fc2ブログ

2019.8.12〜 Battaglinが来た 2 




自転車に乗る間も無く夏がどんどん過ぎてゆきます・・・
イベントのお誘いもみんなパス。申し訳ございません。

IMG_6138.jpg
ダウンチューブのロゴははらはらと剥がれ落ちました。
今年の夏の日めくりのように・・・




IMG_6141.jpg IMG_6142.jpg
さて。
何とか時間を作って、少しフレームをいじってみます。
ヘッドセットは新調するつもりなので叩き出しました。
ボルト類も全部抜きます。


IMG_6144.jpg IMG_6149.jpg
一度塗装を全部剥がさないと、サビがどのくらい進んでいるかわかりません。
貫通などしてないとは思いますが、一応確認しとかないと怖いので。
塗料剥がし剤には塩素系のキツいのがありますが、今回使うのは近くのホームセンターで買った比較的マイルドなヤツです。効き目が弱いかなーと思いましたが、塗って4〜5分経つとだんだん塗料が緩んで来ました。
スクレーパーでサクサク剥がします。


IMG_6146.jpg IMG_6147.jpg
ざっと剥がしてこんな感じ。
結構根の深いサビもありそうです。
今日はここまで。





一週間後。
この後はインパクトドライバー+カップワイヤーブラシで。
IMG_6167.jpg IMG_6169.jpg
サビ落とすのは結構な重労働です。
それでもクロモリ磨いてキレイになってゆく様はなかなか快感です。
サビはこの時点で無くなりました。


入り組んだところは歯ブラシ型の金ブラシの出番です。
手でやった方が早い箇所も多いです。
IMG_6171.jpg
あっという間にこの有様。
フレーム軽量化してんじゃないかな?



何週間かかけてここまで来ました。
(時間的には丸一日あればここまで出来そうですが)
IMG_6175.jpg
黒ずんでるのは酸化が始まってるからだと思います。
クロモリは素で放置するとたちまち酸化が始まります。
サビ落とし剤やコンパウンドで磨く段階まで進めば大丈夫でしょう。

さあ、どんな色で仕上げようかな。
まだまだ遠い道のりですが。








夕方からフラリとご近所走り。
家に籠ってばかりじゃ腐ってしまいます。
IMG_6178.jpg
レーパンも履かず普段着のまま。
シューズだけ履いて稲毛海岸。


IMG_6179.jpg
ホームコースの花見川ロードへ。


IMG_6180.jpg
佐倉風車まで。


IMG_6185.jpg
ところどころCRから外れた道を使います。
路面もいいし貸切なので快適です。


IMG_6186.jpg
18:48。日が短くなりましたね。


55_20190825005049ba5.jpg

走行距離 66.52km

平地だけなのにヤケに疲れました。やばいなー。
秋にあと2回、600ブルベのチャンスがあるのですが・・・
この調子じゃとても完走できる気がしません。


・・・仕事しよ。









2019.7.25〜 Battaglinが来た 1



今年はもうずーっと仕事が忙しく、しかもスランプで・・・
とにかく自転車に乗れません。


「自転車に乗れない」「自転車に乗れない!」「自転車に乗れない!!」

吉高由里子が銀行に行けないのといい勝負です。
スランプで脳が弱ってるのでやることがおかしくなっています。




ででん!
IMG_6111.jpg
ヤフオクでポチってしまいました。
何が届いた!?



ミポリン? ゆうこりん?
IMG_6120.jpg
いや、バッタリンだ!


ジョヴァンニ・バッタリンwiki



カレラチームの80年代後期のカラーだそうです。
IMG_6115.jpg
クロモリフレーム。スレッドステムのメッキクロモリフォーク。
エンドはアジャストボルトのロードエンド。


・・・よりによってまた妙なモノに手を出したな!



いやいや。このバイクの戦績はスゴイのです。

ステファン・ロシュ → wiki
ロベルト・ヴィセンティーニ → wiki
 ・・・etc

レースシーンに疎い私ですが、バッタリンが只者ではないことはわかります。




そもそも私がバッタリンに魅せられたのはこのフレームを見てから。

battaglin.jpg
esrt.jpg

世界限定65本 バッタリンアニバーサリーモデル「Collezione Speciale」
→ battaglin.co

美しいな〜。ラグってのもいいもんだな〜。(パナもラグ組みですが)
しかしこんな美術品のようなフレームは私には縁のない世界です。
お値段もとんでもないし。








ところで何でまた今頃クロモリフレームを?





実はひそかにもてぎ600DNFが後を引いています。



現在の私のメインのバイクは Dedacciai STRADA NERISSIMO

11063777-1421773892-4644382 copy


この数年を振り返ると・・・

・400km以内の山坂イベントなら断然カーボンのDedaの方が走れる。
・しかし400越えるとたびたび脚が売り切れます。
・ブルベ終盤の坂で押し歩くこと数回。

NERISSIMOはオールマイティを謳ってますがエントリーグレードです。
もっとよく走るカーボンフレームとは、これより硬いということです。
今後私がカーボンフレームをグレードアップしても、脚が早く終わるだけでしょう。
うう・・・




ではパナは?
Panasonic FRC18があるじゃないか。
orc18 copy

・クロモリのパナだと600ブルベの終盤でまだ脚が残ってる。
・しかも自走で出走・帰宅 w
・でもアベレージ遅い、坂ダルい。




それならより硬い、よりレーシーなクロモリバイクだとどうなるのでしょう?



例えば有名どころの
コルナゴ MASTER X-LIGHT とか
デローザ ネオプリマート とか
チネリ スーパーコルサ とか

8_2019081809245816e.jpg


硬い作りでカリカリ走り、かつ素材特性で脚を守ってくれるのでしょうか?
そんな美味しい話があるわけないよなぁ・・・
しかし名車と呼ばれるクロモリフレームはそこんとこ神がかってたりして・・・
うーむ・・・




いやいやいや。
お試しで入手できるお値段じゃないし。









そんなこんなでネットサーフィンをチラチラ・・・
ヤフオクでBattaglinを見つけました。
しばらくの間ウォッチしてたのですが、なかなか買い手がつかないようです。
でもこいつは生粋のクロモリレーサーです。


うーん・・・
今後サイズの合うBattaglinに格安で出会うこともないでしょう。
出品者さんが値を下げて再出品されたので入札。
誰も競ってきませんでした w


IMG_6117.jpg IMG_6124.jpg
IMG_6123.jpg IMG_61182.jpg
なかなかの年季です。
完全にサビ落とすには塗装を全部剥がすことになりそうです。
しばらくゆっくり楽しみましょう。



バナと並べるとこんな感じ。
イメージがダブります。
IMG_6134.jpg




この後、色々教えを乞いにGIROさんまで行こうとフレームを肩にかけて14号の歩道を歩いてたら、パトカーが止まって職務質問されました w











全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>