpg
グレードアップ!
サイズはどちらも43。
長さは同じですがGIROの方がタイト。
やはり日本人の足は幅広甲高なんですね。



クリート取っ替え。
IMG_2800.jpg
通勤に使って馴染ませています。
カッチリした、いいフィーリングです。
サドルと同じく、靴も大事ですね。
人間と自転車をつなぐ感覚的なパーツですから。





2017.3.20 花見川〜利根川〜松虫CAFE



春の花が咲き始めました。



1_20170321111959060.jpg
先週はボロボロなライドをやってしまったので、リハビリ気分です。
9時前にゆったりと出発。



2_2017032111200138e.jpg
しかし今日も結構な風です。
ダラダラと花見川へ。



3_20170321112002038.jpg
ありゃ! もう葉桜だよ!!
第二弾のソメイヨシノを待つしかないか・・・



4_201703211120566e9.jpg
佐倉風車でFさんNさん達と遭遇。
彼らはお子様達をロードエリートに育てている最中です。



5_20170321112003cd3.jpg
特にあてもなく印旛捷水路。
地元を走る安心感。くつろぐ〜



6_201703211120052f0.jpg
追い風になると走る気がします!
向かい風だと、がぜんやる気失います。
それではダメだとわかってるんですが・・・



7_2017032111360248d.jpg
ダラダラと利根川。
堤防を風上へ向けてちょっと走りましたが、途端に不機嫌になりましたw
今の私は向かい風が、トラウマ的に嫌いになってます。



8_20170321113604228.jpg
松虫cafeでクラブハウスサンドとストロングブレンドを。
ハンガーノック寸前で飛び込む牛丼屋もいいものですが、
珈琲香る文化的なランチは、やはり素晴らしい。



9_20170321113605329.jpg
日医大方面へ下ります。



10_20170321113606def.jpg
日本医科大学千葉北総病院へ続く道。
ここから私の夢の通り道が始まります。






印旛の丘陵の中にこんな宝石のようなワインディングロードがあるんです。

11_20170322023920e26.jpg

12_201703220239228da.jpg

13_201703220239232d4.jpg

14_20170322023924357.jpg





15a.jpg
ほんの数キロです。坂も小さいのがちょっとだけ。
でも景色は良いです。



15_20170322023926955.jpg
新しい道を開拓しようと知らない道に入ってみました。
しかしゴルフ場の管理道路のようです。
引き返します。


16_20170322024025b88.jpg
花見川を帰ります。




18_20170322024028223.jpg
走行距離 108.73 km
獲得標高 660 m

やっぱ地元はいいなー。
房総は恵まれているとつくづく思いました。






17_20170322024027c4d.jpg
秋葉原を歩いていて見つけたモノ。
5.5インチ特大サドルバッグ ¥680
単二GENTOS 280ルーメン 14時間点灯 ¥999
電池の心配しながら走るのが大変ストレスだったので。

それにしても安い!
これだから秋葉原はあなどれないのよね〜



2017.3.10 六甲・長峰坂を登ります




西宮に来てロードバイクでやることといえば六甲でしょう。



しかし今日も寒い。風も強い。
この天候の中、標高の高いとこまで行くのはイヤです。
3_20170315085104b47.jpg
山手幹線を西へ。
阪急夙川あたり。



4_20170315085106771.jpg
灘区。六甲のふもと。
バアちゃんや叔父の家があり、私には馴染みのある土地です。



5_20170315085107b0b.jpg
護国神社。ウチから15km。



6_20170315085108128.jpg
この脇にあるのが長峰坂。
六甲屈指の激坂です。

 → 長峰坂|神戸観光|散策|さんぽ




1_20170315095310dc7.jpg
自転車乗りの皆さん、「シャカリキ!」はご存知ですか?
天才漫画家・曽田正人の初期の名作です。( '92〜 全18巻)



坂の町に引っ越して来た小学生・テルは、この町で一番キツイ坂「一番坂」を
自転車で登ることに夢中になります。
のちにテルは日本トップのクライマーにまで成長します。

2_20170315095312136.jpg

作品中には明記されていませんが、この一番坂のモデルは長峰坂ではないかという
ウワサをネット上で度々見かけます。


7_20170315095313439.jpg
見えんこともないかな?

