fc2ブログ

2022.3.20 勝手に山だらけ(改)ふたりぼっち


BRM319千葉200km山だらけ改

acfgdh.jpg
今年はいつもと違います。改造されてます!
良くなったんだか悪くなったんだか不明ですw

ただし前評判では「血も涙もないコース」らしい。

楽しみ半分怖いもの見たさ半分でエントリーしましたが、当日(3連休初日の土曜日)どうしても外せない仕事が急遽入ってしまいDNS・・・

雨予報でしたが夜明け前に止み、朝からキレイに晴れ上がりました。(夕方から崩れましたけど)

ルートはGarminに入れたし、ブルベマネージャー(スマホアプリ)もセッティングしたし、権利放棄書にハンコまで押して準備は万端でした。大変残念です。


AkoさんとFBで「近いうちぼっちアタックでもしようかな〜」なんてやり取りをしてるとWakiさんからの書き込みが。

「明日一緒に走りますか?」

Wakiさんのタイミングの良さ、フットワークの軽さに嬉しくなってしまいます。

本番の翌日にふたりぼっちアタック決行!








さてコース。

asdf800.jpg


一見地味です。でも平地が全くありません!

海岸線に降りません。景色見るとこもグルメポイントもあまりなさそうです。

距離を稼げる区間がないので時間勝負になるでしょう。

大体は知ってる道なので、みんないやらしい坂だという見当はつきます。

ドSがドMのために引いたみたいなルートじゃないですかw



IMG_4361D.jpg

今日のバイクはこちら。DEDACCIAI STRADA NERISSIMO

ホイールはレーゼロ。スプロケ11-32T(初体験)。

山の守護神です!


IMG_4440.jpg

それから足攣り防止ミネラルタブレット。

ボトルに2粒落とせばOK。

山だらけには必須。重宝しています。



DSCN1916.jpg

5:30に出ます。本番と同じく7:00スタートにしました。

スタート地点まで25km。夜明けが早くなったなあ。

市原のファミマで朝食を。



IMG_4444_2022032121434153b.jpg

おはようございます! 久しぶりです。

Wakiさんはこの3連休、土曜と月曜が仕事だそうで今日がたまたま空いてたとのこと。明日がツライことになりますね。申し訳ない。

二人ライドは2016に勝浦行った時以来かな。


 →   2016.5.8 勝浦絶景



DSCN1918.jpg

まずは房総横断道路409まで南下。



DSCN1922.jpg

丹原林道始まりました。

このあと音信山林道、万田野林道、とハシゴします。

クルマも来ないし、つもる話を肴にオッサン2人だらだら並走w

気合など入れて挑むと返り討ちにあうであろうことは共通認識です。



IMG_4448_20220321214343f87.jpg

フォトチェック1 永昌寺手掘りトンネル 8:42



DSCN1944.jpg

大福山を月崎から登ります。

大福山には7本のルートがあり隅々まで調査済み。


 → 2020.6.20 大福山を隅々まで舐め尽くす



IMG_4452.jpg

フォトチェック2 大福山展望台 9:20 仮想貯金28分

ちょっとサボり過ぎじゃない?w



IMG_4455_202203220955041a5.jpg

小用を足します。

男は丸見えでも構わないという大時代的な公衆トイレ観 スゴいw



DSCN1947.jpg

大福山の東屋、撤去されちゃったんですね。

ここは建て直して欲しいな。良い休憩ポイントだったので。



DSCN1948 copy

大福山バビュンと下って大多喜君津線。



IMG_4456_20220322103518990.jpg

PCではありませんが久留里のセブンで補給します。

47キロくらい走ってるしPC1は更和だし。



DSCN1950.jpg

93号・もくもく村の峠を越え、前半のボス鹿野山。

それにしても32Tの威力は絶大です。ここまでインナー使ってません。



IMG_4458.jpg

いやいやいや、リア32Tの破壊力スゲェ!!

