fc2ブログ

2022.11.16 BRM1113東京200真岡



2023シーズンスタートです。
ランドヌ東京さんのこの時期の行徳発は去年・一昨年と霞ヶ浦でしたが、今年は真岡です。2020に開催されたコース、私は初めてなので楽しみです。


IMG_6601_20221117212404a07.jpg
例のリモートブルベです。スマホで自己申告。
参加日は開催日前後の一週間のうち、任意で選択できます。雨を回避できるのが嬉しい。スタート時間も自分で決められます。キューシートに合わせて6時スタートで登録しました。
行徳まで自走20km、行って来ます!


IMG_6602_2022111721240559f.jpg
スタート証憑。
早く着きすぎました。予定申請時刻の前後30分のスタートが許されています。少々時間潰してから買い物して、5:33分スタート。


IMG_6603.jpg
行徳の町中を走っています。
7℃。冬ウェアとアンダーシャツで寒くはありません。
手は指切りグローブにスポーツ軍手。


KIMG1000.jpg
松戸あたり。Misty。


IMG_6604.jpg
柏あたり。雲の向こうに朝日。


KIMG1004.jpg
利根川渡っています。濃霧になってきました。これはもうFoggyですね。
Fogの方がMistより濃い表現だそうです。


濃霧といえば、2005年の日本シリーズの初戦・阪神×ロッテ戦(マリンスタジアム開催)は濃霧コールドになりました(内容は10 -1で阪神のボロ負け)。この試合を私は自転車で見に行って、濃霧の中を自転車で帰りました。ライトの範囲は見えるのですが、顔を上げると周囲は真っ白。ミルクの中を泳いでるみたいでした。あの不思議体験は忘れられません。



KIMG1005.jpg

KIMG1007.jpg
日が照ってきました。これで霧は晴れるでしょう。


KIMG1008.jpg
PC1 つくば小茎セブン
貯金37分... 信号峠ですね。


KIMG1010.jpg
つくばの銀杏並木。


IMG_6607.jpg
筑波山。天気が良いと山も映えます。


KIMG1016.jpg
カラスウリ。秋を感じます。
ネットでちょっと調べると果敢にも食レポが沢山ヒットしますが、どうも止めといた方がいいらしい。熟れると甘味は出てくるのですが、渋味が消えないようです。


IMG_6608_20221118015743d30.jpg
通過チェック 筑西市役所前セブン
貯金58分... サボリだなw


KIMG1017.jpg
真岡市入りました。「まおかし」じゃなく「もおかし」ですよ。
どっちで入力しても変換してくれますが。


IMG_6616.jpg
真岡駅。折り返し地点です。フォトチェック。貯金66分。
ここの駅舎は機関車を模してるんですね。


KIMG1022.jpg
機関車の展示があります。
真岡鐵道は週末にSLが定期運行される鉄オタ垂涎の人気路線。下館〜茂木を走るそうです。私は鉄オタではありませんが偶然なら出くわしてみたいな。並走できたら最高ですね。


KIMG1024.jpg
D-51。
100km走ってデゴイチ見るのと300km走ってガンダム見るの、どちらがイイですか? これはヒジョーに難しい問題ですw



KIMG1029.jpg
真岡駅が折り返し地点ですがせっかく真岡まで来たのですから、3kmほど余分に走って大前神社までお参りに行きます。写真は五行川沿いのサイクリングロード。


KIMG1030.jpg
おお。ここだ。
「おおまえ神社」ではありません。「おおさき神社」です。


IMG_6617.jpg
交通安全、その他いろいろを祈願しました。
オールマイティなえびすさんだし。


IMG_6618.jpg
自転車用お守りを買いました。オートバイにも効くそうです。


神社をうろうろして正午くらい。さて折り返しますか。

KIMG1038.jpg
暖かいです。薄手のジャケット持ってきたのですが出番はなかったな。


KIMG1039.jpg
往路よりちょっと西へ離れた位置から筑波山。


IMG_6619.jpg
13時半。ラーメンショップ大木店。
ラーショは店によって味が違うけどアタリでした。
まあハズレの記憶もあまりないですが...


