fc2ブログ

2020.8.24 谷津道を巡ります (八千代・船橋)



ローソン 千葉横戸町店
IMG_8181.jpg
花見川CRのオフロード区間回避でいつも通る地点です。
今回はこの辺りからがスタートです。



前回から谷津道にハマっています。
今日はこちらのルートを使わせて頂こうかな。
a_2020082609474136b.jpg
「スピード狂の自作マニア」さん
 → 勝手に選んだ下総台地の快適谷津道ルート30選
 → 快適谷津道(手賀沼・印旛沼界隈)



IMG_8182.jpg
ローソンからちょっと北へ行くと分かれ道。
今まで気にしたこともなかったし、入ってみようなんて思いもしませんでした。


IMG_8183.jpg
お墓の脇を抜け、少し進むと16号。渡ったあと振り返った景色です。
ここは信号があるので迂回せずにすみます。
こんな細く目立たない道に主要幹線の16号を止める信号が設置されてるんですね。
そういうのも道の成り立ちを知るひとつの手がかりかもしれません。


IMG_8184.jpg
16号超えて東へほんの数百m・・・
え?



IMG_8185.jpg
もう谷津道が始まりました!


頭の中で地図を思い浮かべます。
千葉北インターの北・・・犢橋よりちょい北・・・勝田台より南・・・
そのあたりは市街地か住宅地のはず・・・と思い込んでました。
IMG_8187.jpg
こんな近くにこんな場所があったなんて!!
今まで何も探索せず、ただ知ってる道だけを繰り返し走ってたということですね。


IMG_8188.jpg
しばらく行くとお洒落なオブジェ。
み春野ニュータウン入り口。


IMG_8189.jpg
花見川区にこんなオシャレな一画が!!
知らないことだらけです。


j_202008262144124c7.jpg
この勝田川沿いの谷津道はいったん終わり。
東関道沿いをちょっと進めば手繰川の谷津道が始まります。


IMG_8194.jpg
ここはもうココロのフルサト。


IMG_8196.jpg
川の東岸を進むと佐倉風車の方に行っちゃいます。
西岸の道はユーカリが丘の北側を回って八千代方面へ伸びています。


IMG_8197.jpg
ゴルフ練習場の向こうにはラベンダー畑。
 → 2020.6.7 ラベンダー & 佐倉探索


IMG_8202.jpg
再び16号渡って花見川渡ります。
いや、ここらの名称は新川か・・・
よく地図を見ると新川が花見川と勝田川に分流してるんですね。


IMG_8203.jpg
房総ど真ん中みたいな景色ですが八千代市です。
船橋市に向かって走っています。


IMG_8205.jpg
桑納川。


IMG_8208.jpg
この景色が大変好きです。 何故かわかりません。
子供の頃の記憶に、無意識のうちに触れるのでしょうか。


k_202008310815095fd.jpg
このコースの折り返し地点です。


IMG_8209.jpg
やがて谷津の川は途切れ、今は公園になっています。
町の成り立ちを垣間見た気がします。


IMG_8211.jpg
復路は反対側を。


IMG_8212.jpg
こんな区間もあります。


IMG_8214.jpg
16:25 日が短くなってきました。
暑さはまだまだ容赦ありません。


IMG_8215.jpg
この看板好きw


IMG_8216.jpg
再び新川を渡り花見川CRに戻ります。


コーススタート地点のローソン千葉横戸町店に戻りました。
IMG_8218.jpg
ソーセージパンとノンアルコールビール。
ノンアルでもビールっぽい味がすると、お疲れサマ感が全身に染み渡りますw
ケツに根が生える前に動きましょう。


z_2020083119010843e.jpg
68kmの谷津道ポタ。
勝田川〜手繰川〜小竹川〜桑納川・・・というコースでした。

私の場合、日常的に都市部・幹線道路・信号を苦痛に感じるわけで、そこを脱出するのが最初のステップです。
近所の道から見直そうと思います。
まずGoogle MAPで地図から航空写真に切り替えて見るとこから始めましょうか。





2020.8.18 谷津道を巡ります (都川・土気・鹿島川)



前回、虹庵さんへ行くのに通った道。
田んぼと森の境界の農道です。

車も人も少ないし、景色も素晴らしい。
日陰も多くて夏場には助かります。
P8120193.jpg
こういう道のこと、何て言ったっけ?
呼び方さえ思い出せれば検索して、もっと探し出せそうだけどなあ・・・