28Tでダンシングしてる鉄人Wakiさんの横をシッティングでスルスルと抜けてしまいました。私、鹿野山秋元ルートであんなダンシング絶対続きません。

レーゼロもパワーロス最小限でしょう。まさに目ウロコです。

私はロードバイクに乗り始めて以来、いったい今まで何をしていたのか?と言うくらいの衝撃です。



DSCN1956.jpg

PC1 更和セブン 11:23 貯金23分



dfgh.jpg

大山千枚田で記念写真。余裕はないんですがじっくり思い出を残しましょう。

頑張っても認定もらえるわけじゃないしねw



DSCN1962_20220323010312eb2.jpg

このコースの一番しんどいとこです。ここもデカスプロケの出番。

苦しまずにここ登ったなんて初めてです。



IMG_4466.jpg

自衛隊駐屯所まで下ってその先のみねおかいきいき館


IMG_4469.jpg

フォトチェック3は白牛です。13:14 貯金34分



DSCN1973_202203230103031cf.jpg

向こうの山から下って、長狭街道渡って、清和県民の森を登っているところです。

非道いことさせるなあw



DSCN1979.jpg

清和県民の森の敷地を抜けスカイラインへ合流する道。

ここは初めてです。林道淵ケ沢線〜大鹿倉線。とても良い道でした。

しかしWakiさん曰く「いい道だけど使い途がないんですよ〜」

確かに・・・



DSCN1994_202203230102453e8.jpg

スカイラインをバビュンと下ってダラダラと三石山観音寺。

その先の展望台駐車場でトイレ休憩。



DSCN2001.jpg

工事中の蔵玉トンネル。ここ通りたかったトコです!

しばらく前にインスタ映えするというので話題になってました。



DSCN2004.jpg

新筒森トンネル抜けて老川十字路曲がって太田商店。毎度お世話になります。

PCじゃないけど食事にします。更和PCから何も食べてないし。



IMG_4476.jpg

フォトチェック4 チバニアン 16:36 貯金24分



DSCN2009.jpg

伊藤大山を西から登ります。BIG-ONEハンバーガーへ続く道です。

ここはしんどいんだ・・・



DSCN2012.jpg

そのかわりご褒美のダウンヒルは爽快!



IMG_4478.jpg

PC2 上総大多喜バイパスセブン 17:23 貯金21分

この辺りからコースに対する不満が噴出し始めますw ギリギリ隊ですが、まあ何とかなりそうだねーと言うことで相変わらずダラダラ走り。



IMG_4479.jpg

リア32T。そもそも中古ホイールに付いてたオマケですが。

フレーム買ったりホイール変えたり細かなパーツグレードアップしたり...

いろいろやったけど、スプロケを28から32に変えるだけで他のこと全部要らなかったんじゃないの? 少なくとも私のニーズの優先順位はこちらでした。

28Tで激坂登るのは私の場合はただ耐えているだけで、トレーニングにすらなってなかったんじゃないか? でかいスプロケがカッコ悪いと思うなら(私はそうでもないのですが)そこから小さくしていくよう、練習を重ねるのが正しいのではないか?

とにかく今日を境に私の走り方は変わると思います。

ずいぶん遠回りしたもんだ・・・



DSCN2015.jpg

大多喜から連続ヘアピンを登ります。

緩やかだけどめんどくせ〜。



DSCN2022.jpg

野見金山。もう会話は恨み辛みのみw



IMG_4483.jpg

フォトチェック5 笠森寺 18:36 貯金24分

ここの参道は登らなくてもいいらしい。助かったw

リア滑るほどの激坂なんです。



DSCN2030.jpg

先週も通った長生庵の坂。これで坂らしい坂は終わりのはず。

ご丁寧なコース作りに愚痴がこぼれますよホントw

でも昨日の本番走ってた人達は夕方から豪雨に遭ってますからね。

今日の方が条件恵まれてるんです。



IMG_4486.jpg

フォトチェック6 ロングウッドステーションバス停 19:29 貯金19分



DSCN2034.jpg

まだあるよ! うぐいすライン二段坂。当ブログの扉絵です。

別に難関ではないけれど、本気出せばいつでも十分死ねる坂です。



ひとつミスを犯してました。200kmで考えてたけどコースは206km。

ギリギリ隊だとこういうのは命取りになりかねません。

DSCN2042.jpg

ゴールまであと387m。

最後の最後も表通りではなく、坂のある裏道通ってゴールへアプローチw



zrtwstr.jpg

ゴール〜。8時21分。なんとか時間内完走!

