fc2ブログ

2016.3.7 オアフ島を走って来ました 3




昨日は海岸線の景色を堪能しました。
今日は山方面へ足を伸ばしてみたいと思います。



a0.jpg
こんな感じのルートを想定しました。
というか、オアフで山を越えて行く道はこれしかありません。
一番高いとこで250mくらい。厳しい勾配もありません。




DSCN3848 copy
さすがに疲れが残っていたのでゆっくり寝ました。
スタートは8時過ぎ。




DSCN3857 copy
この陽射しと暑さで、セミが鳴いていないことに違和感があります。
今のところ、虫さされもありません。
山に入れば蚊はいるらしいのですが。




DSCN3858 copy
強力にロックしてもこの有様!
見事にパーツまで攫われています。
この姿になってから長い時間が経っている様子でした。
ふてくされる気持ちもわかりますが、オーナーもちゃんと看取ってあげないと・・・




DSCN3859 copy
ホノルルは大都会です。
この島でも二極化は進んでいるのでしょうか。




DSCN3862 copy
R61 Pali ハイウェイ。
緩やかな登りが始まりました。




DSCN3869 copy
振り返るとこんな感じ。




DSCN3875 copy
険しい山ですが、道は山の間を縫うように伸びています。




DSCN3893 copy
ピークを過ぎるとカイルアの町が見えました。

グーグルビューでは → ここ

日曜日ですがロードバイクは少なく、写真を撮っている間キャノンデールが一台
通り過ぎただけでした。
昨日も1日走って見かけたのは数人のみ。
ハワイのロードバイク人口は決して多くはなさそうです。
まあ確かにマウンテンやビーチクルーザーの方が馴染みやすい土地柄かも。



DSCN3895 copy
カイルアの町を少しウロウロします。
セブンイレブンで水分を補充しました。
ペットボトルの日本茶やウーロン茶が普通に売られています。




コンビニを出て愛車に跨ると前輪パンクに気づきました!
スローパンクですね。どこでやってしまったのかはわかりません。
DSCN3897 copy
まあ時間もあるし、チューブも2本あります。
不慣れな旅先ですし丁寧に直しましょう。
この荒れた路肩ですからリム打ちだろうなあ・・・(この時はそう思っていました)
携帯ポンプなのでしんどいですが、時間をかけて出来るだけ圧を高めます。




DSCN3901 copy
オアフ島には野生化した鶏がたくさんいます。
天敵があまりいないのでしょう。
昨日もあちこちで見かけました。


DSCN3903 copy
オアフ島の山。
決して大きな山ではありませんが、なかなかの壮観です。




DSCN3911 copy
歩道橋の上から。
ここから帰途に就きます。




DSCN3913 copy
下から山を見ると雲を被っていましたが、やはり高いところではモヤっていました。
神秘的な光景です。




DSCN3923 copy
ピークのトンネルを過ぎたところで、またもや前輪の空気圧が落ちています。
再びスロー気味なパンク!
慎重に走っていたのですが・・・
これでチューブのスペアがなくなってしまいました。

変だなあ・・・ちょっと頭を働かした方が良さそうです。
・スローパンクが二連続。不自然。
・この区間は路面は悪くないし、そんな強いリム打ちしたっけ?
・携帯ポンプではやっぱり圧が弱いからか?

一番疑われるのはタイヤ内側の異常ですが、目視と指で探った限りでは異物はなく
トレッド面にも何かが刺さっている様子はありません。
常夏の国の直射日光の下、チューブ交換は汗だくです。
モヤモヤしたまま処置を終え、再スタート。





DSCN3929 copy
そこから30分後に3回目!
これは明らかに異常事態です。

今回は空気を入れてもすぐに抜けます。
とうとうゴム糊とパッチの出番となりました。
チューブの穴のあいた箇所を特定します。バルブからざっと2スパンの位置。
タイヤのその位置に異常があるはず!



ごく小さな裂け目があります。(もっと大きな傷や裂け目はたくさんありました)
引っ張ったり押したりこねくり回していると、まるで芯のあるニキビを
潰した時のような感じで、ムニッと何か出てきました!!

DSCN3925 copy
2mmにも満たないガラス片でした。
表面や裏面を触ってもわからないほど、完全にタイヤの肉の中に
埋まっていたようです。
まいったね、こりゃ。


DSCN3930 copy
こんな感じでホイール1回転に1度ずつ、チューブにチクチクとダメージを
与え続けていたのでしょう。
パンク神の正体見たりガラス片!


この日はこれで解決したと思い、いい気分でホテルまで帰ったのですが帰国後、
再びスローパンク!
じっくり時間をかけてタイヤの隅から隅まで点検したところ、さらに
フロントから2個、リアから1個の極小ガラス片(というかほとんど針)が
出てきました。
外国の道路事情なのか、流通してるガラスの質が違うのか、単に運が悪かったのか
わかりませんが、とにかく土地が変われば普段と違うトラブルが起こります。
十分な準備と対策を!




DSCN3935 copy
とりあえずトラブル解決したし、ルートも下り基調。
晴れやかな気分です。
飛ばす気はしないのでゆったりと帰ります。





DSCN3947 copy
幹線道路は昨日で懲りたので、昨日とは別の道を通ります。
この辺りはアカデミックな一画です。
写真はHawaii Department of Education。ハワイ教育省。




DSCN3949 copy
その向かいはemergencyなメディカルセンター。
ERといえば、グリーン先生が最期に息をひきとる場所として自ら選んだ土地は
ハワイだったなあ・・・




DSCN3951 copy
State of Hawaii Legislature ハワイ州議会議事堂。




DSCN3957 copy
アラモアナまで帰ってきました。
昨日は極楽な1日でしたが、今日は試練の1日でした。
ルートもあまりお勧めできません。
帰ってきてから調べたハワイのルート情報では、帰りに通ったlikelike highwayは
「自転車にはフレンドリーではない道」という評価でした。

 → BIKE MAP OAHU




DSCN3966 copy
部屋に戻ってホッと一息。



DSCN3974 copy
夜はまたカクテルで乾杯。
カクテルは口当たりは良いですが、適量を超えるとひどい目に遭いますから
抑え気味に。
基本、女性を落とすために開発された秘密兵器なのですから w



s46.jpg
走行距離 55.04 km
獲得標高 808 m

旅先での原因のわからないトラブルは本当に疲れます。
でも確実に一つ、経験を積みました。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

外国だとビンとかコップとか平気で割るから、そういうガラスの破片ですかね・・・

No title

mataさま
国内で起こらないケースとも言い切れないので、何とも言えないです。路肩清掃車の性能の違いとかかも知れませんね・・・
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>