fc2ブログ

2015.9.5 六甲山 逆瀬川ルート




西宮の実家に帰ってきました。
ベランダから北西方向を望むと六甲山が見えます。



DSCN1884 copy
朝早く家を出て輪行。
マイカー・空港バス・飛行機・モノレール・電車・タクシー。
いろんな乗り物を乗り継ぎ、昼前に到着。
輪行というのはそれなりに疲れますね。
家〜空港間を自走すると効率よさそう。






DSCN1832 copy

昼飯食ってくつろいで天気予報を見ると・・・明日も明後日も雨!!
明日走る予定でしたが、急遽組み立てて出かけることにします。
今日ぐっすり眠れるように昨日あんまり寝てないんだよな〜・・・





DSCN1835 copy
武庫川サイクリングロード。
子供の頃からの馴染みの場所です。
良い環境ですが家族連れ・犬連れも多く、結構砂も浮いています。
カッ飛ばすような場所ではありません。





DSCN1843 copy
阪急逆瀬川駅からスタート。
ここまで家からわずか20分! まだウォームアップも済んでません!!
まずは逆瀬川沿いを上ります。
正面に見える山は甲山(かぶとやま)といいます。




DSCN1847 copy
名門・宝塚ゴルフ倶楽部の横を通ります。
徐々に坂が急になってきます。
しかしここらはまだ生活圏。



DSCN1852 copy
甲寿橋交差点。
ここですでに標高250mくらい。
目指す一軒茶屋は880mくらいあります。
六甲山は標高931m。



DSCN1855 copy
しばらく行くと車道と分岐してハイカー&サイクリスト専用道が現れます。
ゆったり走れますが再合流直前に急坂が待っています。
どっちが楽かはビミョー。





この辺りから10%オーバーの坂が延々と続きます。
写真は・・・・ありません。
カメラを構える余裕がありません。
ずーっと登りです!!




六甲は昔 (30年くらい前) モーターサイクルで走り回ったものです。
7841.jpg

青/白のRZ350でした。(当時すでに旧車でしたが)
いま青/白のPanasonicで同じ坂を登ります。
成長してるんだか してないんだか・・・

あの頃は楽しかったなあ、若かったなあ・・・
当時を思い出して感慨に耽る・・・





・・・などという余裕は一切ありません!



コーナーを曲がり、次の視界が開けるたびに絶望が襲ってきます。
左ヘアピンでは急激に斜度が上がります。
これが何度も出てきます。


前後に誰もいないことを確かめ、チョコチョコとセコい蛇行を織り交ぜます。
安全確認は当然ですが、見られたらカッコ悪いし・・・
"休むダンシング"も駆使しますが続きません。
汗がボタボタ落ちます。



ヒトケタ時速で ひたすら耐えます。






うんざりした頃、芦屋と有馬をつなぐ芦有ドライブウェイの宝殿ICが現れました。
そこを過ぎると斜度が少し楽になります。



DSCN1859 copy
鉢巻山トンネル。
これを抜けたらあと少しのはず!




DSCN1865 copy
到着。
一軒茶屋。いやー、キツかった!!
この高さまで自転車で登ったのは初めてです。




DSCN1861 copy
サイクリストとハイカーで賑わっています。
さすが関西のメッカですね。
写真を撮っていただきました。





DSCN1867 copy
一軒茶屋の展望スペースから西宮市を望みます。
この高さだと結構涼しい。




DSCN1873 copy
帰りがまたコワイ!
ブレーキ引きっぱなし!
坂が緩む場所がありません。





DSCN1876.jpg
帰りは近道で夙川方面へ下ります。
気温が一気に上がります。
それにしても懐かしい街並み。




IMG_1415.jpg
翌日は一日中雨。
実家のわんこ・ダンディー君も散歩に出られません。
ハードスケジュールでしたが、初日に走って正解でした。





DSCN1893 copy
翌々日、帰途につきます。
JR甲子園口駅。






DSCN1908 copy
ポートライナーから望む六甲と東灘。
背後に山が迫っている町は海が深いですから、天然の良港になります。
ですからこの通り、阪神間というのは平地が極めて狭いのです。
ここで自転車乗るならどうしてもクライマー気味になってしまいますね。




DSCN1917 copy
雲の上はいつも晴れ。
しかし今年の天気はどうなってるんでしょう?
もう二週間降りっぱなし・・・





06_2015091415111472f.jpg
走行距離 37.4km
獲得標高 905m

2時間半でこの行程です。
なんという恵まれた環境でしょう!
山に取り付くまでに疲れてしまう房総とは対照的すぎる環境です。

しかし逆に阪神間で平地を走るには東西の道しかないわけで、
山幹・2号・43号なんて信号だらけの万年渋滞です。
房総のように平地を縦横無尽に走ることは出来ないのです。

極端すぎますね。
ほどよい町に住みたいものです。






コメントの投稿

非公開コメント

六甲山、良い山ですね!いつか登ってみたいです~

No title

ぜひぜひ!
神戸・有馬温泉・宝塚・甲子園と観光地も揃っています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

hiros

Author:hiros
千葉在住。
50過ぎてからロードバイクに目覚めました。
週5日間、座りっぱなしの自営業。

アルバム
最新コメント
リンク
カウンター
人気記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
123位
アクセスランキングを見る>>