・関西で「坂の町」
・中学校へ続く道
・直線路
と、まあ条件は満たしてますね。
(私は曽田センセは脳内で発想したと思いますけど・・・)



今日は長峰坂にトライします!
7a.jpg
距離 877m
最大標高差 107m

ルートラボ → 長峰坂 護国神社〜長峰霊園






よく知っている道です。相当エグい坂です。
8_20170315105035007.jpg
自転車では初めてです。登りきれるかどうか自信はありません。


9_20170315105037393.jpg
もちろんインナーロー。シッティングとダンシングを織り交ぜます。


10_20170315105038a8b.jpg
かつて阪神のランディ・バースがこの坂沿いの家に住んでいました。


11_20170315105039cbf.jpg
右手は長峰中学校。さぞ足腰の強い子に育つことでしょう。


12_20170315105041d24.jpg
白状しますが、数回蛇行しました! どうしても足着きしたくなかったんだもんw


13_20170315105042986.jpg
最後の坂です!


14_20170315105044ade.jpg
ゴール!!
なんとか足付きなしで登りました!
頂上ゴールは長峰霊園。ゲートもありますw





15_201703151137269c4.jpg
神戸の街を望みます。
絶景ですが、私には子供の頃から馴染みのある景色。



16_20170315113728aa2.jpg
長峰霊園前の辻花店は私の母の実家です。
「ロードバイク」と「一番坂」と「神戸のバアちゃんの家」は
私の心の奥底でリンクしているのです。



17_20170315113729dd2.jpg
お彼岸前でもうすぐ忙しくなりそう。お店番をしているのは叔母です。
チャリでここまで登って来たこと、千葉からチャリで帰って来たことを話すと
ウケてましたw



動画を作ってみました。四倍速です。
[広告] VPS






ふもとに下り、叔父さんの家に顔を出して挨拶をし、帰途につきます。
18_201703151157544ed.jpg
山手幹線に梅。寒いです。
どうも房総の方が暖かいようですね。
まだお彼岸前だしなあ・・・



19_20170315115755b99.jpg
少し寄り道。
阪急甲陽線沿いを北上。



20_201703151157566b0.jpg
ケーキハウス ツマガリ 甲陽園本店。
梅田大丸と神戸大丸にも入っています。

 → ツマガリ

ここは美味しいですよ〜。
お土産に自宅発送。奮発します!
一人で好き勝手に遊んでるので、嫁さんにはうまいモノ食わせないと・・・・




26_201703160206113ba.jpg
走行距離 38.1km
獲得標高 488m

・自転車で帰省する。
・自転車で長峰坂を登る。


この二つは「いつかはやってみたいこと」でした。
散々な内容ですが、とりあえず達成。
満足しました!


 → 今日のrelive







21_201703160206043de.jpg
二泊しました。
実家のわんこ・ダンディー君のお見送り。

22_201703160206061b8.jpg
神戸空港。
スカイマークは輪行に関して色々とお得で、かつ信頼できます。

23_20170316020607c12.jpg
1時間で羽田・・・
別扱いでわざわざ持って来てくれました。
ありがとうございます!!

24_20170316020608a05.jpg
空港バスで稲毛海岸。
楽すぎます。バチあたんねーかな?w


25_20170316020610f42.jpg
散々な旅でしたがノートラブルで予定完了。
NERISSIMOでロングライドに耐えられることがわかりました。
今回のような状況ではクロモリよりオールマイティですね。
信頼度がぐんぐんUPして来ました。





2017.3.8〜9 千葉→西宮 帰省してみました 2




今回のキューシートです。
これをキューシートとは呼ばないか・・・w
2_20170313175643470.jpg
まあ地名さえわかればなんとかなるでしょう。
天下の東海道ですし。(亀山以降は変更しました)



1_20170313175642591.jpg
遠州灘を眺めつつ、風の当たらないところで仮眠をしようと思ったのですが
やはり風が巻いていて眠るどころではありません。
まだ眠気は襲ってこないし、限界まで走るか・・・



3_20170313175645540.jpg
豊橋市役所。
雲がすっ飛んで行きます。こんな強風いつまでも続かないだろうと思ってましたが、
むしろ強まっているようです。もうとっくに諦めの境地です。
ド平坦ですが、この辺りからフロントはインナーメインに変えました。



4_2017031317564717e.jpg
豊橋で道を間違えました。
正規ルートに戻るためのUターン区間だけ追い風になりました。
めっちゃ極楽やん・・・!!



