fc2ブログ

2022.4.17 ディープリムでOverdose


今回はタイトルがヤバいですが、このバイクは今ちょっとそういう感じかもw
(overdose : クスリの過剰摂取)


Battaglin + Reynolds STRIKE
「カッコいい」だけじゃなく、私個人の感想ですが「ワルそう」に見えます。
とりあえずルックスはめちゃめちゃ気に入っています。
P4170033.jpg
これ乗ってチンタラ走ってたんじゃカッコ悪りィよなぁ。
・・・ってわけで必死で走っていますw (それでもチンタラですけど)
そういうプレッシャーが常について回るのは良いことかなと。


IMG_5009.jpg
今日はタイヤを替えます。Continental Gatorskin
購入は2回目。


IMG_5010.jpg
今まで使ってたのは Continental ULTRA。
廉価版タイヤですが優秀です。とにかくパンクしません。
Gatorskinは何回かパンクしたけどUltraではパンク経験ありません。
なので先月の300はこれで走りました。
いつまで経っても減らないしコスパも最強ですが、やっぱ重い。
手で直接持ち比べるとギョッとするほど重いです。
ここを変えれば車輪周辺、トータルで別格に生まれ変わるんじゃないかな。


P4170006.jpg
花見川CR。八重桜に緑が混じるようになりました。
今年の桜ともお別れの季節。


P4170010.jpg
新しい休憩所が出来てました。屋根付きベンチ、トイレ、ラック完備。


IMG_5012.jpg

IMG_5014.jpg
今週も佐倉のチューリップ祭りは大賑わい。


P4170011.jpg
近くを通りかかったので、一応チェックしに行きましょう。吉高の大桜。


P4170014.jpg
うわ! 見事に緑モコモコw ピンク色はもうどこにもありません。
でもこれだけの歴史的老木が元気を保ってるのを見ると嬉しくなります。


さて今日の目的は先週とは逆に、平坦路でのディープリムの快感度チェック。
先週とは逆メニューのど平坦
P4170015.jpg
タイヤ履き替えの効果はすぐに体感出来ました。
(まあわからない程度の違いなら誰も高いタイヤ使わないでしょうけどw)
漕ぎ出しが断然軽く、楽になりました。加速の反応が良くなったので俊敏になったような感じがします。今までがハンデ抱えていたようなものだったかも知れません。


IMG_5015.jpg
この辺りでは平地に不自由しません。
貸切のサーキットみたいなものです。


P4170016.jpg
橋の上から。
外来種のミドリガメですね。


P4170020.jpg
平地!

P4170019.jpg
平地 !!

P4170022.jpg
平地 !!!

最近は「このホイールだから頑張らなきゃ!」という呪縛からは逃れていますが、それでもやはりアベレージは少し上がってると思います。
ニップルのあたりが空気を掻き乱していない、ってのはこういう感じなのかな。


お腹が減ってきました。
IMG_5017.jpg
久留実さんで豚バラにんにく醤油焼きを。
今日もご馳走様でした。


満腹なので少しゆったり走ります。
P4170023.jpg
ブルベで向かい風に向かって必死で走ってた時は感じなかったのですが、帰宅通勤で深夜に一人脚を回している時などディープリムの快感(毒?)が不意にゾクゾク突き上がってきます。
静かなひと気のない深夜の街をシュルルーっと風切り音だけで駆け抜けていると、このままどこまでも走り続けたい気持ちになります。多分脳内でエンドルフィンやらドーパミンやら溢れているんでしょう。
28〜32km/hくらいがいい感じです。それ以上をキープしようとすると私レベルだと必死になるので快感は消え失せてしまうみたいです。


P4170024.jpg
峠ではありません。ここもド平坦。


P4170027.jpg
手繰谷津。やはり平坦w
千葉で自転車を楽しむには平地で快感を感じられるようになるのが得策でしょう。


P4170030.jpg
でもなだらかなアップダウンは得意です。
良い路面での下りはもう他に例えようがないほどの快感。
あとラチェット音もなかなか賑やかで気持ち良い。


帰って来ました。自宅門柱の植え込み前。
P4170032.jpg
Reynolds STRIKE
Continental GATORSKIN
キリシマツツジ w


x_20220426022034d91.jpg
走行距離 111.21km
獲得標高 427m

今までパーツの微妙な違いは分かりませんでしたが、さすがに私でもレーゼロとレイノルズ・ディープの違いは分かります。汎用性はレーゼロの方でしょうが、平地アベレージではディープリムが優位です。
条件が整った時のディープリムの快感はヤバイです。
現状、役割分担で使い分けることになりますが、入れ替えてもそれぞれで組み合わせの妙が楽しめそうな気もします。
極端に違う二つのパーツの間から自分に合うベストセレクションを探り出すのも良い方法かも知れません。確証が持てますからね。








コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
149位
アクセスランキングを見る>>