KIMG1041.jpg
利根川渡ります。15時半くらい。陽が傾くのが早いなあ...


KIMG1047.jpg
17時すぎ、行徳橋渡ります。
もうゴールは目と鼻の先。


z_20221118150052804.jpg
ゴール。17時25分 1時間38分の貯金。

走行距離 212.4km
獲得標高 719m
ど平坦をのんびり走ったので疲れていません。写真見てると良いコースですが、実際は町区間が多く渋滞と信号峠でグロス上がりません。ちょくちょく寄り道したし。
景色見ながらまったりと走るのがいいでしょう。
今度行く時はSLのダイヤ調べてから行ってみようかな。









自走帰宅。西警前交差点。
もうすぐここは渋滞解消のため、大工事が始まります。
立体交差になり高速インターも出来るらしい。
KIMG1052.jpg
今日のライドは19.9km+212.4km+19.5kmで251.8km。
それにしてもLookが快適で困ってしまいます。振動吸収がよく効いて長い道のりを助けてくれているのでしょう。


IMG_6623D.jpg
大前神社の2輪用交通安全御守。
これでもうどこ行くのも安心だw
サングラスホルダーに良さそう。














2022.11.8 灘の坂めぐり 2



くねくね坂のピークから道なりに降りてくると、甲南医療センターにぶち当たります。次のメニューです。

IMG_6501.jpg
甲南医療センター裏のストレート坂を登り、ぶっ続けで渦森台という住宅地の一番上まで登ります。



a copy
2.2km 183mアップ。

 ストラバセグメント → 甲南病院Climb
 ストラバセグメント → 渦森台3段周回



IMG_6503.jpg
病院裏ストレート。シンドイです。
気絶して転がり落ちたらそのまま病院だなw


IMG_6504.jpg
ちぇっ。信号引っかかっちゃったよ。しょうがないなぁー。
(ウソです。休める!! 助かる〜!!)w


IMG_6421 copy
渦森台まで登って来ました。ここは走り易い。


IMG_6508.jpg
渦森台の一番高い奥のあたり。


IMG_6423.jpg
渦森台は素晴らしい町でした。
道がキレイで広くて空いてて、景色も良くてUPDOWNもある。
周回練のセグメントまでありましたよ。








次は予定になかったショート坂。
たまたま下った抜け道が激しかったので、登り返してみました。


b copy

200mで28m登り。


IMG_6424_20221115065827049.jpg
地域地盤環境研究所という建物の西側の細道です。


IMG_6511.jpg
コレですよ!! w


IMG_6510.jpg
東灘区ではこんな坂はいろんなとこに沢山隠れているのでしょう。
エコバッグ下げたおばあさんが生活道路として普通に歩いてます。
足元の角度は登山なんですけどね〜。


IMG_6425 copy
そして町並みは高級住宅地。
六甲の麓の住民の坂対応スペックすげえ!!







坂を下って阪急御影駅。
IMG_6512.jpg



この辺り、坂はいくつも詰まっています。
次の坂は御影山手。

c copy
1.3kmで121m登り。奥がキツい。

 ストラバセグメント → Mikageyamate transformer site straight climb



IMG_6513.jpg
何川だろう?石屋川に接続してる川なんですがわかりません。


IMG_6517.jpg
道は広くて走り易いです。


IMG_6518.jpg
しかし終盤は◎◎坂! 町中ですがかなりハード。


ピークを越え折り返します。
IMG_6427.jpg
土山町中公園。

夜景スポットだそうです。 → GoogleMap







13時。そろそろ補給しないと倒れてしまいます。


IMG_6429.jpg


やっとひと息つきました。ヘロヘロです。
距離は全然走ってないけど、とんでもない坂ばかり巡ってるので。


IMG_6519.jpg
飯食いにちょっとルート外れただけなんですが、ルート復帰するにはこんな坂を登り返さねばなりません💦






今日の予定では、残りの坂はあと2本!

