fc2ブログ

2018.1.21 銘酒探訪 勝浦・腰古井(こしごい)



SRメダル。
1/10に届きました。
IMG_3876.jpg
他のメダルとは違い西暦が入っています。
毎年取るように!とのAudax様からのお達し?w



IMG_3884.jpg
MAVICホイールはフリーの動きが渋いです。もともとそういう作りだそうです。
しかしここのところ気になるレベルまで悪化・・・足を止めるとチェーン上段は弛んで音を立てるし、タイミング悪いとチェーン落ちしてしまいます。
ググるとメンテ情報が山ほどヒットするので、それらを参考に作業します。


IMG_3888.jpg
作りはシンプル。バラすのも容易です。
まめにメンテしてね、ということですね。


IMG_3889.jpg
クリーンアップ、注油で完了。
それでも空転させるとクランク回っちゃいますけど・・・
動き自体は軽くなったようです。




さて今日は、去年の暮れに入手し損ねた 銘酒 腰古井を求めて勝浦へ。
CIMG0004_20180121101823c6b.jpg
昨夜までの天気予報は曇りのち晴れ。
今朝見てみると7-8時のみ小雨。正午からは晴れマーク。
7:30スタートを8:00に変更。カッパは不要と判断。
ダウンジャケットとバーミッツハンドルカバーで出かけます。



メンテの成果は上々。
ラチェット音が小さくなり寂しいくらいです。
雨は霧雨が続いています。
IMG_3911.jpg
うぐいすラインを走り終わるとビックリ!
原田セブンがありません!!
改装休業ではなく建物自体がありません。ショベルカーが地面を掘り返しています。
ここのセブンイレブンなくなったら困るなあ、業績不振とは思えないしなあ・・・
周囲をウロウロすると2/28リニューアルオープンの看板。
良かった、やはりここは重要戦略拠点だったんですね。
リニューアルが楽しみです。サイクリスト御用達特化してくれないかな?



CIMG0010_20180121140205f08.jpg
さらに南下して田淵会館前。チバニアン入り口です。
チバニアンの看板と警備員まで立っています。有名になったもんだw
バス停には御一行様、近くには臨時駐車場も。



CIMG0021_20180121140207a3d.jpg
177号を走りたかったのですがうっかり粟又の滝ルート(178号)へ。
まあいいや、この天気だとどこ走っても楽しくないし。



IMG_3915.jpg
勝浦なのでタンタン麺。
飯食ってる間に雨が上がることを祈ります。
スマホで現在位置の天気予報見ると、今ここは晴れだと!?
このアプリは帰ったら速攻削除だな!



CIMG0025_201801211402085e4.jpg
目的地着。
今日は中のショップが開いているのを確認済みです。
ひと月前は定休日に来てしまいました。

 →  2017.12.17 ちょいと勝浦までお使いに



IMG_3921.jpg
いい佇まいです。
造り酒屋にはレンガ煙突が定番なのかな。
さだまさしも歌ってるし。



IMG_3919.jpg
お店はこちら。

 HP →  吉野酒造株式会社 腰古井



IMG_3927.jpg
せっかく蔵元まで来たのですから大吟醸にしましょう。
腰古井 純米大吟醸 720ml × 2
さすがに一升瓶背負って帰るのは辛いのでw



CIMG0027_20180121175620e1d.jpg
千葉では腰古井の看板はちょくちょく見かけます。
勝浦周辺だと特によく出くわします。



CIMG0029 copy
鵜原からかんぽの宿へ向けて登り。
720ml × 2 なら大したことはないだろうと思ったのですが、瓶の重さを考えてなかった! 帰って計ったら一本1.3kgありました。2.6kgの荷を詰めたリュック背負って坂登るのは結構ツラい。肩も凝ります。



CIMG0053.jpg
大多喜街道はよく知ってるので脇道にそれてみます。
ここはどこ? 初めての道です。



CIMG0048_20180121175621fdc.jpg
梅一輪もよく見る看板ですね。九十九里のお酒です。
千葉の酒蔵巡りも楽しそう。



CIMG0059_20180121191123a8a.jpg
秋元牧場上って長柄下ってるうちに雨も上がりました。
予報から7時間遅れでな!



