fc2ブログ

2016.6.19 初ラテックスチューブで犬吠埼



ラテックスチューブ導入!




普通のチューブは合成ゴム。ブチルチューブと言います。
ラテックスチューブとはブチルよりずっと伸縮率の高い
天然ゴムが素材のチューブです。

aIMG_1835.jpg
以前から気になってたアイテムでした。
トナカイさんのお勧めがあったところに、GIROさんで見かけてしまい即買い



aIMG_1837.jpg
ゴムの質が違うのは触っただけでもわかります。
ブチルチューブと比べると20〜25gほど軽くなります。



DSCN4633 copy
ラテックスはブチルより分子構造が大きいためエア抜けが早いと聞きます。
いつもより高めに8.5bar入れて家を出ました。

この筋金入りガチガチアルミの乗り心地が、少しでも改善されれば大感謝ですが
チューブ変えたくらいでそんなワケ・・・




「あれ・・・?」





走り出してすぐ違いがわかります。
いつもより空気圧高めなのに硬さを感じません。
CIMG0152.jpg
荒れた路肩の不快な振動が大幅にカットされます。
なのにもたつく感じはなく、あくまで軽やかです。
タイヤをグレードアップした時より明確にわかります。
チューブの役割がこんなに大きいとは!!



この乗り心地の延長にチューブラーがあるのか〜・・・
また一つ課題を見つけてしまいました。
ロードはドロ沼的に奥が深いですね。




どこに行くか決めてなかったので、なんとなく東に向かいます。
CIMG0155.jpg
乗り心地が良い、というのは単に快適になるだけではありません。
振動を吸収してくれる分、速度は上げられるし疲労の蓄積も軽減されます。




荒れた坂も全然苦になりません。
CIMG0156.jpg
・・・いえ、それはウソですが w
でもホイール外周の軽量化と微振動の解消は明らかに効いています。




CIMG0157.jpg
見知らぬ道を気分よく走り回った痕跡。



CIMG0192.jpg
だいぶ遠くまで来てしまいました。
飯岡の三叉路です。今日は銚子まで行くことにします。



CIMG0162.jpg
日本一周中の若者に出会いました。
頑張ってね〜。挨拶をして追い抜きました。
帰り道にもう一度すれ違いました。



CIMG0199.jpg
銚子ドーバーラインが始まります。

  → 銚子ドーバーライン

Google3Dではのっぺりと見えますが、実際は見事な断崖です。
しかしこの名称恥ずかしいな。素晴らしいところなのに・・・



動画編集してみました。
[広告] VPS




CIMG0221.jpg
ノンストップで千葉最東端まで。
今日はなかなかの向かい風。




CIMG0228.jpg
犬吠埼燈台。
この先はありませんから、ある意味ここは終着点。
昼飯食べたら帰途に着きます。




CIMG0248.jpg
こちらの看板側からは駅正面になります。


CIMG0251.jpg
横から見るとこんな感じです。犬吠駅。




CIMG0256.jpg
「地球の丸く見える丘展望館」方向へ登ります。




CIMG0264.jpg
ピークを過ぎるとドーバーラインを見下ろせます。
嗚呼房総真っ平ら・・・



CIMG0271.jpg
屏風ヶ浦のある名洗町。



CIMG0289.jpg
ドーバーラインの西行きは2回目です。前に走った時はナイトランでした。
景色を見ながら走るのは初めてです。




CIMG0292.jpg
      
                 絶景!





CIMG0293.jpg
この道は西行きの方が景色がいいです。
南側車線の方が見晴らしがいいのはもちろん、登りの途中に海の景色が開けるので、
じっくり眺めたりシャッター押したりする余裕が持てます。




CIMG0304.jpg
風力発電が力強く回っています。
随分増えました。いい景色です。
この町は信頼できる!
帰りは追い風、楽に走れそうです。




CIMG0310.jpg
ここは旭文化の杜公園
たまたま通りましたが、見事な広場です。
千葉県立東部図書館の裏手になります。



CIMG0325.jpg
千葉県東部には、好きなだけ最高速アタックしてくださいね〜と
言わんばかりの道が縦横に走っています。




CIMG0331.jpg
東金あたりでドザーッと雨に遭いました。
夕立みたいな感じ。暑かったので爽快です。



CIMG0345.jpg
東金街道に入り東金インターを臨みます。




CIMG0348.jpg
ラテックスチューブで乗り心地が良いとはいえ、思いつきで行くにはやっぱり
銚子はちょっと遠いな〜。
東金街道沿い、ホテル ニューオオタニの看板が見えれば、千葉市街地まで
あと少しです。
ちなみにニューオータニとは違いますw




CIMG0349.jpg
走行距離 199.1km
獲得標高 1,122m

ラテックスチューブの効果は絶大でした。
チューブの品質で自転車がここまで別物になるとは・・・!!

エア抜けの目安は24時間で1barくらいでしょうか。
家出る直前に圧いっぱいにしておけば問題はないでしょう。
泊りがけのロングツーリングの場合はやっぱりゲージ付きのポンプが欲しいかな。







コメントの投稿

非公開コメント

おらはタイヤが25なので6気圧でフワフワ仕様です~ブチルには戻れません~でもチューブレスはもう少し快適ですよ~(また新な誘惑ですw)

No title

ラテックス、ヤバイです!
性能云々はともかく、これは感性直撃のパーツですね。
積極的に走る気持ちになってしまいます。
チューブレスはさらに快適ですか〜
パナが履いてるDURAが確か2wayfitだったはず・・・
うーん、でももうしばらくはラテックス満喫しますw
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>