FBでの会話の中でふと提示してもらった言葉。
「谷津道」

そうだ、谷津道だ!!
P8120197.jpg
まあ何となく言葉のイメージはわかるのですが、ちゃんとした定義は知りません。
調べていくうちに似た名称が複数あることがわかりました。


谷戸(やと)とは、丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形である。
谷(や、やと)・谷津(やつ)・谷地、萢(やち)・谷那(やな)などとも呼ばれ、
主に東日本(関東地方・東北地方)の丘陵地で多く見られる。

これらの表記および読みは地域により分布に差が見られ、同様の地形を表す際にも、
千葉県などでは「谷津」(やつ)を、神奈川県および東京都多摩地域では「谷戸」(やと)、東北地方では「谷地」(やち)を使っている場合が多い。

 (wikiより抜粋)


なるほど。谷津というのは下総地方の言い回しのようです。
丘陵地の谷に作られた田んぼが谷津田
その谷津田を管理する農道が谷津道でしょうか。



名称がわかったので、谷津道で検索すると宝の山がザクザクと!


例えばこのようなマップが見つかりました。
市原・東金界隈の谷津道を繋いだものだそうです。
v_202008230054511ec.jpg
「スピード狂の自作マニア」さんのブログです。
 
 → スピード狂の自作マニア

房総の谷津道を網羅されています。すごい方です。
あと房総酒蔵マップも作ってくれています。
有り難いありがたい。頼りにします!




上の地図のルートを繋いだものを作成してガーミンにブチ込みます。
バッタリンは諸事情でお休み。久々にパナでお出かけ。
P8180007.jpg
昼過ぎです。暑いアツイ・・・


P8180010.jpg
ここはまだ稲毛区の住宅地ですが、左が水路・右が小高い森になっています。
かつては谷津だったのかも知れません。


ルートのスタート地点にたどり着く前に出くわした近所の激坂w
P8180013.jpg
35.642611, 140.109124

全く意味はありませんが久々に前通ったし、ちょっと登っときましょう。
P8180014.jpg
非常識な坂ですが一瞬なので何とかなります。
下りるのが怖いので回り道して下ります。


千葉県総合スポーツセンター脇を抜け、しばらくは住宅地の抜け道を進みます。
P8180026.jpg
みつわ台、小倉台を過ぎたあたりからそれらしい景色が始まります。


sda.jpg
こういう配置がマップから谷津道を探し出すヒントになるのでしょう。


P8180027.jpg
ここは谷津道から少し外れた一般道ですが、初めて通る道でした!
こういうお宝のような道を今まで知らなかったなんて勿体ないことです・・・
35.609875, 140.185471
 → ・・・からの素晴らしい景色


P8180034.jpg
再び谷津道に戻ります。
貸し切りです!


P8180035.jpg
延々と続きますが飽きません。
ワインディングがいいですね。


P8180041.jpg
泉自然公園への案内板。
この道はサイクリングコースにもなっています。


P8180045.jpg
泉自然公園へちょっと寄り道。


P8180047.jpg
おお、アンクルベアーさん!
やっと知ってる道に出ました。ここまでほとんど知らない道ばかり。
とても新鮮な往路です。
このあと誉田、昭和の森方面へ向かいます。


P8180048.jpg
水と緑。田んぼと山。
そこに自転車と私。それだけ。


P8180051.jpg
たまに幹線道路に出くわしますが、全て横断してしまいます。


P8180053.jpg
小山谷津の保全協定看板。


P8180059.jpg
ほぼ折り返し地点かな。


P8180062.jpg
飛ばすもゆっくり走るも自由自在。
何しろ誰もいないんですから!
これだけ貸し切りコースを堪能したのは初めてじゃないかな。


P8180063.jpg
一直線で縦横の農道は谷津道じゃないんですね。
田んぼに張り出した、曲がりくねった森の脇道が谷津道だと思います。
川沿いのサイクリングロードみたいなのは、谷津道と呼べるのかよくわかりません。


IMG_8165.jpeg
畑のど真ん中。パノラマで。


P8180077.jpg
丘陵を水が削り、その水を頼りに人々が開墾し、田畑を作った。
山の際まで平地を広げ、そこに里を作った。
100年単位の人の営みに胸が熱くなります。


IMG_8166.jpg
日が短くなってきました。
まだまだ暑いけど。


IMG_8167.jpg
いつものお土産。



x_20200823181308f6d.jpg
走行距離 93km
獲得標高 819m
昼からのちょこっとライドでしたが密度の高いルートでした。
車と並走しないで済む快適性は何ものにも変えられません。
谷津道のような環境は各県にあると思いますが、それを繋げて遠くまでルートを伸ばせるのは房総の強みじゃないかな。




IMG_8168.jpg
帰ってすぐこれを飲みました。
ノンアルのBeer。
脱水状態で飲んでも安心ですからね。酔わないしw
でも味は昔よりずいぶんグレードアップしたと思いますよ!




