fc2ブログ

2016.5.28 筑波山 激坂十三塚に散る


〜前回の続き〜



以前MTBでダウンヒルやってた頃に使ってた

METのParachuteというヘルメットです。

チンガードを外すことが出来ます。


1_20160603041657e46.jpg

もう10年以上前のものです。 経年劣化で寿命切れでしょう。
廃品利用ということで工作します。





2_20160603041658b12.jpg

一部を削ってEX-FR100のレンズ部分を取り付けてみました。
あくまで自己責任。

一応補強で土台に鉄板貼って、エポキシでガチガチに固めました。




3_20160603041659ed0.jpg

撮影時は引っ張り起こします。
角度調節・取り外しも可。 
何度かバンドでヘルメット前部に縛り付けてみたのですが、

どうしても重みでヘルメット自体が前にずり落ちてくるんですよね〜。




4_2016060304170118b.jpg
モニター部はこんな感じで。
この動作でシャッター押せます。




両手はハンドル握ったまま、かつ写真撮りまくれる環境が整いました!
これを最も有効に使えるのはやはりでしょう。
CIMG0002.jpg
というわけで久々に筑波山へGO!
利根川渡りまーす。
CIMG0013.jpg
筑波山への道のりはとにかくダルいのですが、利根川〜小貝川沿いの
サイクリングロードは好きな区間です。



EX-FR100  この超広角16mmは気持ちイイ!!
CIMG0016.jpg
ヘルメット搭載カメラで、前傾で横向けば景色は斜めになります。
のんびり走って上体起こしてる時は、角度は緩和されます。
そういうのも自然なリアリティですね。




CIMG0024.jpg
常磐線渡ります。
この車も通れない小さな踏切が、ウチから筑波への最短ルートのポイントです。




CIMG0040.jpg
64号。
今日は筑波山へ東側からアプローチします。


CIMG0051.jpg
こんちゃー! お疲れ様です。
例の坂、往復されたのでしょうか?



CIMG0057.jpg
立派な山です。近くに一個欲しい〜。
自転車(というか車両)ではロープウェイ駅までしか行けませんけどね。



CIMG0058.jpg
茨城県フラワーパーク。
もう駐車場への行列が出来ていました。



今日はこの一番厳しいルートに挑戦です。
十三塚と呼ばれているルートです。不吉な・・・
はっきり言って私には多分無理でしょう。
CIMG0059.jpg
黄色部分から登りが始まり、赤が激坂コンクリ区間です。
風返し峠まで高度400mを3kmで登ることになります
ロープウェイ駅までだと5kmで500m。




CIMG0072.jpg
さあ、坂が始まりました。
右の民家の塀がフツーじゃないですが、ここらはまだまだ序盤。



CIMG0076.jpg
日が差してきました。
坂は常時10%オーバーに突入。



CIMG0082.jpg
厳しい登りですが、他のルートと違って車は滅多に通りません。
車線を広く使って、比較的緩いコースを通ります。
登りヘアピンの内側とか、脚ごっそり削られちゃいますからね。




CIMG0091.jpg
おお、平地に出た。一息つける、と思ったらGarminは8%表示してたりします。
10%切ったら楽に感じる非日常的空間・・・




CIMG0095.jpg
出ましたコンクリ坂!
ここから風返し峠までラスト650mが茨城県の道、いや、イバラの道なのです。



道は湿ってるし、両路肩には枯葉枯枝
しかも深い側溝があります。
これ林道じゃなく、れっきとした県道ですから!
CIMG0097.jpg
いろんな人のブログを見ると、コンクリ区間は13%〜27%くらいあるそうです。
私はGarmin見てる余裕はありませんでした。
ムチャ度でいうと南房総の富山(とみさん)に迫るレベルかな。



CIMG0109.jpg
この角度になるとフロントは浮くし、リアは滑ります。
脚力・心肺能力だけでなく、操舵輪とペダリングの技術も必要です。
一度足を付いたら再発進が困難です。




もうダメだ〜、もう限界だ〜、と唸りながら止まりそうな速度でペダルを踏みます。
しかし妙なタイミングでリアが滑り、バランスを崩しつつ無念の足付き。

筑波山 十三塚ルート、激坂区間にて轟沈!!