IMG_3925.jpg
草刈房の駅で一休み。



IMG_3928.jpg
「今年は雨の日は走らない」という誓いは早くも崩れ落ちましたw
しかしユニクロのウルトラライトダウンは防水ではないにも関わらず、私の持ってるダメな方のレインジャケットよりずっと防水してくれます。



ワクワクしながら帰宅♪
IMG_3929.jpg
美味い!
そもそも私は酒弱いし量も飲めませんが、最近は日本酒が一番美味いと感じるようになってきました。
世界に誇る日本文化だと思います。
自走で酒蔵まで行って買い求め背負って帰ってくるという行為が、プラシーボ酵母の香りを更に熟成させているのでしょうw



z_20180122003320b45.jpg
走行距離 157.8km
獲得標高 1.575m
ガーミンの高度計がおかしい・・・Edge520J 酔ってんじゃないか?



天気はハズレでしたが新しい楽しみを見つけたような気がします。
不動 甲子 梅一輪・・・
千葉にもたくさんの酒蔵がありますからね。






2018.1.4 初走りは筑波山・ユースホステル跡




明けましておめでとう御座います。
もう4日ですが走り初め。
今日は筑波山に新年のお参りに。



IMG_3854.jpg
7:00出発。一月の山ですからフル防寒で。
NORTH FACEのインナーユニクロのウルトラライトダウン。
BAR MITTS ドロップハンドルカバーは見た目はダサいけど、最近買った物の中ではダントツの優れモノです。



CIMG0176_20180105143939549.jpg
花見川ロード。空気が澄んでいます。
結構な向かい風ですが、防寒装備のおかげで寒さは感じません。
とにかく寒いのはイヤです。
私のライドでは、快適性は全てに優先するのです。



IMG_3856.jpg
9:00 手賀沼。道の駅 しょうなん。
寒さも緩み始めました。ダウンを脱ぎ、薄手のジャケットに替えます。
ウールの手袋も汗ばんできたのでポケットへ。



CIMG0249.jpg
私の場合、冬ライドで一番の問題はグローブでした。
しっかりした防寒グローブは暖かいので、ちょっと頑張れば汗ぐっしょり。
脱着は面倒だし、スマホもサイコンもいじれません。
しかもそのまま濡れたグローブで走れば、指先は猛烈に冷えてかじかみます。
ブレーキ、シフトの操作にも悪影響が出ます。
BAR MITTS ハンドルカバーはそれを一気に解決してくれました。
ロードバイクの寒さ対策のキモは防風だと思います。



CIMG0185_20180105143940228.jpg
利根川渡りまーす。



CIMG0187_20180105143941211.jpg
取手の小さな丘を抜けて、小貝川の広がる一瞬の景色。
好きなポイントです。



CIMG0191_20180105163334985.jpg
不動院(つくばみらい市・板橋)は参拝渋滞。
この辺りで手袋を落としたことに気づきました!
気に入ってたのになぁー。日が暮れたら冷えるかも知れません。
コンビニで軍手を買います。ついでにホット缶コーヒーと菓子パンで軽く補給。



CIMG0213_20180105163337393.jpg
筑波山の西側を北上します。この辺りは石材屋さんが多いです。
これなんか自分の墓石にしたいな。



CIMG0207.jpg
今日は不動峠や大鳥居ルートではなく、西側から筑波山北面にあるユースホステル跡という場所を目指します。

  →  ユースホステル跡



af.jpg
ユースホステル跡は現状は駐車場のみ。
つつじヶ丘より標高があり、北面登山道入り口になります。
筑波山舗装路で自動車またはロードバイクで登れる最高地点だそうです。
これは是非行ってみなければ。



スタートです。
CIMG0225.jpg
いきなり結構なお出迎え。



CIMG0227 copy
ずーっとこのまま。緩む気配はありません。



CIMG0228_20180105203241939.jpg
ひぃはぁ・・・💦
歓迎は嬉しいです。
あまり余裕ないけどw



CIMG0232_20180105203243d67.jpg
北西を望みます。
桜川市、その向こうは筑西市かな。



CIMG0236.jpg
・・・ちっとは休ませてくれーい。



CIMG0241.jpg
こんちは〜。初めて人と出くわしました。
すれ違ったのは登山客数人、クルマ2台、ロードバイクは1台のみ。
南側の筑波山神社参道は大賑わいのはずなので、やっぱりこちらはマイナー道なのでしょう。



CIMG0248_2018010523525636e.jpg
気温は下がってるはずですが汗ダクです。
風返し峠へ東から登る十三塚のような無茶な激坂ではありませんが、何しろ休ませてくれません。九十九折で前面が開ける度に次の坂が待ち構えています。
心を折りにくるルートです。



