fc2ブログ

2020.11.21 酒々井・飯沼本家へお酒を買いに



EXLUB チェーンオイル。

IMG_9057D.jpg
コレ良いです。私が今まで試した中で滑らかさと静かさは別格です。
雨ロング試さないと最終評価は出来ませんが、当分それはちょっと・・・w

  → EXLUB製品ラインナップ



今日はタイトル通り酒々井へ向かいます。
IMG_9106.jpg
千葉大裏から作草部抜けてモノレールのお宿、千葉都市モノレール萩台車両基地。


IMG_9115.jpg
四街道へ来ました。
中央名和通り沿いの名前のない池です。


ちょうどいい機会なので今日は新しい谷津道を開拓。
adfg.jpg
I久さんに教えてもらった鹿渡(しかわたし)という地区の谷津道です。


しかしGARMINのオフコース警告。
IMG_9116.jpg
このオフロード脇道を下るのが正解でした。
奥の方はかなり急なので、バイクから降りたほうがいいかも。


IMG_9119.jpg
いいですね! 秋の谷津道。


IMG_9122.jpg
ルートはいくつか引けそうですが、今日は総武本線沿いへ。
ススキの穂がなびきます。


IMG_9101.jpg
NEX(成田エクスプレス)も通りますよ。


谷津道は終わり、いつもの農道へ。
QVCのデカい倉庫へ続く道です。名前がわかりません。
IMG_9102.jpg
しかし赤が映えるなあ・・・ ニヤニヤ。


稲穂が黄金色に輝いています。
IMG_9125.jpg
QVC倉庫の手前の辺りは馬渡(まわたし)という地区だそうです。
そうか、私は鹿渡から馬渡へ走ってきたのか...


IMG_9129.jpg
看板が出ました。飯沼本家。
Cafeもあるよ!

 → 飯沼本家


IMG_9131.jpg
到着。
ここのお酒を買ってきて欲しいというのは娘のリクエストです。
最近日本酒バーでえらく美味しい酒を飲んで、その銘柄がこちらだったそうです。
うちの娘も酒飲む歳になったんだなあ・・・


IMG_9134.jpg
杉玉が緑色!
この新しい杉玉は「今年も美味しい新酒が出来ました!」の合図なのです。


こちらの酒々井まがり家は酒蔵併設店舗。
サイクルラックもあります。
IMG_9104.jpg
目的の「しぼりたて生」720mlを1本買い、リュックに詰めます。
ちょうど正午だ。ランチもいただきましょう。


カレーにしました。ここは何を注文してもとても美味しいんです。
IMG_9146.jpg
ところが出てきたのは紙コップにプラスチックの容器とスプーン。
あれ? そんなお店ではなかったはずですが・・・ そうか、コロナ対策か・・・
こればっかりは仕方ありません。早く収束してくれよ・・・
味は美味しゅうございました。


そこからざっと20kmほど南下して本日第2の目的地。
千葉ウシノヒロバ
IMG_9198.jpg
名前がステキなので近くを通ったら寄ってみようと思っていました。


体験型牧場施設といったところでしょう。
キャンプやバーベキューのスペースがあります。

 → 千葉ウシノヒロバ


IMG_9200.jpg
しかし自転車はここまで。
ここから先は歩きで、しかも入園料の要る施設でした。
うーん、残念。早々に立ち去ります。


IMG_9201.jpg
御成街道を北西へ。
しかし向かい風強え〜。進みません。


IMG_9202.jpg
いつものお土産。
草餅とわらび餅を買いました。

 → 御菓子司 麻布菊園


IMG_9182.jpg
詰め直さないと入りません。
背負うと結構ズッシリ来ました。


御成街道の渋滞を避けてみつわ台第一公園。
トイレ休憩でしたが素晴らしいロケーション。
IMG_9186.jpg

IMG_9184.jpg
最近はいい景色があるとiphoneで撮っちゃいます。
安いコンデジではもう太刀打ち出来ません。
APPLEさんにお願いです。片手で操作できるカメラ専用機出してくれません?


www.jpg
71.4kmのお使いポタでした。
秋の景色を愉しみつつリュック背負ってゆっくり走ってたので、あまり運動してません。まだ3時半だしリュックを自宅に置いてもうひとっ走り。