CIMG0101.jpg
息が切れ、汗が目に流れ込み、しばらく動けませんw
ちょっと休んで息を整え、水分補給。
再スタート出来るかな・・・?


・・・と思ったら何ということでしょう!
CIMG0122.jpg
パンク!!



激坂の途中でパンク修理する気になんないし、スペースもありません。
風返し峠まで残り300mくらい、押し歩きしました。
CIMG0118.jpg
パンクしなかったら登れてた?
いえ、無理です。あと2〜3箇所、つづら折り+激坂箇所があります。
ここ登るには私には地力が足りません。




CIMG0123.jpg
風返し峠でパンク修理。
トラブルなんですが何だかアニバーサリーな写真です。



CIMG0124.jpg
パンク修理してたら下から3人様が登って来られました。スゴイ・・・
携帯フロアポンプを取り出し、あっという間に空気を入れてくださいました。
船橋の方だそうです。感謝します!!
CIMG0128.jpg
せっかくなのでつつじヶ丘レストハウスまで。
十三塚ルートに比べると、風返し峠からここまでの道を優しく感じてしまいます。
この錯覚も激坂効果ですよね。



CIMG0150.jpg
表筑波スカイラインを下ります。
しかし峠族対策の段差は酷いですね・・・
知らないサイクリストがそこそこのスピードで突っ込んだら、
下手すりゃ転倒・大怪我ですよ。



CIMG0186.jpg
パラグライダー離陸場。
今日はここまでカメラはずっとメットにつけたまんまです。



CIMG0187.jpg

3時にCoCo壱カレー。

筑波山来たらワンパターンだよな〜・・・



CIMG0188.jpg
ささみカツ・3カラ+期間限定ハバネロトマトソース


CIMG0213.jpg
小貝川まで帰って来ました。
さすがにカメラのバッテリーが終わりに近づいてきました。



CIMG0214.jpg
花見川の夕焼け。
筑波山がもう少し近くにあればなぁ・・・
とにかく山に取り付くまでが遠いんですよね〜。

あの坂のリベンジはまだまだ先の話になりそうです。




z.jpg

走行距離 168.26 km

獲得標高 1,353m


正直に書くと、現在のところ・・・

私にギリギリ登れる坂

・六甲山 逆瀬川ルート

・鹿野山 さんぽ道

・久留里城


私に登れない坂

・南房総 富山

・筑波山 十三塚

ということになります。
下の2つを登れる方が変なんだ、と言えばそれはどこまでも正論ですw

でも一昨年の私がまだ鹿野山秋元口を登れなかったこと、
そして半年後に登れるようになったことを思えば
今日の筑波山 十三塚はいい目標になるはずです。

まあ、難易度はケタ違いだし、伸びしろは今後縮む一方ですけどね。









今日一日のまとめ写真w
CIMG0255 copy
カメラはインターバル設定で放っておけば、勝手に山ほど撮ってくれます。
今日の写真も半分以上はオートで撮ったものです。





コメントの投稿

非公開コメント

リベンジの際は是非ご一緒しましょ~

No title

了解です!
しかしこのリベンジにある程度勝算が見込めるまでは
だいぶ時間がかかりそうです・・・

No title

一昨年まだ鹿野山秋元口を登れなかったてことは、登れた私を追い越してお行きになられたのでございますね・・・

No title

あ、いえ。
鹿野山に敗退したのは、ロード買って二回目の遠乗りだったのです。
走り方そのものがまだわかってなかったんですね。
ノーマルクランクでしたし・・・
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
123位
アクセスランキングを見る>>