私「さあ何か美味しいもの食べにいきましょう!!」

W「どこもやってないス」

あ、コロナの蔓延防止措置が解除されるのは明後日からか!

腹ペコのまま帰途に就きます。悲しい・・・



zrtyu.jpg

走行距離 206.8km (プラス自走片道24km×2)

獲得標高 3747m


数値だけ見ると驚くほどではないですが中身は修行走です。

相当激しい坂トレ周回コースを一日中走ってたみたいな感覚です。

山だらけ、今後も改造重ねていくのかなあ・・・?


この二週にわたってのバイクの検証は私的には機材革命でした。

自転車というのは平地と坂では別の乗り物ですね。先週はお尻の筋肉が痛くなり、今週は太ももの前面がダメージ負ってます。

11S・32T・レーゼロじゃなかったら完走出来てたか怪しいです。



それとやっぱり二人で楽しく走ったのが大きいですね。

二人ともダラダラお喋り走りをし過ぎたことは十分自覚しています。

度々補給してるし、フォトチェック毎に写真大会してたしw

でも真面目に走っても1時間は縮まらないだろうなぁ。

これ単独走だったら愚痴こぼす相手がいなくて辛かったと思います。

一緒に走ってくれてWakiさん、ありがとう!!

感謝です。




認定も 無いのに頑張る 弥生坂






2022.3.12 BRM312(212)千葉300km佐原



BRM312千葉300km佐原
降雪のためひと月遅れでの開催です。
ayrt.jpg
このコースを走るのは3回目です。
利根川と九十九里の平坦部分でココロが折られます。
難易度は高くはありませんが風向き次第では酷なコースになります。

その翌週はBRM319千葉200km山だらけ改
前評判ではずいぶんエグいらしい... 全く性格の違うコースが2週続きます。
ここは手持ちの機材を最大効率で活用したい。



IMG_4355D.jpg
私の2台の主力自転車、BattaglinDedacciai NERISSIMO
考えに考えた末、この2台のホイールを入れ替えることにしました。


IMG_4365D.jpg
Battaglinにレイノルズ ストライク。おっ、いいな!!
平地番長仕様です。佐原300に特化しました。10S 11〜27T
「細身なクロモリにぶっといディープ」もやってみたかった!


IMG_4361D.jpg
Dedacciai NERISSIMOにはレーゼロを。
山の守護神です。11S 11〜32T
山だらけ改にはこちらで臨みます。








当日。
今日はうちのクルマが空いているのでマイカー出勤。
IMG_4382.jpg


おはようございます!
IMG_4384 copy
しかし実はここのところ体調が万全ではありません。
この二週間ほど左肩が痛い... 肩関節、肩甲骨周辺、鎖骨周辺まで痛みます。
動かせなくはないですが、ある一点でズキンときます。
深く息を吸っても痛むし、クシャミなど怖くてできません。
不調があると鬱ですね。


275642263_685535189154972_6442826294866168620_n.jpg
7:00スタート。行ってきます!
Y本さんに撮っていただきました。Y本さん、7:30スタートだそうです。
どこで追いつかれるか。さあ逃げろ!!w


IMG_4390.jpg
このコース、基本的に平坦地獄で特に利根川・九十九里区間ではやる気がなくなり不貞腐れてしまいますw これは避けられません。なので元気があり景色の良い序盤で頑張るのは正解です。