IMG_9190.jpg
いつもの湾岸ショート練。
美浜大橋から富士山がくっきりと。

IMG_9192.jpg
カメラ構えてる人が多かったですね。
運が良いと言えるタイミングだったようです。


IMG_9205D.jpg
飯沼本家 甲子 本醸造生酒 しぼりたて生

新酒らしくフルーティーでキリッとしてました。
熟成したものより違いが分かりやすいです。
強めなのですぐ酔っちゃうな...
良い秋の1日でした。









2020.11.1 BATTAGLIN復活!




DSCN0131_20201109011029314.jpg

大変気に入ってる BATTAGLIN ですが・・・
いかんせんシロート仕事の自家塗装。
残念ながら一年経たずに錆が発生してきました。


IMG_8161.jpg

IMG_8160.jpg

IMG_8163.jpg
まあ雨の中も走ったし、波しぶきも浴びてます。
クロモリ地肌にクリヤラッカーだけではやはりダメで、防錆処理が必要です。


10ヶ月乗り回しました。
200ブルベを2回走って (しかもそのうち1回は山だらけ!)
千葉イチもやって、だんだんとこのフレームの性格が掴めてきました。
バナよりキビキビしていて、明らかに硬く速いです。
これは体感ではなく、通勤に使っていたアベレージなので確かです。
28km/hあたりからスコーンと抜けたように速度維持が楽になります。
何しろ乗っててスンゲェ楽しいのです。

そういうわけでこのフレームがえらく気に入ってしまったので、ベストコンディションを維持して長く乗りたいと思うようになりました。




さて、どうするか・・・
再塗装を含め、レストア専門店を訪れました。
茨城県牛久市。以前から気になってたお店です。

 → レストアの森 SHINKAIサイクル

IMG_8785.jpg

何回か通って相談に乗っていただきました。すごい引力ですw
お店はご自宅と併設で、ご自宅の方はクロモリバイクの博物館のようになっています。さながらヴィンテージクロモリの狂宴のような空間です。
この数年間、私のココロの奥底でふつふつと湧き立っていた妖しい霧の正体が具現化された感じがしました。
私は無意識のうちに鉄の自転車の引力でここへ引き寄せられたのでしょう。
POINT OF NO RETURN・・・


各種完成色見本を吟味し、塗装以前の基本レストア作業もフルコースで。
フォーク・フレーム芯出し。凹み修正。下ワンの緩み修正。各種スモールパーツ。
水抜き穴追加加工(古いイタリアンには必要な穴があったりなかったりします)。
防錆下地にメタリックフル塗装。ロゴ、ネーム。スムージングクリア etc。
(実際のフレーム加工の作業は鶴岡レーシングさんになります)
そこそこの見積もりになりましたが予定範囲内。コロナ給付金+@。
迷いはありません。


フレーム入院。しばしの別れです。







さて、留守を預かる Panasonic

P8180007_2020110711423966a.jpg
この間のパナの活躍には目を見張るばかりです。


・BRM千葉600km(もてぎ反時計) 灼熱完走。
IMG_8280.jpg

・BRM1010東京400 信濃追分  台風完走。
IMG_8624.jpg

・BRM1017千葉400km(嶺岡) 土砂降り完走。
IMG_8745.jpg


さらに千葉のとんかつ名店 大倉 完食!
IMG_8763.jpg
ここはオススメですよ!

  食べログ → とんかつ 大倉



何だかもう「他のバイク要らないじゃん」というくらいの大活躍です。
むしろようやく私がパナのパフォーマンスに触れるレベルになった、ということでしょうか・・・
これはこれで悩ましい問題です。








大変充実した(地獄ともいうw) 9〜10月を過ごしました。
秋の気配を感じる頃、出来上がりのお知らせメールが届きました。

IMG_8781.jpg
いそいそとクルマでお迎えに出かけます。


IMG_8788.jpg
新開さん。お世話になりました!
この人との出会いは私の自転車ライフの中で大きな意味を持つことでしょう。




二ヶ月の入院を経て BATTAGLIN復活!
IMG_8767D.jpg
防錆下地、シルバーメタリック、キャンディーレッド。焼き付け塗装。
基本は前と変わりません。collezione-specialeのカラーが好きなので。