5_2017031317564885a.jpg
池鯉鮒宿(ちりゅうじゅく)は東海道五十三次・39番目の宿場。
とても読めません。
知立(ちりゅう)市の語源なのでしょう。



5a copy
ここを左折すると桶狭間古戦場
行ってみたかった・・・
しかし予定より大幅に遅れてるので先を急ぎます。




名古屋市内。
デニーズで飯を食い、充電もさせてもらいます。
30分くらい眠ってしまいました。スミマセン…
6_20170313184107b53.jpg
しかしここのR1はヒドイ。路肩がほとんどありません。
片側二車線を大型トラック二台が並走しています。
運転も荒くて怖いので歩道を走ります。



2回目の日暮れを迎えてしまいました。
ぐんぐん冷えてきます。
7_201703131841085d7.jpg
18:35 三重県到達。
ポツリと雨が・・・ 勘弁してくれ・・・
慌てて近くのショッピングセンターに逃げ込みます。



スーパーマーケットバロー桑名東店。
ラーメン屋のおばちゃんがご飯をサービスしてくれました。
8_201703131841105b5.jpg
フードコートの隅で1時間ほど寝ました。
しばらく歯を磨いてないので、セットを買って歯磨き。
顔を洗ってゆっくりトイレ、生き返りました。



9_2017031318411109c.jpg
ここには隣接してスポーツデポ桑名店があります。
ウインドブレーカーの下に着込むフリースを一枚買い足しました。


10_20170313184112410.jpg
ここは自転車関連も扱っています。ラッキー!
名古屋市内走行中に、つま先カバーが破れてダメになりました。
寿命ですね。
ビニールテープで止めていたのですが、新しいのに買い換えます。


11_20170313204635674.jpg
寒さ対策にフェイスカバーも買いました。
これはスグレモノ!
吐息でアイウェアが曇りません。



雨はほんの一瞬だったようです。
鈴鹿市到達〜!
12_20170313204637cd2.jpg
予定ルートではこのあと25号・163号へ進み、門真へ降りてくる予定でした。
最短ですが、何もない山道・田舎道を抜けねばなりません。
伊賀ルートです。

1号線東海道へ進むと鈴鹿峠を越えねばなりませんし、距離も伸びますが
琵琶湖に向かうのですぐに市街地になります。
甲賀、湖南、栗東、草津と市が続くのでコンビニも街灯も多いでしょう。
甲賀ルートです。


さてどっちを選ぶか?
一つ心配事があります。モバイルバッテリーです。
街灯のない山道で、ライトの電池が終わるとお手上げです。
ここは安全策で甲賀ルートを選びます。
忍者は伊賀の方が好きなんですけどねw




13_2017031320463848d.jpg
亀山〜鈴鹿峠間だけ風が止みました。
今回の行程中、風が止んだのはこの区間だけ!
風がなければ寒さも緩みます。



14_20170313204640fd7.jpg
00:36 県境。
鈴鹿峠のトップはトンネルなんですね。



甲賀市。
峠を越えるとまた風が出てきました。
下り区間なので猛烈に冷えます。箱根より寒い・・・
そういやこの辺りって寒いトコだったよなあ。
地面が濡れています。
コンビニのおじさんの話ではさっきまで吹雪いてたとのこと。
3月なのに?
吹雪に遭わなかっただけラッキーでした。
15_20170313204641b18.jpg
ひと冬チャリ通勤をやって、寒さ対策はずいぶん練ったつもりだったのですが
この辺りに比べれば、房総の寒さなど可愛いものなのでしょう。
伊賀ルートの方が良かったかな・・・



16_20170313234622256.jpg
瀬田の唐橋。
京都の宇治橋、山崎橋とならんで日本三名橋・日本三大橋の一つ。(wiki)