IMG_4391_202203181047218bc.jpg
ながら長生庵の坂。
前半の登りはほぼここだけ。


・PC1土気 9時9分 パンとトマトジュース 貯金1:24


IMG_4394.jpg
八街の色w


・PC2佐原 11時50分 おにぎり×2 大福 貯金2:26


IMG_4396.jpg
利根川ロードの始まり〜。


IMG_4398.jpg
向かい風です。延々とこの景色が続きます。
しばらく頑張りましたがすぐにイヤになりましたw
でも銚子で折り返せば追い風基調になるはず。



ところで本日の目玉、ディープリムの Reynolds STRIKEですが・・・
コレを使ったからビックリするほど速くなる、というようなことはないです。
(レーゼロつけた時はビックリするほど変わりましたが)
花見川CRや通勤に使っていると平地アベレージが上がってるのは確かです。
しかし日常のコースじゃなくブルベ本番で、しかも自分のテンションまで上がってるとアベレージ上がってるのかどうかよくわかりません。
ここまでで分かったのは、もがいたり頑張って踏んだりしても反応薄い・受け付けてくれないということ。下手すると機嫌を損ねてるような気さえします。
速いな、回ってるな、調子いいな!と感じるのは路面が良く、ケイデンスが安定してる場面です。雑なシフトとかするとたちまちその気持ち良さは吹っ飛びます。
脚をきれいに回し、それを継続させないといけないんでしょう。
ディープリムの美味しいトコを常時使うには練習が要りそうです。



IMG_4402.jpg
利根川CR終わり〜。
とはいえこの後も銚子までしばらく向かい風続きますが。


銚子に着く頃にはめまいがしてこの有様。
IMG_4404.jpg
ウソです!w 写真の失敗です。
それにしても今時のデジタル機器が何でこんな失敗するかなあ?


IMG_4407.jpg
PC3 銚子犬吠埼セブン 14時10分 エナジージェルと何かスイーツ 貯金2:58

Y本さんに追いつかれました。ここから一緒にスタートします。


IMG_4411.jpg
銚子ドーバー。
斜度は見た目ほどではないですが、このホイールはやはり坂は得意ではありません。
それと今履いてるタイヤはたまたま手元に余ってたコンチ・ウルトラ。重いですw
耐パンクには絶対的信頼感があるので今日はコレで来ましたが、タイヤ変えたらホイールの性格までガラリと変わるかもしれません。
ミシュランのPOWER CUP履かせたいなあ!!


IMG_4417.jpg
最初は追い風基調でしたがどんどん向かい風になって来ました。
風が巻いているようです。利根川CRの時とは比べ物になりません。
Y本さん、5分ローテーションを提案。ほほう、いろんな手があるもんだなあ!
なんとか25km/hをキープ。
Y本さんは余裕っぽいですが私の方は限界ギリギリ。
御宿に入ったあたりで力尽きましたw


IMG_4386_202203191630096c7.jpg
PC4 上総御宿セブン 18時25分 おにぎり 饅頭 エナジージェル 貯金4:47
この区間は長く91kmほどありました。
ここでくじけず頑張れたのは二人で走れたおかげです。
冷えて来たのでジャケット着込み、指切りグローブにスポーツ軍手を重ねます。


IMG_4420.jpg
ここからは最後の山なのでマイペースで。
Y本さんじきに視界から消えましたw
でも坂は緩やかだしアップダウンの繰り返し。クルマもいません。
静かな夜の貸し切りの山道。今日初めてリラックスして走れました。
下り区間でのディープリムは確かに快感がビリビリきます。


IMG_4421.jpg
どこのトンネルだか忘れましたが写真が撮れるポイントなのでw


dag.jpg
ゴールしました。21時58分。
14:58 久々の15時間切り!! 私レベルでは上出来です。
一応このコース用にバイク組み直したので、いつものポタリングペースではいかんと思い頑張りました。まあそれ以上にY本さんと走れたのが大きかったですが。
ただ、風に向かって走るのは坂登ってるのと同じですから、ムラのないケイデンスを維持するのは難しいことなのでしょう。もがき、あがくとレーゼロは即座に反応してくれるんですが、このホイールは全然相手にしてくれません。
しかし条件が整った時のディープリムはムチャ気持ちよかったです。