次は高羽町から神戸大学のキャンパスを縫って六甲ケーブル駅へ登ります。

d copy

 ストラバセグメント → 高羽ー六甲ケーブル下

ここは別に激坂ではありません。
六甲有料道路に接続するメジャーな道です。景色が良いです。



IMG_6521.jpg
この道は95号灘三田線。上の橋は神戸大の連絡通路。


IMG_6522.jpg
この道、下りは最高なんですよね〜。


IMG_6523.jpg
分岐です。右が六甲有料道路、左が六甲ケーブル下駅。
六甲有料、後で調べましたが自転車も通れるみたいです。
(トンネルが通行不可なので直前に表六甲ドライブウェイに逸れます)


IMG_6524.jpg
六甲ケーブル下駅。
7月にここでパンク修理したっけな・・・


IMG_6527.jpg
Uターンして下りますが左に登りの脇道が。
登ってみました。2回ターンして老人ホームが沢山、その後は行き止まり。







最後は長峰坂。
ここはしんどいんだ・・・


e copy
955mで106m登り。

ストラバセグメントは一番厳しい400m区間。 → 護国神社前~長峰坂

以前に一度登っています。→ 2017.3.10 六甲・長峰坂を登ります


IMG_6531.jpg
護国神社前交差点からスタート。


IMG_6533.jpg
シンドイですけど梅林や7丁目の坂に比べればまともかな。


IMG_6539.jpg
阪神間の激坂で驚くのは、そこが生活道路だということ。こんな町で育ったら、鍛えるかどうかはともかく坂に対する耐性は備わるでしょうね。


IMG_6433.jpg
後半は坂は少し緩みます。一番奥の長峰墓地まで。


IMG_6536.jpg
ゴール〜!!
ここにはゴールゲートがあって祝福を受けられます。


IMG_6434 copy
前にも書いてますが、長峰霊園の辻花店は私の母の実家です。
叔母に挨拶するつもりでしたが留守でした。母も叔母もここから護国神社前のバス停まで毎日通っていたので脚が丈夫なんだなー。


IMG_6540.jpg
5年前に来た時よりは楽に登れました。
成長したのか? いや、やっぱりスプロケ32tの威力でしょう。それと色んなとんでもない坂を登ったおかげで、見た目ではビビらなくなったのかも。


IMG_6549.jpg
山手幹線で帰ります。フツーで楽です。


f_20221115133443471.jpg
走行距離 64.3km
獲得標高 1,666m

数値的にはごく小さなライドですが中身は濃かった。
今回のを足がかりにちょっと周辺を探れば、もっと面白いコースがいくらでも出て来そうです。
日本ではお金持ちは山手に住み庶民は下町に住みますが、ハワイなどは逆で大豪邸は平地の海辺に建っていて、貧民は山の上へ追いやられます。私は日本派ですが、1日走り回ってきて最後の帰宅が激坂の上だったらちょっとキツいですね。








IMG_6552 copy
日記なので忘れずに書いとこ。
2022.11.8は皆既月食でした。


IMG_6566.jpg
11.10(木) 神戸空港。


IMG_6565.jpg
神戸空港から六甲山地を。あの辺りでセコセコと遊んでたんだなあ・・・
あの激しい坂が何と小さなことでしょう。













2022.11.8 灘の坂めぐり 1



実家のわんこ、ダンディーくん。
見送ってくれてるのかな? 愛想なしですがw

IMG_6408_202211140632135f1.jpg
のんびりと9時前ごろスタート。もう早朝だと寒いので。


IMG_6444.jpg
山手幹線を西へ進みます。
右手に六甲の裾野が見えています。


a_20221114063212a07.jpg
六甲山の南面には灘区・東灘区があって、結構な数の道路や宅地が山の中腹へと食い込んでいます。中には到底正気とは思えない激坂も混ざっています。総ナメなんてとても出来ないし、Googleビューの入っていない道もたくさんあります。下調べはまだまだ甘いのですが、ざっとルートを引いてみました。