IMG_8768.jpg
しかし、発色・深み・色つや・・・ 自家塗装とは天地の差!
まあ当然ですがw


IMG_8769D.jpg
ロゴはOFFITINA BATTAGLINではなくシンプルにBATTAGLINで。
OFFITINA BATTAGLINのコピーはやめました。
この2つはジョヴァンニ・バッタリンさん由来のブランドであることは確かですが、関係性がよくわかりません。単なる上位下位の位置付けなのか、あるいは名前を冠したブランドですから権利関係とかかな?
いずれにせよ、このフレームのオリジナルで使用されてたロゴに近づけました。
ステファン・ロッシュのトリプルクラウンの時のレプリカですからね。


IMG_8771D.jpg
なのでエンブレムも旧型を再現していただきました。
今となっては、こちらのエンブレムとロゴの方が好きです。
(でもOFFITINA BATTAGLINのHPは、ヨダレ垂らしながらチラチラ見に行ってますw)

→ OFFITINA BATTAGLIN


IMG_8773D.jpg
ネームも入れてもらいました。
私の名前はヒロシですが、HiroshiじゃダセェしHiroじゃ恥ずかしいし・・・
最近はこれをよく使ってます。
これが一番ダサい? いえ、盗難防止だからいいのですw


IMG_8793.jpg
フレームつまみに酒飲めます。マジで!w
ホレボレして眺めています。私もキャンディレッドに染まってきました🍶
ああ、組みたくないなぁ・・・ このまま飾っておきたい・・・







しかし、そうも言ってられません。早く乗りたい気持ちが打ち勝ちました。
ボチボチ始めましょう。
IMG_8885.jpg
まずはロードエンドねじ・・・
締め付け面は黒く処理されています。防錆だと思いますが、こういうのは嬉しい。


IMG_8886.jpg
Wレバーの誘惑もあるのですが、とりあえず今回は手元にあるもので。


IMG_8895.jpg
とりあえず遊んでたWH-7701を履かせてみます。
これが一番似合う気もします。


IMG_8890.jpg
この秋のライドでクランクも傷増えたなぁ・・・
軽く磨いてキレイにします。
組み付けより、外した部品の掃除・手入れに時間がかかるんですよねー。


IMG_8901D.jpg
カタチになってきました! 以前使ってたパーツはそのまま。
ホイールは結局 MavicキシリウムSLS
迷ったんですが手持ちの中で一番いいモノをつけたくなりました。


IMG_8894D.jpg
おっと忘れてた。チェーンステイにガードのフィルムだけは貼っときましょう。



!!
IMG_8898.jpg
あれれ・・・ ハダカにされたのは Panaではなく Dedacciai
だってこの数ヶ月を振り返ると、Panaがいないと不安なんです。w
それにウチで一番いいパーツは全部Dedaにつけてたし・・・


つまりお前はこれからクロモリ2台で生きていくんだな!?



うーん・・・
というか、BATTAGLINの性格はどちらかというとPanaよりDedaに近い気がします。Dedaccaiが復活するときは11速30T以上のスプロケだな・・・



IMG_8907.jpg
最近のお気に入りバーテープはKAPELMUUR


IMG_8904.jpg
ワイヤリングの最終仕上げ。ハンドル内側、バーテープのラストのあたり。
バーテープの切れ端を挟み込んでアウターをハンドルから浮かせます。
巻いているのはアウター仮止めのビニールテープ。


IMG_8905.jpg
ここに隙間を作っておくと、ハンドル周りの小物が取り付けやすくなります。
ハンドル径が細いと、ちょっとしたクランプにもいちいちスペーサーをかまさなければいけないので苦労しますよね。お試しあれ。


IMG_8909.jpg
出来上がりました。
コンポはほぼアルテグラ。
パーツ付けて少し離れて写真を撮ると、以前と大して変わりませんが・・・
オーナーの気分はほとんど新車感覚なのです。いや、新車以上かな?
現在の満足感は、自分のロードバイク史上MAXレベルです。
これはどういうわけなのか・・・?