17_20170313234624e97.jpg
草津〜大津〜京都間も峠越え。
二車線道路でしかも通勤渋滞だったりします。
自転車では避けたい道です。
やっぱり 伊賀ルートの方が良かったかな・・・



18_20170313234625f64.jpg
鴨川。五条大橋。



19_20170313234626fdb.jpg
道に迷いましたが1号線に復帰。
東寺五重塔が見えます。



20_20170313234628a8c.jpg
R1起点日本橋から500キロポスト。
割と普通ですね。



21_20170314015130561.jpg
(関西なので)マクドで朝食。
バーガー2個とコーヒーで300円? マジすか!?



22_20170314015132572.jpg
ゴールまであと50kmくらいです。
強風もこれだけ吹き荒れたんだから、もう気が済んだでしょう。


・・・と思ったけど甘かった!!


最後の最後にスペシャルを用意してくれましたw




23_20170314015133d1e.jpg
ノボリは引きちぎれそうなほど暴れています。
駐輪場の自転車が軒並み倒れています。
信号待ちの自転車のおじさんも強風でよろけています!

24_2017031401513445d.jpg
旗や看板が倒れ、ゴミ袋が吹き飛んでいます。
対面のママチャリのおばちゃんが笑いながら坂を駆け登って来ます!

CIMG0361 copy
淀川を渡ります。
突風で一気に1〜2mフラつきます。
かなり広い歩道ですが、危ないので途中から押し歩きしました。
この風は私がロードバイクに乗り始めてから最強じゃないかな。


25_20170314015136de7.jpg
地元にこのような迎えられ方をするとは・・・
よほど私は普段の行いが悪いのでしょうw




26_201703140328106c9.jpg
江坂あたり。あと13km〜
実家に電話を入れます。


27_20170314032812454.jpg
尼崎を過ぎ、西宮に入ります。
武庫川堤防を下ります。
正面奥には六甲山。


28_201703140328139a9.jpg
実家の前の通りに出ました。
相変わらずノボリが元気です。



29_20170314032814edf.jpg
ただいま〜。

こんなズタボロなライドは初めてです。
ママチャリくらいの速度で600km・・・
何とか走破しましたが、達成感も何もありゃしません。
トータルで50時間以上かかっています。
600ブルベなら40時間超えるとタイムオーバーです。



30_20170314032816bd7.jpg
走行距離 285km
獲得標高 1102m

合計だと
走行距離 610km
獲得標高 2801m


国道1号は到底お勧めできる道ではありません。
信号だらけ、渋滞、排ガス。西へ行くほど荒くなるドライバー。
どこも同じ街の景色・・・
全区間の中で面白いのは箱根と鈴鹿だけ。
こんな言い方をすると山を走れる人のように聞こえますが、そうではなく
都市部の道路状況がひど過ぎるだけです。
キャノボやってる人たちは独自の迂回ルートを開拓しているようですね。



散々な帰省でした。二度とやりたくありません。
しかし一つ、強烈な誘惑が残ってしまいました。



この天候の中、逆ルートを採っていたら・・・?




The answer is blowin' in the wind ♪




2017.3.7〜8 千葉→西宮 帰省してみました 1



めっきり春の陽気です。
花粉症も処方してもらった薬がよく効いています。
仕事ではちょっとまとまった休みが取れました。

ロングに出るなら今しかない!




西宮の実家まで帰省をしてみようと思います。
ざっと600km。
急に思い立ったと言うわけではなく、何度もルートラボやガーミンコネクトで
地図を引いて楽しんでいたのです。
1_20170312104234e09.jpg
おととし走った千葉県一周は520km、去年の直江津一泊往復は700kmでした。
帰省600kmは、余裕を持って走ればムリな距離でもないでしょう。
行ってきます!