AJ千葉の皆様、有り難うございました!! 今年もよろしくお願いいたします。




IMG_4422.jpg
今回初めてちゃんと使えたスマホアプリ、ブルベマネージャー。
まだまだ予定の組み方がアバウトです。この区間ならこの時間で走れるだろう、という読みが全く当てになりません。気分で全然変わっちゃうし。


IMG_4423.jpg
翌日イオンモールで15分300円のマッサージ機を奮発しました。
ふくらはぎ、足裏をやってくれてよく効きました。
もうここに住みたい。



東風吹かば 出番到来 ディープリム




2022.3.2 神戸山岳150km



西宮の実家に常備されることになったPana。
温室に置かせて貰っています。
IMG_4278.jpg
スタンドとボンプも買い込みました。
こちらでお世話になってるのは → もりさいくるさん
ウチから一番近いスポーツバイク屋さんです。


IMG_4253D.jpg
深夜、酒の肴にルートを探索。
酒はズブロッカ。ロゼは初めてです。
うわ、これ甘いな〜...


私は六甲以北の道はほとんど知りません。
オダックス近畿さんのブルベルートを参考にします。
面白そうなのが出てきましたよ〜
rtyw.jpg
近畿200km神戸 VALE TUDO →  RWGPS

219.3kmで5,814mアップ。超山岳じゃないですか!
4,500登った後、最後に生瀬から六甲登れだと?
完走できる気がしません。まあ行けるとこまででいいや。
ちょっと兵庫山岳の入口を覗いてみるか、くらいの気分で。
神戸発・着なので西宮からだとスタート地点までの往復が長いな...
六甲を最初に持ってくることにします。







7時スタート。
天気が冴えませんが、9時頃から快晴になるとの予報です。
DSCN1816.jpg
瓦木中学校。母校です。
私が通ってた頃は周囲は一面ネギ畑でした。


DSCN1819.jpg
廣田神社近くの17%坂。
こないだ霊柩車の助手席でこの坂を降りて来たっけなあ・・・


DSCN1821.jpg
西宮市立満池谷火葬場。
お世話になりました。

このあと82号(大沢西宮線)、鷲林寺経由で甲寿橋へ。
この道えらくしんどいです。交通量も多く大型トラックがガンガン通ります。
逆瀬川から来たほうが楽やったんちゃうやろか?


IMG_4286.jpg
甲寿橋。左折してここから六甲です。
雨降ってきたよ!! おいコラ気象庁!!


DSCN1826.jpg
六甲登ります。とにかく温存策です。
ここで疲れてしまったら1日が終わります。
でも疲れずに六甲登るなんて絶対出来ませんがw


IMG_4254.jpg
とりあえず一軒茶屋。雨と霧で結構濡れました。
もう疲れ果てていますw


IMG_4290.jpg
西へ向かいます。昨日の雨でも溶けきらなかったか...
防水じゃないけどウインドブレーカー着込みます。下りだし。


IMG_4255.jpg
山手幹線まで下りて来ました。気温も緩んでホッとします。
雨から一旦逃れられました。しかしここも地面濡れてるな。


IMG_4258.jpg
護国神社横のヒドイ坂。長峰坂と言います。
この坂を877m登り切ると私の母の実家があります。

 → 2017.3.10 六甲・長峰坂を登ります


IMG_4262.jpg
新神戸から北野通りを抜け、再度山(ふたたびさん)入り口。
いきなりコンクリ◎◎坂。


ここは自動二輪禁止なんですよねー。むかし車で何回か来たっけな。
ビーナスブリッジというデートコースがあります。 DSCN1833.jpg
自転車で再度山上るのは初めてです。
一軒茶屋ほどではないですが十分キツイ。
六甲メニューを最初に持って来たのがムチャだったか・・・


IMG_4296.jpg
ペース上がりません。
こんなの出てくるんだもん💦


IMG_4267.jpg
2回ほどアップダウンがありますが再度山のピークはこちら。
ここ過ぎたらこの先は完全に未知の道。


IMG_4299.jpg
少し進むと森林植物園の西口に出くわしました。
トイレお借りします!