2020.8.12 佐倉で虹庵さんのすだち蕎麦!



ちょっと前の夕方ライド。
千葉北インターチェンジの歩道橋。
1_20200813115906e51.jpg
この歩道橋はデカく繋がっていて、どっち方面へも下りられます。
便利かな?と思って上りましたが、やっぱり信号待った方が効率いいです。
しかし宮野木といい北千葉といいインターってのは面倒臭いなぁ・・


2_20200813115907b45.jpg
四街道ICの手前、手繰川沿いの農道です。
たまに抜け道として使ってました。


3_2020081311590935f.jpg
川沿いに田んぼ、両脇を林に守られた素晴らしい環境です。


4_20200813115910fa6.jpg
ちょっとコースアウトすれば、プチヒルクラも沢山あります。


5_202008131159126df.jpg
いつもは佐倉・酒々井方面への抜け道に使うのですが、今日は直進してみます。


6_202008131159145a7.jpg
住宅街の端におそば屋さん発見。


ふむふむ。ユーカリが丘の東側通って印旛沼に出るのか・・・
7_202008131159150ec.jpg
子ヤギのポニョに会えました!
飼い主の元から脱走し、この崖に住みついてしまった子ヤギです。
しばらくの間ニュースをにぎわせてました。


8_20200813115916427.jpg
Googleマップの3D。
ポニョがマークされていますw


9_20200813115918a68.jpg
この日(8/7)はこんな感じのお散歩ポタでした。
57.8km

その日に出くわしたおそば屋さん・虹庵さんを調べてみました。
「虹庵」と書いて「なないろあん」と読みます。

 → 蕎麦処 虹庵 なないろあん


なんだか色々琴線に触れるものがあったので再訪を誓います!



10_2020081421401191e.jpg
12日、11:30の開店を目指します。
写真は宮野木インター。
信号待ちは日陰でね!


11_2020081421401235f.jpg
東関道脇の道を通ります。
面白くない道だけどガマンだ・・・


12_20200814214013e00.jpg
この素晴らしい景色に辿り着けるのですから!


13_20200814214015a1f.jpg
田を渡る風が頰を撫でてくれます。
街中より涼しい。


14_20200814214016239.jpg
もう稲の香りでいっぱいです。


15_20200814214018297.jpg
オープン2分前に到着。
いい感じにお腹も減っています。


16_20200814214019d7d.jpg
何しろ環境が素晴らしい。
私は今日、とにかくこのお店で・・・



これが食べたかったのですよ。
すだち蕎麦!

17_20200815093728179.jpg
最近あちこちのお蕎麦屋さんで夏の定番になりつつあるメニューです。
冷たい出汁と柑橘は見事にマッチします。

水分・塩分・ビタミンと清涼感まで一度に頂けて、大満足です!!
器に何も残さず平らげました。


18_2020081509372999a.jpg
ちょっと走って佐倉風車。


19_20200815093730688.jpg
子ヤギのポニョはもういません。昨日、無事捕獲されたそうです。
なかなかつかまらなかったのですが、雌ヤギを近づけるとあっさり・・・w
まあずっとひとりで暮らすのは寂しいですからね。


21_20200815093733bc2.jpg
ほぼ同じルートで帰ります。
ここは日陰も多くて助かります。


20_20200815093732405.jpg
手繰川は疏水百選に選ばれ、この一帯は環境保全の対象です。
どうかこのまま残りますように・・・!


22_20200815093735915.jpg
45.3kmのランチライドでした。




2020.8.10  山の日なので登山 ・ 伊予ヶ岳



8/10は山の日
今回はROAD日記・番外編で登山です。
伊予ヶ岳 (いよがたけ) に登ります。トナカイさんのお誘いです。
ロードで南房総を走り回ってると、何度かお目にかかる山です。
私も機会があれば、一度登ってみたいな〜とは思ってました。


a_20200812013953daf.jpg
低山ですが険しいです。鎖場もあって楽しめそう。

 → yamahack・伊予ヶ岳


46504076_2192892211033157_6637327878100877312_n_20200812013949427.jpg
こちらは一昨年の写真です。
南房総サイクルツーリズム協会/平群クラブハウス。
伊予ヶ岳はこの平群クラブハウスのすぐ裏手にあります。


