fc2ブログ

2016.12.28 デダチャイくだちゃい。




Dedacciai STRADA  NERISSIMO
デダチャイ ストラーダ  ネリッシモ



IMG_2323 copy

こいつが私の新しい愛人、いや、相棒ですw




デダチャイ社はフレームのマテリアルメーカー。
自転車の各種チューブ屋さんです。
世界でも最高水準のフレーム素材を各国の有名メーカーに供給している会社です。

acopy.jpg
今まで私が乗ってたInterMax S.PELLEGRINOもデダのチューブを使っています。
テクニカルサポートも請け負っていますね。




そんな経験と実績を持つデダチャイ社が、自ら立ち上げたフレームブランドが
デダチャイ ストラーダ。日本での取り扱いは InterMax。


(InterMaxのHPより)
NERISSIMO
目指したのは剛性と快適性のベストバランス

ベーシックながら、際立つルックス。そして信頼の性能と安全性。目指したのは、妥協のないスタンダードバイクです。エントリーグレードながら素材にハイモジュラスカーボンT700を使用。フォークもフルカーボンコラム、カーボンドロップアウトで軽さに貢献し、優れたハンドリングも実現しました。極太のダウンチューブは高剛性で、シェイプされたリアバックが振動吸収性を向上。マッシブなBB周辺がパワー伝達をサポートし、スムーズな加速を体感できるでしょう。


IMG_2332 copy
弱めのスローピング、案外ホリゾンタル。
こりゃまたシートポスト出ないな・・・




IMG_2331 copy
イタリア語でneroは黒。
nero (形容詞・黒い)+issimo (接尾語・形容詞の最上級)
nerissimoは最上級の黒。真っ黒・漆黒の意。




IMG_2326 copy
上下異径ヘッドチューブ。
さりげなくデザインとして活かしてるあたりに巧みさを感じます。




IMG_2327 copy
クロモリやアルミとは違うガッチリしたBB周り。
圧入じゃなくJISネジ切りなのもポイント高いです。




IMG_2328 copy
トップチューブもダウンチューブもよく見ると実に複雑な形状をしています。
チューブメーカーとして膨大なデータの蓄積があるのでしょう。
シートステイは案外太め。
今中大介氏がイチ押ししてるんで、まあやっぱり硬い方なんだろうな・・・

それとDedacciaiのフレームはコスパ良いです!
こういう特殊分野は裏方が参入してくると強いよな〜。




IMG_2335 copy
新しいフレームの方が少し大きめ。



IMG_2397 copy
移植手術開始です。
バラし始めると早い・・・



IMG_2395 copy
これだけあれば何とかなるかな。



IMG_2400 copy
初めてのカーボンフレームなのでトルクレンチを購入。
超廉価版のコレかよ!って思われる方も多いでしょうが
結果はこれにして正解だったと思います。
強さの感覚を手応えで覚えられますから。



IMG_2401 copy
半日もあれば組めるはずですが、外したパーツを掃除するのに時間を食います。
でもいい機会です。
リアディレイラー、スプロケ、インナーのリング、前後ブレーキ。
徹底的に綺麗にしてやりましょう。



IMG_2406 copy
バーテープもDeda。



IMG_2407 copy
しかし正直ワイヤリングは苦手です。
結局二日かかっちゃいました。
しかし他の人とカブる確率は低そうです。
走ってるの見たことないもんなあw

  そこがいい!




z copy
とりあえず2016年の走り納めに行ってきました!
気分は上々ですが、まだコイツの性格は掴みきれません。
奥が深そうです。




y_20170104023646b48.jpg
GIROさんの忘年会でもらったソックスです。
来年もこの精神で参りましょう。
良いお年を!!










コメントの投稿

非公開コメント

No title

この回見落としてました。STIだけ変えたんですね。私はティアグラ9速触角から中古105の10速ハンドルに沿わすやつに変えたら引きが重くなった感じがしたんですけど、どうですか?あとリアの調整が難しく、ワイヤーの戻りもイマイチな感じなんですよね。

No title

構造上、触覚の方が動きは良いらしいですね。
変速は不都合は特に感じないですが、リアブレーキはフレーム中通しのためか動きが悪いです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
101位
アクセスランキングを見る>>