CIMG0253.jpg
凍結区間。しかも坂!
踏めないのでここだけは押し歩き。
ちなみに私が着込んでいるインナーの「 North Face」山の北面を意味します。
もっとも寒く、もっとも征服が困難なルートのこと。



CIMG0256_201801052353009eb.jpg
男の川橋
筑波山は頂が2つある双峰の山。
東側が女体山(標高877m)、西側が男体山(標高871m)
男体山から流れる川を男の川(おのかわ)と呼びます。
女体山から流れる川は女の川(めのかわ)。
下流で合流して男女の川(みなのがわ)になるそうです。

ちなみに筑波山神社のご利益は・・・
・縁結び・恋愛成就・子授け・子育て開運・夫婦円満 etc.



CIMG0258.jpg
コンクリ道のお出迎え〜w  しかも荒い!
4.3kmで435mまで一気登り・・・
このあと平地で一息つけますが、終盤にかけてまた斜度が上がります。



CIMG0260 copy
正面の枝に大きな鳥が舞い降りてきました。
何だろう? ただならぬ気配を感じます。



CIMG0260 2 copy
フクロウだ!



CIMG0261 copy
私に気がついたのか、飛び立ちました。さようなら〜
あの大きさだと何だかありがたい山の神に会ったような気がします。



CIMG0266.jpg
あと少しのハズ〜
いちおう舗装路なのですが、砂利浮いてるしアスファルト割れてるし剥がれてるし、相当な悪路です。



CIMG0267.jpg
ゴール〜!!
何もない〜
 w



IMG_3860.jpg
かなり必死で登ったのに何もご褒美がありません。景色もこんな感じ。
ロープウェイつつじヶ丘駅は標高540m。
ユースホステル跡地は標高555m。
こっちのが少し高いけど、つつじヶ丘の賑やかさが羨ましい・・・

RIMG0045 copy
↑つつじヶ丘



ちょっとルート検証・・・
もちろん縮尺は同じです。
s_20180106172614399.jpg
上が・真壁町酒寄〜ユースホステル跡 ルート
下が・北条大池〜不動峠〜風返し峠〜つつじヶ丘 ルート
なるほど、こりゃキビシイわけだ。



ssf.jpg
このあとぐるっと回ってつつじヶ丘経由で下る予定だったのですが・・・



CIMG0271_201801061643049dc.jpg
山の北面を東へ進むルートはオフロード!
これは諦めましょう。下調べ不足です。



CIMG0273.jpg
ダウンヒル開始です。ダウンジャケットを着込みます。
凍結怖いのでゆっくり下ります。
BAR MITTS ハンドルカバーの欠点は下ハン握れないことですね。
疲れるけど指が凍えるよりはいいかな。



IMG_3862.jpg
下りてきました。
筑波山は本当に面白いし、味わい深い名山です。
この山がもう少し近くにあればなあ・・・



CIMG0287.jpg
帰り道。なかなか美しい川。
帰宅してから調べたら、これが桜川でした。
男女の川も桜川に流れ込むようです。



CIMG0299.jpg
帰りは追い風で楽チンです。
研究学園駅入口交差点から見る筑波山。
山が見える街っていいなあ。



IMG_3865.jpg
3時過ぎにランチ。
CoCo壱でハンバーグカレーの3カラを。
最近3カラきつい・・・w



CIMG0306.jpg
BAR MITTSと軍手でまったく寒くはないのですが、行きに落とした手袋落ちてないかなーと反対車線をチラチラ見ながら帰ります。
まあ見つかりゃしないだろうな・・・



IMG_3866.jpg
・・・と思っていたら 何と発見!
これは霊験あらたかな筑波山のご褒美でしょう!!




CIMG0307.jpg
今年はおみくじ引いてないですが 失せ物現わる
大変いい気分で復路を走り、手賀沼あたり。
日が暮れましたが防寒装備のおかげでまったく寒さは感じません。
凍結さえなければ、この装備で冬ロングも行けるかな。



sh.jpg
走行距離 201.8km
獲得標高 1,445m


 今日の →  Relive



面白いルートでしたがお勧めするには道が悪すぎですね。
景色もあまり見れないし・・・
寒さ対策の実地検証は上々でした♪





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
149位
アクセスランキングを見る>>