IMG_8119.jpg
平群天神社。
登山者用に駐車場を開放してくれています。
後ろに見えているのが伊予ヶ岳南峰山頂。


117166543_1830191263787726_4758010445336579189_o.jpg
クライムなので赤玉帽w


P8100159.jpg
8:20 スタート。
混んでいるというほどではありませんが、そこそこ人気はあるみたい。


P8100161.jpg
最初は整備されたハイキング道。
それでも急勾配。


117195314_1830191747121011_5053584637246994156_o.jpg
参ったのは蒸し暑さ。
じっとしてても汗が噴き出します。


P8100165.jpg
ところどころ崩落箇所があります。
去年の台風の傷痕でしょう。


P8100171.jpg
途中に展望台があります。
東屋もあり、日陰でひと休みできます。


P8100168.jpg
あー、ここらは嶺岡林道より南側だったのか・・・
看板に注意書き。
「ハイキングコースはここまでです。
この先大変危険ですので注意してください」



P8100174.jpg
目指す山頂。
もうほんのすぐ近くに見えるんですけどね。


117261772_1830192273787625_683029693669924898_o.jpg
しかしここからは鎖場です。


117304317_1830192333787619_4962290406919362859_o.jpg
本格登山みたいな写真!
軍手は必要です。


P8100179.jpg
8:53 汗だくになって登頂。
いや、こんな暑い日に山登るもんじゃありません。


P8100183.jpg
景色は素晴らしい。
でも遠くの方はモヤってます。湿気が凄い。


P8100184.jpg
もう一回アップダウンを繰り返して北峰。


P8100188.jpg

117190391_1830193107120875_4419961451820690545_o.jpg
いちおう登頂記念。


P8100186.jpg
北峰から南峰を望みます。


117445100_1830192213787631_8174963172690064616_o.jpg
山での事故は下りの方が圧倒的に多いのです。
慎重に降りましょう。


IMG_8117.jpg
お疲れさんでしたー⛰


z_202008121532063d7.jpg
歩いた距離 2.4km
獲得標高 216m
(Ride with GPS調べ)

ひと言で言うと大変お得な山ですw
インスタ映えしますよ!
・・・とは言え、ナメてかかってはいけない山だと思います。

今日に限っては暑さが最大の敵でした。
1ℓペットボトル持って行けば良かった・・・


2020.8.2 やっと梅雨が明けたぞ!




いよいよ 梅雨明けです!!


IMG_7995.jpg
9時過ぎ。
どこへ行くか全く決めてませんw


IMG_7998.jpg
門柱のユリが異常に伸びてしまいました。
この現象を「徒長」と言います。健康な成長ではありません。
陽当たりが悪いと植物は陽を求めて、必死で上へ伸びるそうです。
今年の梅雨の長さを物語っています。


IMG_8037.jpg
平成通りと館山自動車道の間の農道。
暑いけど湿度は低く爽やかです。


IMG_8019.jpeg
養老川渡って更に農道ど真ん中でパノラマ撮影。
あー、気持ちイイ!!


DSCN0029.jpg
うぐいすラインに戻って鶴舞抜けて・・・
そうだ! 野見金山のミハラシテラスでランチだ!


IMG_8041.jpg
標高180mの丘ですけどね。
見晴らしはいいんです。


IMG_8044.jpg
 
  食べログ → ミハラシテラス


IMG_8020.jpg
大福山や三石山にもこんな山頂スペース作ってくれないかなあ。
通う気になりますよ!!


IMG_8022.jpg
窓ガラスだけど額の絵のようです。


IMG_8025.jpg
梅雨明けの夏空の下、見晴らしと風通しののいいテラス席で夏野菜カレー。
今日の私にこれ以上の贅沢は考えられません。


IMG_8026.jpg
お会計の後、自転車の方には特別に携帯羊羹のサービス!
感謝です。これがなくて危機に陥ったことが過去何回も・・・w


IMG_8027.jpg
梅雨が明けたのはいいけど、もう秋が目の前って感じ?


IMG_8046.jpg
うぐいす通って帰ります。


IMG_8048.jpg
最近知りました、うるいど自然公園。
帝京平成大学 千葉キャンパスの裏手にあります。


DSCN0039.jpg
谷を小川が流れています。
いい環境ですね〜。


DSCN0041.jpg
公園内は自転車侵入禁止ですが、川沿いを通っている道路はOK。


IMG_8028.jpg
ターフ張って望遠カメラを構えたバードウォッチャーズ。
カワセミの巣があるみたいです。
ところで「撮り鉄」という言葉がありますが、あの人達は「撮りトリ」なのかなあ?