今日のテーマは 近所で大冒険!です。








最初のコースはこちら。芦有(ろゆう)ゲート。

b_20221114121348929.jpg
芦有ドライブウェイという道がありまして、これは芦屋と有馬を繋ぐ有料の自動車道です。なので自転車は入り口で引き返さねばなりません(たまに解放してヒルクラレース開いてくれてたと思います)。

 ストラバセグメント → royu


IMG_6448.jpg
まだアプローチなんですがすでに色々とおかしい。


IMG_6450.jpg
奥山浄水場。コースに入った方が勾配は落ち着きます。


IMG_6454_20221114121356cc7.jpg
景色も良いです。4kmで340m登り。そんな厳しいコースではないですが、今日もこの後キツイ坂が待ってるはずなので脚温存で。


IMG_6410.jpg
芦有ゲート、ゴール。
ここからは自転車・歩行者通行不可。折り返します。


IMG_6413_20221114121352b7f.jpg
爽快な下り。正面の海は芦屋浜。


IMG_6461_2022111412135820d.jpg
阪急芦屋川駅。
阪急電車はいつの間にか岡本と夙川に特急が止まるようになっていました。
浦島太郎状態です。私が住んでたのは震災前だもんなあ・・・







次の坂は岡本の「梅林」
有名な岡本梅林公園ではありません。
そのもっと上に無茶な激坂があるらしい。

c copy

 ストラバセグメント → 梅林


IMG_6465.jpg
ここらはまだ序盤。


IMG_6470 copy
これはキツイ!!
一番激しい辺り。フロントを抑え込まねば!!
横に家が建ってるのが驚きです。


IMG_6414 copy
振り返るとこんな坂w
帰りは怖いので歩きました。


IMG_6467.jpg
ピークをちょっと過ぎた辺り。
何か施設の門がありますが閉まっていて、字・梅林と表示が出ています。
ここの「梅林」は住所なのかな。



IMG_6417 copy
坂を降りてくると甲南大学があります。私の母校です。


IMG_6475.jpg
しかし変わったなあ・・・
大学はもはや生き残り競争ですが、生き残れるのかな〜?







少し西へ移動して、お次は西岡本7丁目の激坂。

d copy

 ストラバセグメント → Motoyamacho Okamoto climb


IMG_6488.jpg
住吉川のほとり。清流の道公園。
トイレお借りしてひと休み。


IMG_6484.jpg
坂の途中のお洒落な住宅地を抜け、隅っこの怪しい細道へと進みます。
今回はこのパターンが多いな。


IMG_6481_20221114182013154.jpg
すぐに尋常じゃない坂が始まります。

IMG_6483.jpg
何の建物かわかりませんがここを過ぎると更にもう一段、斜度が上がります。


IMG_6419.jpg
ヒィハァ・・・ 何とか足つきなしで登り切りました。
行き止まりは宗教法人関係の施設のようです。



IMG_6482 copy
下りは下ハン握りっぱなし。

IMG_6420 copy
水平線がわかると勾配の異常さもわかります。


IMG_6489.jpg
住吉川渡ります。






次の坂は川渡ってすぐ。
白鶴美術館の脇から登る道で「くねくね坂」


e copy

 ストラバセグメント → くねくね坂


IMG_6492.jpg
白鶴美術館。


IMG_6494.jpg
その脇道に入って行きます。


IMG_6495.jpg
すぐに◎◎坂のお出迎え。


IMG_6498.jpg
楽とは言いませんが前出の二つの坂と比べると全然まとも。


IMG_6499.jpg
あそこで終わりかな。距離も500m足らずです。


IMG_6500.jpg
下りの途中です。
あの坂を登ったり下ったり・・・ 生産性のない遊びだなぁw
景色は良いですよね。夜景とか見事でしょう。
しかし生活するにはキツイよ〜。してみると電動アシストチャリってのは坂の町の地価を変えるほどの発明じゃないのかな。