2_201703121042341da.jpg
357号をちまちま走って永代橋。
やっぱり14号の方が早いかな。



キャノンボールやる気はないですが、一応日本橋に来てみました。
今回はとにかくノートラブルと省エネ完走を目指します。
3_2017031210423632d.jpg
ジャケット脱いで、時計を見るともう10時!
おかしいな・・・ 40kmに2時間半かかっています。
信号や橋・工事迂回・歩道走行と、357は確かに効率悪いですが・・・
まあいいや、のんびり行こう。



4_20170312104232bd6.jpg
銀座。
信号だらけです。
毎度ですが、どうしようもないね。



5_2017031210423790f.jpg
横浜。
正午近いです。それにしても時間かかり過ぎ。
オレ今日調子悪いのかな・・・?



6_201703121154158cf.jpg
東海道を走ってるなーという感じがします。
保土ヶ谷宿あたり。



7_20170312115419026.jpg
砂混じりの茅ヶ崎〜♪



8_201703121154179a7.jpg
Y'sRoad茅ヶ崎店。立派なお店ですね。



9_201703121154200fb.jpg
14:00 お昼にします。
しらすのかき揚げ、サイコーでした!

 食べログ → 磯っぺ


店を出るとズラリと並んだノボリが強い西風にはためいています。
このスローペースの原因は、やっぱり向かい風か・・・



10_20170312115417168.jpg
酒匂川を渡っています。
そろそろ箱根のお出迎え。



11_201703121338261d3.jpg
箱根湯本。
実は自転車で来るのは初めて。
もう夕方だけど さあ登るぜコンチクショオ!!




12_20170312133828bcf.jpg
横を箱根登山鉄道が走っています。
クルマも多いので神経使います。
しかし風つええ・・・ 進みません!




13_201703121338283d2.jpg
箱根ホテル小涌園。
子供が小さい頃、泊まりに来たことがあります。



国道1号ルートはここがピーク。
風には参りましたが、割とあっさり登れました。
帰って来てから調べたのですが、旧道はこっちとは別格に厳しいらしいですね。
そうだろうな〜w
14_20170312133830491.jpg
下りに備えてジャケットを着込みます。
足を止めた途端、猛烈な寒気に襲われました。
標高、汗、寒風。
ここにいてはマズイ・・・ 速攻で山を降りなければ!!



汗でグショ濡れのグローブが氷のように指先の体温を奪います。
感覚のない指でブレーキを必死で握り、なんとか芦ノ湖まで。
湖畔も猛烈な寒風が吹き付けて来ます。
15_20170312133832cd4.jpg
指がかじかんでヘルメットのバックルが外せません。
とりあえずコンビニの中へ逃げ込みます。
HOT缶コーヒーで生き返ります。
防寒用にマスクとカイロを買い、サドルバッグから真冬用のグローブを出します。


しかし・・・ ため息・・・
全然楽しくない・・・ 何だかえらく辛いです。
気象情報で西風とは知ってましたが、ここまでとは・・・
今日から冷えるとは聞いてましたが、ここまでとは・・・





16_20170312162011a75.jpg
三島の街が見えて来ました。
とりあえずあそこまで下りれば、この寒さからは逃れられるでしょう。



17_20170312162014c46.jpg
22時。
トイレ休憩。


18_2017031216201576a.jpg
風で進まないのか?
いえ、それだけではありません。
もう一つの理由は、風に立ち向かおうという姿勢が全くないこと w



19_20170312162013d4d.jpg
こんなヤツが深夜に一人、東海道を走っています。



20_201703121620174ee.jpg
富士山がうっすら写っています。
わかるかな?



21_201703122002119d1.jpg
大井川。
橋の上は猛烈に冷えます。
路面凍結の危険もあるので慎重に。



22_20170312200213aa0.jpg
大井川を超えると峠越え。
後が冷えて辛いので、汗をかかないように登ります。



23_20170312200213e45.jpg
4:20 浜松市に入りました。
吉野家で牛すき鍋膳。
暖まる〜


24_2017031220021527f.jpg
6:30 浜名湖で日の出。
日が昇ると暖かくなるのが実感できます。



25_2017031220021678b.jpg
走行距離 325km
獲得標高 1699m

浜名湖でざっと半分。
23時間かかっています。
300ブルベなら16〜17時間あれば走れるのに何で・・・?