DSCN0046_202008041336555c0.jpg
草刈ドライブインのくず餅。
娘にせがまれているのです。

IMG_8029.jpg
あう〜・・・  残念。


 DSCN0054.jpg
そんなに汗かいてないつもりでしたが塩吹いてます。
気候が良いのであまりベトベトせず、すぐ乾いてしまうのでしょう。


IMG_8063.jpg
蘇我の陸橋渡って帰ります。
まだ14時だけど。


x_202008041337056dd.jpgz_20200804133707eb6.jpg
ログが二つに分かれちゃった。何か操作間違えたかな?

走行距離 85km
獲得標高 808m

爽やかに気持ち良いライドでした。
気の利いた山頂カフェなんてそうそうありませんよ。
車でも行けます。オススメです。







2020.7.26 佐原紀行



目覚めたら雨。予報はずれ。
うんざりしてふてくされていると、9時前に雨は上がりました。


DSCN0155.jpg
道路はまだ濡れてますが、貴重な日曜だし佐原サイクリング紀行と参りましょう。


DSCN0156_20200801015539571.jpg
宮野木JCTから千葉北ICへ。


DSCN0159.jpg
東関道脇を抜けて手繰川(てぐりがわ 、たぐりがわ)沿いの農道に。
この道はお気に入りです。


IMG_7946.jpg
十余三 東雲の丘(とよみ しののめのおか)
成田空港の発着便が間近で見れるスポットですが・・・
何しろコロナの影響で便数が少ないですね。


DSCN0162.jpg
佐原の町が一望できます!


IMG_7948.jpg
11:30 佐原駅。
凝ってますね。いい駅舎です。


IMG_7992.jpg
B.B.BASE(サイクルトレイン)は使ってないのですが記念写真w


IMG_7951.jpg
雨には遭いませんでしたがハネでドロドロ。


DSCN0178.jpg
佐原といえば伊能忠敬


DSCN0167.jpg
古い町並みが美しい。


DSCN0189_202008010945047a5.jpg
佐原といえばこの風景ですね。


DSCN0203.jpg
この景観を維持するには手間暇もお金もかかることでしょう。


DSCN0281.jpg
伊能忠敬 旧宅。
こちらは無料で見学できます。


DSCN0270.jpg
国の史跡に指定されています。


DSCN0254.jpg
リフォームすれば今でも住めそう!
奥の方にあるのは測量器具。


DSCN0242.jpg
さっぱ舟で川からの観光もできます。


DSCN0210.jpg
久留里や大多喜もそうですが、古い町が残っているのは安全度の目安になります。
長い期間、壊滅的な天災に遭わなかったということですね。
古都を訪れると落ち着いた気分になるのは、安全・安心を無意識に察知しているからかも知れません。


DSCN0291_20200801140408521.jpg
川沿いの通りから少し奥に入った休憩スペース。


IMG_7978.jpg
こちらで焼きそばをいただきます。
トッピングはソーセージ。


DSCN0292.jpg
利根川CRで帰ります。
雲行き怪しい・・・ しかも向かい風〜


IMG_7993.jpg
今あの辺りが集中豪雨に見舞われているのでしょうか。
可哀想に。 南無〜。


DSCN0294.jpg
・・・などと憐んでる場合ではありません。
今度はこちらにドザッときました。立場逆転w
結局雨かよ・・・・


安食から印旛方面へ。
DSCN0300.jpg
ラジコンヘリの農薬散布を見ました!


DSCN0301.jpg
花見川ロードでは白鳥が道を塞いでました。
慌てて逃げることもなく、のそのそと移動しました。
人間を怖いと思ったことなど無いんだろうなあ。


IMG_7995.jpg
帰宅する頃にはまた晴れてました。
嫁さんは今日一日私が快適なサイクリングをしたと思っていたかも知れません。


02_202008011454554cf.jpg
走行距離 126km
獲得標高 609m

コロナは収束の気配は見えず、イベントはどんどん中止のようです。
開催されるイベントがあったとしてもあまり参加する気にはなれません。
自衛が肝心だと思うからです。

自衛を実践しつつ、目の前にあることからひとつひとつ片付けていきましょう。
今日は佐原にちょっと用事があったので、ひとつ片付きました。


次に出来るのは「梅雨明けを待つ」ことかな?








全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>