2022.11.6 激坂 花山院〜自転車工房ECOさんへ


またもや実家・西宮編です。
今回は母も犬も元気です。

IMG_6296.jpg
日曜朝8:22 武庫川サイクリングロード。
肌寒い季節になりました。冬ウェア着用。


DSCN2550.jpg
今日は逆瀬川〜六甲方面へは行かず、武庫川を渡り宝塚方面へ。
この道は阪急宝塚駅から宝塚大劇場や宝塚ホテルへ続く道で「はなの道」と名付けられています。ヅカファンには有名な道だそうです。


DSCN2554.jpg
生瀬橋東詰交差点を右折。
阪急宝塚線の高架をくぐればすぐに坂の始まり。


DSCN2558.jpg
十万道路。ここは以前走ったことがあります。
関西ではメジャーなヒルクライムコースのようです。ゴール標高は360mくらい。
でも今日の予定はこのあと激坂ハントなのでw 徹底して脚温存で進みます。


DSCN2559.jpg
十万辻トンネル。


DSCN2560.jpg
33号を下ります。小春日和だなあ。
今日は写真が期待できそう。


IMG_6308.jpg
千刈水源地。


DSCN2565.jpg
むぅ・・・  出たな! 花山院。
ここは激坂で有名なのです。ネットで知りました。

 Stravaセグメント → 花山院TT

1.07kmで159m登らねばなりません。
入り口でキャノンデールのお兄さんとご挨拶。今日はリベンジに来られたそうです。
私も目標は足付き無し制覇。のっけから10%オーバー。
インナーローに落としてからアタックスタート!


DSCN2579.jpg
覚悟はしてましたがやはり相当に厳しい。
写真は帰りの下りに撮ったものとか色々混ざっています。


DSCN2578 2
こんなところを登っています。これは上から撮った写真です。
下からマイクロバスが悲鳴を上げながら登って来ます。


DSCN2574.jpg
途中にあるベンチ。苔生していて風情はありますがちょっと座れんやろw


DSCN2573.jpg
左ヘアピンのイン側は無理。大外を回ります。
花山院は勾配はきついですが、道幅は広いし車も少ないので蛇行出来ます。とりあえず初回は足付きたくないので、何度か蛇行させて貰いました!


DSCN2571.jpg
厳しいけどリア32Tのおかげで登れちゃいます。
32T付けて以来、坂のストラバセグメントあちこちで更新してるもんなぁ。
もう戻れませんね...


DSCN2567.jpg
勾配が緩み、日当たりの良い路面が見えて来ました。


IMG_6312.jpg
ゴール〜!!


IMG_6311.jpg
なかなかキツかったな!! 車体ををロックして参拝に。


IMG_6316.jpg
花山法皇殿。


IMG_6317.jpg
参拝を終えて降りてくると、ヘンな人が3人も!w
少々お話しして、次の目的地のためにお先に失礼しました。


IMG_6360 copy
こまめに足を止め、写真を撮りながらダラダラと降りて来ました。
抑えて登ったのと休み休み降りて来たので、少々不完全燃焼です。
距離は1kmだしもう一回登っとくか・・・
今度はコーナーは少しイン寄りに、蛇行は減らし気味で2回目走破。

花山院、最大斜度はキツイですが緩いとこへ逃れられるのと、距離が短いので何とかなる感じです。良識のぶっ壊れ度では塩尾寺の方が上かな? w




ちょっと走って次の目的地はランチ。
お店の前でかかしコンテスト開催中。
DSCN2585.jpg
こちらの古民家が有名な自転車工房エコーさんです。

併設されているカフェが花乃舎(はなのや)さん。


IMG_6319.jpg
ハンバーガーをいただきました。
大変おいしかったし満腹です。
メニューには「スポークバーガー」とありました。
ホントにスポークが刺さってました!!