IMG_4268.jpg
補給タイム。
今日は簡易リュックにパン3個、饅頭3個を詰め込んできました。


IMG_4304.jpg
ひと休みしたのでしばらく快適に走れました。
いくつか峠を越えました。


DSCN1849.jpg
大変気持ちの良い道です。
こんな良い環境を知らずに阪神間だけで狭苦しく生きて来たなんて!
兵庫県民として生きてた人生前半、もったいないことでした。


IMG_4311_202203111047107c5.jpg
三木市に入ります。ここまでが神戸市だったか。


DSCN1855.jpg
このピークの向こうは三田市。


IMG_4269.jpg
千丈寺湖。


DSCN1864.jpg
ほほう、ここが花山院か。
確か激坂で有名なとこだったはず。
おとといの塩尾寺に並ぶような坂らしいので迷うことなく今日はパス!w
遭難しちゃいますよ。またいつか日をあらためて。


IMG_4270.jpg
また雨が降って来ました。おいコラ気象庁!!
道端の大きな樹の下で雨宿り。
補給食の豆大福と黒糖饅頭を貪ります。


DSCN1869 copy
ろくに下調べもせず走っていますが、この峠越えが異常に苦しい。
ここ絶対有名な激坂ポイントでしょ!?


IMG_4333.jpg
ピークっぽいところに出たので、後で調べるため写真を撮っておきます。
永沢寺で検索かけたら案の定たくさん出ましたよ。ヒルクライム情報がw


DSCN1875.jpg
今どこを走ってるのかさっぱりわかりません。稲川町に入るらしい。
また雨に遭っています。おいコラ気象庁!!
15時回ると急に冷えて来ました。


DSCN1877.jpg
丹波篠山市。
自分がどこ通ったのか後でGoogleストリートビューでチェックしたのですが、どうしても同じ景色に出くわしません。どうやらストリートビューではまだ合併する前の「篠山市」の表示だったみたい。


DSCN1878.jpg
大阪府の北西の一番端っこをかすめます。


そろそろ16時です。距離は当初の予定の6割くらい。
予定ではこの後まだ激しい峠がたくさん、大きなピークが3つ待っています。
走破出来そうな気がしないし、無理に回ったら帰宅は深夜になるでしょう。
そもそも今日は天気予報信じてたのでレインウェア持ってません。
風邪ひいちゃうよ... ここでルート攻略はお終い。
このまま173号で帰途に就きます。


IMG_4271.jpg
国道173号線。川西へ向かって延々と下ります。早い速い。
そんなに標高高いとこにいたのかー。寒いはずだよ。


DSCN1880.jpg
一庫ダム。
正直に白状します。読めませんw 調べました。
「ひとくらダム」でした。


IMG_4273.jpg
池田で右折して宝塚へ。
宝塚まで帰ってくればもう地元。安心です。


IMG_4275.jpg
おお!手塚治虫記念館だ!
また今度ちゃんと見学に来ます。


rteue.jpg
走行距離 156.7km
獲得標高 2,955m

18時半頃帰宅しました。
いやあ、辛かった。ルートには完敗です。
雨に何度も降られたし一番キツイ六甲山を最初に持って来たのもビミョーですが、そういう言い訳なしでも完走は厳しかったと思います。
後半の厳しいとこ全然走ってないし、下調べ含めて全く準備不足です。
まあ今回は六甲の向こう側へ初めて足を踏み入れ、色々情報を得ました。
今度は暖かい時期に、キツイ登坂は避け距離を伸ばしたいな。





春雨も 汗で流れる 永沢寺










翌々日。神戸空港。
IMG_4343.jpg
おみやげを大量に詰め込み帰ります。


IMG_4344.jpg
帰りの便では左手に富士山。


IMG_4347.jpg
三浦半島だ!


IMG_4350.jpg
これはもしかして・・・?
帰って検証しました。やはりマザー牧場でした。
こんな近くに見えるのか!