おそらく、新車を買うという行為はイチかバチかのギャンブルなのです。
いくら試乗を重ねても、所有するまでは100%理解することはできません。
楽しみ半分、不安半分で初乗りを迎えるのです。
その点BATTAGLINは納得したフレームです。
それが新品の時以上のコンディションにレストアされて帰ってきたのです!!
これ以上の満足はありません。




しばらく天気に恵まれず、やっと週末の夕方に発車!
IMG_8913.jpg
千葉新港信号所。
おお、異常に漕ぎが軽い!
オールペンでフレームの性格が変わる? いや、さすがにそれはないな・・・
キシリウムSLSとの組み合わせでしょう。
そうか、硬いホイールだと漕ぎは軽く感じるのか!!
この組み合わせは初めてだったのですが、相性が特に良さそうな気がします。
他のフレームだとここまで顕著に感じなかったので。
(ただしこれは脚を削る方向なので要注意ですね・・・)


IMG_8921.jpg
外で見るとメタリック+キャンディーレッドのきらめきが際立ちます。
自家塗装ではやはり地肌が黒かったので、本来の色が出てなかったのです。
曇りですが、赤がちゃんと鮮やかに赤い。


いつもの高瀬町Uターン。
IMG_8933.jpg

なぜこのフレームがいいのか?

クロモリだから・・・ではありません。
細身とかホリゾンタルとかにそれほどこだわりがあるわけではないです。
カーボンのぶっといダウンチューブやスローピングもカッコいいと思います。
ただ、ロードバイクという乗り物に深入りするうちに、ごく自然に「私の嗜好はこちらの方向らしいぞ」ってのを自覚するようになってきました。

正直、フレームの違いなんて私には"硬さ"しかわかりません。
このBATTAGLINは私のわずかなクロモリ試乗経験の中でも相当硬いです。おそらく設計者の意図だけではなく、サイズも関係してると思います(小さなフレームは相対的に硬くなります)。
乗り心地は悪いですが、そんなのはラテックスチューブに任せれば解消します。
私にとってフレームの硬さとは「ロングで足が残るか否か」だけの問題で、その点ではおそらくPanasonicに敵わないでしょう。
でも平地アベレージではBATTAGLINに軍配が上がります。
千葉イチでアキレス腱が痛くなったり、山だらけで吊りまくったりしましたが、乗ってて楽しいのは断然BATTAGLINなのです。
ハッキリ言って、安心して乗れるのがPanasonic、ギリギリ乗りこなせないのがBATTAGLINという事になります。
BATTAGLINが最高!とは申しません。もっとバランスのとれた上質なクロモリフレームは世界中にたくさんあるでしょう。
でも今の私は、コイツ以上に硬いフレームだと泣きが入るし、コイツ以上に柔らかいフレームでは不完全燃焼な気分になるのです。この絶妙にちょうど良い位置に割り込める別の個体に出会える可能性は、極めて低いでしょう。



ナイト・クルージング!
IMG_8935.jpg
さらに話を複雑にするのは、このフレームの出自。
ヤフオクで見つけた、安くて古くてサビサビでみすぼらしいフレームだったという事です!
 
→ 2019.10.5 Battaglin クロモリ磨き編

ネオプリやMASTERやスーパーコルサのような有名ブランドではありません。
(そこらに加わってもいいような戦績を備えていると思うのですが・・・)
本場イタリアンのブランド生き残りの闘いは熾烈なのでしょう。運も含めて。
しかしヤフオクやメルカリで転がってる格安フレームの中に、自分だけにJust Fitな品があるかも知れないのです。特に鉄の自転車の世界では・・・!!


例えるならこれに巡り合った満足感は、シンデレラを見つけ出した王子の気分に近いかも知れません。
・ゴミ溜めの中から拾ってきた女の子が (いや、熟女か…ォィ…)
・磨けば磨くほど輝き、乗れば乗りこなせないほど情熱的で激しく (…ォィォィ…)
・そこそこ投資をし、手持ちの中で一番いいパーツを与えて悦に入って居る私…

これはシンデレラ王子症候群とでも言うのでしょうかw




IMG_8948D.jpg
クロモリ沼にハマり始めた主人を冷ややかに見つめるアルミとカーボン・・・
シンデレラの姉たちw
いや、姉は姉で美味いんだよな... (ケダモノ!)



今はまだ大丈夫だと思いますが、そのうち所有するバイクに女の名前をつけて呼び始めたら末期的状態ですから、そうなったら関わらないようにして下さい・・・






全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>