まずは風!
スタート地点へ帰って来るブルベなら、半分は追い風になります。
今回のルートはずっと西向き。風はずっと西風強風・・・拷問です

そして信号! 
1号線はほとんどが町走りです。
たまに郊外や山道もありますが、基本は市街地です。
信号停止・発進の無限ループ。これも拷問です
1号線をただただ西へ向けて走るというのは、全く面白いルートではありません。


我々は主催者の方が作ってくださったブルベコースを、安易に「しんどい」だの
「イジワルだ」などと言いますが、あれはとても快適に作られているんですね。





2017.3.4 ケミカル的グレードアップ



今年は花粉症がキツイです。
鼻炎・目のかゆみは毎年ですが、とうとう今年は咳まで出始めました。
耳鼻科で薬を処方してもらい、おとなしくしています。



さて。
本腰を入れてチューブレスタイヤの対処です。
IMG_2566.jpg
リアにはIRCチューブレス専用パンク修理剤 FAST RESPAWNを充填したまま。
これは応急手当用で、そのままシーラントの代わりにはならないようです。



充填時は泡状でしたが、今は液化していました。
IMG_2568.jpg IMG_2570.jpg
タイヤには特に異常は見つかりません。
FAST RESPAWN入れた時にリムの脇から少し泡が出たので
おそらくビード部分からのエア漏れでしょう。



IMG_2575.jpg
フロントタイヤもぱっと見、異常はありませんが
タイヤの内側にレバーの削れカスが残っています。
ブルベ中にチューブを入れた処置の時のものでしょう。
こんなゴミを噛んだらエア漏れ確実ですね。



IMG_2600.jpg
とにかく表も裏も徹底的に洗います!


IMG_2580.jpg 
ビードからのエア漏れなら、こいつが有効なハズ。
シーラントを注入します。初体験です。



IMG_2590.jpg
ビードあげるのにひと苦労しましたが、とりあえず出来上がり。
二日経ってもエア漏れの兆候はありません。
これでひと安心・・・かな?




本日もう一つのケミカルネタ。
IMG_2587.jpg
WAKO'Sの新作、チェーンルブ リキッド エクストリーム。
シーラント買いに行った折、GIROさんに強くお勧めされたチェーンオイルです。


IMG_2586.jpg 
ラスペネで汚れ落としします。(WAKO'Sさん推奨)
でも奥の方まではキレイになりません。
汚れや今までのオイルが残っていてはいけないようなので、
徹底してキレイにします。

こちらにとても良い説明記事があります。→ cyclecube


IMG_2582.jpg
オレンジピール、マジックリン、最後は水洗い。


IMG_2585.jpg
気持ちよく脱脂できました。
ドライヤーで水分を飛ばします。
ひとコマ2滴。
6時間放置で拭き取り、完了!



IMG_2592.jpg
ひと冬を通勤チャリとして過ごしたパナも大掃除します。



IMG_2593.jpg
コレ使ってチェーンの掃除するの、結構好きですw


IMG_2594.jpg
こちらは引き続き、Vipros・muonで。
これから比較して行きましょう。





CIMG0006.jpg
さて3月です。
GIRO朝練開始です。


[広告] VPS



IMG_2596.jpg
お疲れさんしたー!
しかしdedacciai nerissimo、まあ誰ともカブりませんw



   今日の relive








ところが家に帰るとフロントがリアより少し柔らかい・・・!!
IMG_2598.jpg
白いポッチがあります。2mmくらい。
異物かと思い爪先で掘り返そうとするとプシューッ!!

おお、シーラントが仕事してたのか!



IMG_2599.jpg
シーラントが良い仕事をしてくれるのはわかりましたが
爪先でいじって剥がれるようでは、シーラントの手に負えない損傷です。
走行中もこれを繰り返していたのかも知れません。



この傷が今日ついたのか、ブルベの時のものなのかわかりませんが
いずれにせよちゃんとした補修が必要です。
チューブレス用パッチを買ってきました。
IMG_2603.jpg
プラハンで叩いて圧着、シーラント入れて完了〜。
とにかく新しい機材は、いじくりまわして慣れることですね。



IMG_2604.jpg
ついでに若干長かったコラムもカット。
車体や機材がじわじわと自分に馴染んでくるようです。



CIMG0226_2017030615515501b.jpg



全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
149位
アクセスランキングを見る>>