来週は延期になってた佐原300、その次の週は山だらけ改200です。
早く暖かくなんないかな。冬が終わるのが楽しみです。





2022.2.28 宝塚・塩尾寺(えんぺいじ)



また西宮に帰ります。
何枚かの書類、印鑑の用事を片付けねばなりません。遺品整理も。
旧友と会う約束もあります。


IMG_4133.jpg
この日は天気が良かった。伊豆半島。
芦ノ湖でかいな〜。


IMG_4138.jpg
富士山を上から!


IMG_4144 copy
まだロードバイクで富士山に行ったことがないんです。
五合目までいつかは行かねばなあ・・・


IMG_4151.jpg
あっという間に関西圏。
奥の黒いのが六甲山地でその向こうが大阪湾。


IMG_4152.jpg
明石海峡大橋。


IMG_4154.jpg
神戸空港へ。もう着陸態勢です。
こう見るとやはり阪神間のサイクリングは、六甲越えないと始まらないですね。









IMG_4159.jpg
実家のワンコ・ダンディーくん。


IMG_4163.jpg
30年ぶりのバンド活動w 
4月の末頃、本番がありましてそれに向けてのリハです。
リハーサルです。リハビリではありません。
私はドラム担当です。ロードバイクとドラムの共通点に関する考察は、またの機会に深く述べたいと思います。


IMG_4171D.jpg
三宮の夜景。







さて。
この休みを最大限に利用します。
パナを実家置きにしたのでどこでも行けます。
宝塚に激坂ポイントがあることをネットで知りました。

塩尾寺。えんぺいじと読みます。
fsgh.jpg
2.2kmで323m登ります。ところどころ20%オーバーがあります。
良識というものが欠けています。こりゃつくば道や富山レベルじゃないか・・・
距離が短いのが救いです。

 RWG → 塩尾寺


DSCN1784.jpg
いつもの武庫川サイクリングロード。14時半頃ぶらりと出かけました。
北へ行くにも南へ行くにも信号待ちなしでストレスフリーです。


DSCN1812.jpg
9km足らずで宝来橋南詰交差点に着きます。
カレー屋の角を曲がるとすぐに坂が始まります。


IMG_4181.jpg
この斜度で住宅地なんですよ。


DSCN1790.jpg
振り返るとこんな坂!


DSCN1810.jpg
塩尾寺への道案内板。
ここまではオードブル、ここからが本番。


IMG_4193.jpg
右手には甲子園大学。
えー、どうやって通うの? 歩きでも相当ですよ。


DSCN1795.jpg
えんぺい寺休憩所。
休みたい、ああ、休みたい。でも何もありませんw


IMG_4199.jpg
地獄の激坂ストレート。
蛇行で耐えます。ヒィハァ・・・


DSCN1800.jpg
坂が終わってます。あそこがピークかな?
そうでありますように!!


IMG_4172_20220308174320c07.jpg
ゴール〜。
いや、キツかった。久々に絶望感を味わいました。
ほんの2.7kmの上り。
ちょっとくらい厳しくても、こんなに手こずるとは思っていませんでした。


IMG_4173.jpg
普段着だしw


IMG_4176_202203081743230a0.jpg
日本の景色には和製クロモリはよく似合う。


IMG_4206.jpg
さて帰ります。下りの20%坂はコワイ・・・
あと砂も浮いてます。気をつけて!!


DSCN1804.jpg
展望台。ウチも見えてんじゃないかな?
当然ウチからもここが見えてるはずで・・・


DSCN1813.jpg
下りてきました。写真正面の白い建物は宝塚大劇場。
私の祖母は実は宝塚歌劇団の第3期生だったのですよ!!


sfdg.jpg
走行距離 22.7km
獲得標高 371m

実家から塩尾寺までわずか片道11kmです。
この距離に人生屈指の悶絶激坂があるなんて!!
六甲逆瀬川ルートと同じで近いからすぐ来れちゃいますが、全然優しくはないです。
こまめに通って余裕でこなせるようになりたいものです。



春立ちぬ もがいて登る 塩尾寺






全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>