ランチの後、エコーさんの工房を覗かせていただきました。
ご主人の唯さんはフレームビルダー。
色々お話をさせていただき試乗まで!
IMG_6321.jpg
1台目はロング用の柔らかめのフレーム。
ホリゾンタル。クロモリのベントフォーク。
それが古民家の土間から現れたので古臭い自転車のように見えますが、騙されてはいけませんw
SPDでそのままOK。乗ってみると大変軽やかです。カッチリしていてどん臭くありません。中速域でリズムに乗ると自由自在。
サイズやフレーム形状はBattaglinと近いと思うのですが、Battaglinが重戦車のように感じてしまいます。


2台目は唯さんご自身の愛車。
こっちはぐっと現代的。カーボンフォークに緩やかなスローピング。
IMG_6320.jpg
これはガツンときましたね。踏み込みは軽いのに速い。
緩めの坂やお店の前スプリントを試しました。ぐんぐん加速します。
どうもPanasonicBattaglinとはひと味違う。全く現代のクロモリでした。
それともTADA車のハイスペックなのか!?


DSCN2582.jpg
お邪魔しました。また寄らせていただきます。


DSCN2587.jpg
49号・三田篠山線をさらに北上します。


DSCN2591.jpg
そうそう、ここらから厳しくなるんだよな〜。この道は。

 Stravaセグメント → 県道49号線 Climb


DSCN2593.jpg
峠の茶屋 一軒家。ピークまであと1.7km。ゆるゆると進みます。
このコースは入り口は普通なんですが、奥でどんどん勾配アップします。
何も知らずに迷い込むと、引き返すに引き返せず途方に暮れますw

 ヒルクライム カタログ → 永沢寺


DSCN2598.jpg
永沢寺のプレート。ここがピーク。永沢寺はこの峠を下った先にあります。
ワタクシ的には花山院よりこっちの坂の方がシンドイ・・・




a_20221113081532ea5.jpg
今日のハイライト区間はこんな感じ。素晴らしい環境でした。
阪神間に生まれ育った私にはやはり六甲山は大きな壁で、バイクやクルマに乗るようになってからもあまり積極的にその向こう側を覗きに行くことはしませんでした。むしろ「六甲」で完結してたんですね。何という勿体無いことでしょう。




DSCN2600.jpg
紅葉だ!


IMG_6322 copy
折り返し。308号に乗り換え爽快なダウンヒル。
今日のベストショットはこれかな。


IMG_6329_20221112221908c22.jpg
畑の一角だけ一面のコスモス。
嬉しくなるような景観です。出荷するのかな。


DSCN2603.jpg
密度の濃いルートだったなあ。新しい土地(故郷ですが)で知らなかった道や人と出会うのは最上の喜びです。自転車というツールがその架け橋になってくれます。


IMG_6330_20221113081037df4.jpg
千丈寺湖。
この湖は大きな「し」の字を描いていて、行きにも東側湖畔を通っています。


DSCN2609.jpg
三田市街。


さて。
蓬莱峡通って生瀬へ下るか、それとも船坂峠経由で六甲の端っこ(ハニー坂)登ってショートカットするか・・・
日曜日の夕方の生瀬は車で混むんだよなあ。
すでに脚はかなりすり減っていますが最後の峠越えだ!

DSCN2615.jpg
判断ミスw


DSCN2619.jpg
この道、通称ハニー坂(途中にハニー農場があります。閉鎖中)。
蓬莱峡ルートと六甲逆瀬川ルートをつなぐ結構な峠道です。坂メニューの締めくくりにはちょっとハードw 日の当たっているところがピークだ!!


DSCN2621.jpg
峠を下って六甲・逆瀬側ルートに接続。
うーん。この写真、水平という概念がないぞ・・・


IMG_6336.jpg
いつもの六甲逆瀬川ルートを下ります。


IMG_6338.jpg
逆瀬川。
明るい街並みは宝塚。あっちから登ってこっちから降りている構図ですね。


z_20221113104122c67.jpg
走行距離 103.7km
獲得標高 1,792m

大変充実した1日でした。秋も満喫できたし。
しんどい坂アタックを避けてルートを引けば、時間の許す限りいくらでも距離を伸ばせそうです。
唯さんのフレームには乾いた軽やかさを感じました。これは気のせいではなく、帰宅してからBattaglinに乗ると重厚でウエットな感じさえします。
スペックだけでなく、ひょっとしてそれ以上にビルダーの個性が反映される世界なのでしょうか? そうなると完全に底なし沼ですね・・・








全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
123位
アクセスランキングを見る>>